So-net無料ブログ作成
花(夏) ブログトップ
前の10件 | -

カラマツソウとマツムラソウ [花(夏)]

昨日(9/11)は、午前中は青空が広がり日差しがサンサンと降り注ぎます。天気予報では、午後からは雨の確率が80%とかの情報もありました。本当に雨が降るのだろうか? 午前中に植物園に入るときに入口の職員さんとおしゃべりをしましたが、「雨の予報ですが、本当に降るの???」とそんなことを言いながら植物園をウロウロとしていました。その後、いつもの時間帯に地下鉄に乗り、我が家の最寄りの駅に降りて、北の方面の空を見ると植物園のある空の付近が真っ黒な雲で覆われています。私のいる空の上は青空もみえます。このメチャメチャ怖い空模様を見ながら家路を急ぎます。雷の音が聞こえ出し、北の黒雲がどんどんと迫ってきます。家まであと5分というところで、ぽつりポツリと落ちてきます。これはいけないと背中の重たいリュックを背負いながら、自分としたら全力で走りだします(他人が見たら急ぎ足に見えたりして!)。どんどんと大粒の雨の量が増えてきます。町内にたどり着いた段階で一段と強く降り出します。もう必死です。家の玄関にたどり着いたときには、ハーハー、ゼイゼイと話すことも出来ないほどの呼吸です。そんな頑張った甲斐があったのか何とか少しの濡れですみました。
その後、午後も1時を過ぎたころからは、突然の大きな雷とお粒の雨が襲いました。近くに落雷したようで停電!。これは大変、クーラーも使えずどうしたものかと考えていると2~3分でこちらは回復でした。同じ区内ではその後も停電が続いていたところもあったようです。停電が長引くと冷蔵庫が困りますよね。
一旦小康状態になった雷もその後も続いていました。そんな状況を見ると、台風15号の影響で停電が続いている千葉県などはどれほど大変だろうな!。

さて、さて、タイトルの話題に戻します。
タイトルの「カラマツソウとマツムラソウ」は昨日の午前中に植物園で撮影したものです。ハイ、午後は家の中から外の様子を見ていただけなのでこんな話題で失礼します。

◇カラマツソウ(唐松草)キンポウゲ科
長い茎の先に、白く細い糸状の小花をつけます。花弁はなく、開花時にガクが落ちてしまいます。花のように見えるのは、残った雄しべの集まりです。
和名は花の形態が、カラマツの葉を思わせることに由来します
カラマツソウ-1(20190911).jpg カラマツソウ-2(20190911).jpg カラマツソウ-3(20190911).jpg


◇マツムラソウ(松村草) イワタバコ科
沖縄の石垣地方の、湿気の多い場所に自生。
環境省RD絶滅危惧種に指定されているようです。
名前は小石川植物園の初代園長でもあり、ソメイヨシノなど150種以上の植物に学名をつけた植物学者の松村 任三氏にちなむそうです。
マツムラソウ-1(20190911).jpg マツムラソウ-2(20190911).jpg マツムラソウ-3(20190911).jpg


何やらいつも同じような話題ですみません。何せ、私の日記に近いブログなので(-_-メ)


★おまけの一枚

午後はこんな様子でした。
家の中から撮影でした。
雷雨-1(20190911).jpg 雷雨-2(20190911).jpg 雷雨-3(20190911).jpg


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


12日(木) 先負 [旧暦八月十四日]

【水路記念日】
1871年(明治4年)の旧暦7月28日(太陽暦9月12日)、海上保安庁海洋情報部の前身にあたる兵部省海軍部水路局が、東京・築地の兵学寮内に設置されたことを記念して、海上保安庁が制定。

【宇宙の日】
国際宇宙年であった1992年(平成4年)のこの日、スペースシャトル計画では日本人初の宇宙飛行士である毛利衛さんがスペースシャトル「エンデバー号」に乗って宇宙へ出発した。宇宙開発事業団などにより記念事業がおこなわれる。

【マラソンの日】
紀元前490年、ペルシャの大軍がアテネを襲いマラトンに上陸したが、アテネの名将ミルティアデスの奇策でこれを撃退。フェイディッピデスという兵士が伝令となってアテネの城門まで走りついき、アテネの勝利を告げたまま絶命したといわれる日。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

別名は、「医者いらず」、「たちまち草」とも! [花(夏)]

昨日(9/6)は、朝から青空が広がり、台風から流れ込む蒸し暑い空気がどんどんと気温を上げます。熱風の風が吹く、こちら京都では猛暑日だったようです。この時期の35°超えは厳しいですね。
午後に散歩に行こうかと一旦外に出たのですが、これは危ないと急きょ取りやめに! たぶんこれは正解だったと思います。
そんなことで、昨日の午前中も植物園に寄り道したときの話題です。
この暑さなのでこんな花を撮影してみました。その花が、別名「医者いらず」「たちまち草」です。
花は、日本の民間薬の代表とも言われる「ゲンノショウコ(現の証拠)」フウロソウ科です。
ご承知のようにゲンノショウコは下痢止めの薬です。どんな下痢であっても服用するとたちどころに効果を現すところから「現の証拠」と言われるようになったと言われています。そう、漢字では「現の証拠」書き、「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味しているとのこと面白いですね。
ラッパのマーク 大幸薬品の「セイロガン糖衣A」んも配合されているようです。
有効成分はゲラニインなどのタンニン。根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とし、また茶としても飲用します。飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず、優秀な整腸生薬であることから、イシャイラズ(医者いらず)、タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つとのことです。
こんな優れもののゲンノショウコがこんなに可愛い花を咲かせるとは(^_^)ニコニコ
ゲンノショウコウ-1(20190906).jpg ゲンノショウコウ-2(20190906).jpg ゲンノショウコウ-3(20190906).jpg ゲンノショウコウ-4(20190906).jpg


*民間薬とは、日本で文字の無いような古くから伝わり生活の中に溶け込み、自然と伝えられてきたもので、その用い方も、経験や体験などから言い伝えられてきました。
民間薬として、センブリ、ドクダミ、ゲンノショウコ、キササゲ、カキドオシ、タラノキ、ウラジロガシがよく知られています。

二度目の登場だと思います。でも不思議ですね! どうやってどんな人がこんなのに咲く花などが病気に効くことに気が付くのでしょね。ま~あああ、何百年もかかって得た経験からでしょうが・・・それにしてもです。


★おまけの一枚

「ナンバンギセル(南蛮煙管)」ハマウツボ科が今年は元気
昨年は、数本しかなかったナンバンギセルが今年はたくさん咲いています。
これも昨日(9月6日)に撮影したものです。
ナンバンギセル-1(20190906).jpg ナンバンギセル-2(20190906).jpg

ナンバンギセル←詳しくはここで!


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


7日(土) 仏滅 [旧暦八月九日]

【吉川英治忌】
『宮本武蔵』『新・平家物語』などの作品で知られる昭和期の大衆文学作家、吉川英治の命日。享年70。
彼の死の直前、吉川英治賞が設けられた。彼の疎開先であった東京都青梅の旧宅・草思堂には吉川英治記念館が設けられている。

【泉鏡花忌】
『婦(おんな)系図』『高野聖』『夜叉ケ池』などで知られる明治・大正期の作家、泉鏡花の命日。享年66。
彼が最期に「ありがとう」と言い残したすず婦人は、『婦系図』のお蔦のモデルであったといわれる。石川県金沢市尾張町の鏡花の生家跡には、「泉鏡花記念館」が設けられている。

【ブラジル独立記念日】
1822年のこの日、当時の国王ドン・ジョアン6世の王子、ドン・ペドロがブラジルのポルトガルからの独立を宣言し、帝政を敷いた。自ら帝国皇帝となった。

【CMソングの日】
1951年(昭和26年)のこの日、日本ではじめて、CMソングをつかったラジオCMが放送されたことによる。「ぼくはアマチュアカメラマン」というもので、小西六写真工業(現在のコニカミノルタ)によるCMだった。
ちなみに財津一郎が出演する「タケモトピアノ」のCMソングは、なぜか赤ちゃんが泣き止むことで有名になった。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

こんな傘でなくとも役に立たない? [花(夏)]

昨日(8/28)朝から強い雨が降ります。こちらの雨は強く降ったり小康状態になったりを繰り返します。こちら京都はこんな感じなのです。強い雨のときには傘が役立たないほど!。
気象庁によると、対馬海峡付近に停滞する秋雨前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部を中心に線状降水帯が発生し、集中豪雨となり、「福岡、佐賀、長崎に大雨特別警報」がだされたことのようです。大きな被害があったようです。これ以上の被害がでないことを祈るばかりです。
私の住む近くを流れる宇治川でも、上流のダムが放水量を増やすと放送が流れています。お昼近くに朝の仕事の帰りの電車の中から見たときには、河川敷グランドまでもう少しという水量でした。これ以上増えたら河川敷グランドが水没するかもというところまで来ています。そうなると、我が家と宇治川の水位が同じくらいになるかもです。
そんなときにこんなのんきな話題でいいのかとは思いますが・・・それが「こんな傘でなくとも役に立たない?」です。植物の名前が「ヤブレガサ(破れ傘)」キク科です。傘つながりで無理やりの登場です。
葉の形が破れた傘のように見えることからこんな名前がつけられました。昨日のような豪雨ではまともな大きな傘でも役に立たない。ましてや破れ傘では・・・

ヤブレガサ-1(20190826).jpg ヤブレガサ-2(20190826).jpg ヤブレガサ-3(20190826).jpg ヤブレガサ-4(20190826).jpg ヤブレガサ-5(20190826).jpg ヤブレガサ-6(20190826).jpg


チョッとネタに苦労しているのですみません。(-_-メ)


★おまけの一枚

昨日の宇治川の増水
宇治川増水-1(20190828).jpg




◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「第7回 PORTO DI STAMPA」
    東京&京都芸大交流企画
    (京都芸大版画8人展)
******************************************

会場:B-gallery
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL:03-3989-8608
開催期間:2019年8月20日(火)~9月1日(日)
     14:00~18:00
     26日(月)休廊
http://www.Bgallery.info



展示会はがき-1(20190813).jpg 展示会はがき-2(20190813).jpg






**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


29日(木) 大安 [旧暦七月二十九日]

【文化財保護法施行記念日】
1950年(昭和25年)のこの日、国宝・重要文化財などを保護するための基本となる法律、文化財保護法が施行された。これを記念して1951年(昭和26年)に制定された。

【秋田県・県の記念日】
1871年(明治4年)の廃藩置県の際に、秋田、亀田、矢島、岩崎、本荘の5県と、鹿角郡をあわせて秋田県が設置された。この日を太陽暦であらわすと8月29日にあたるため、1965年(昭和40年)に秋田県が制定。

【全国ヤキニクの日】
1993年(平成5年)のこの日、「8(ヤキ)29(ニク)」の語呂合わせから全国焼肉協会によって制定された。
ところで、焼肉店でよく目にする無煙ロースターは、名古屋のメーカー「シンポ」が1980年に開発したもの。この発明によって服に煙の臭いがつきにくくなり、女性客も気軽に焼肉を楽しめるようになった。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

草姿は喫煙具のパイプ? [花(夏)]

昨日(8/27)何とか午前中は持ちこたえた雨が午後になると落ちてきました。その雨も時々はかなりの雨脚に!。気温は30°に届くか届かないかのなのですが、この雨で湿度が思いっきり高まりべとべとです。
朝の電車でも、私立小学校に通う子供たちの姿が見られるようになりました。もうすぐ、高校生などの姿も車内で見られるようになります。そうなると朝の通常の姿ですね。
そうそう、朝の職場に小学生がいるパートさん(お母さん)が久しぶりに出勤でした。お子さんの夏休みが終わりましたかとお声をおかけすると「やっと、やっと終わりました」と大きな力強い声で・・・子供夏休みが終わるのを待ち望んでいたのでしょうね。でも、昨年に聞いた時には「もう、狂うかと思いました」と言っていたので、少しは成長したのかも知れませんね。たぶん、もう何年かすれば近くに寄らず、悪態ばかりつくようになるのかも知れませんね。
さてさて、そんな雨が降り出す前に寄り道した植物園の話題です。
2,3日前から撮影を繰り返しており、昨日に追加撮影をした花です。それがタイトルの「草姿は喫煙具のパイプ?」です。
実は、植物園も季節の変わり目で、花の数がめっきり減っています。そんな中でススキの根元で咲くこんな花を見かけました。
それが、1年生寄生植物「ナンバンギセル(南蛮煙管)」 ハマウツボ科です。
ススキなど、単子葉植物の根に寄生し、8~9月に赤紫いろの花を咲かせる一年草となります。
和名は、南蛮人の船員がくわえていたキセル(マドロスパイプ)に、花の形状が似ていることからに由来します。
古くは『万葉集』にも登場し、うつむいて咲く花の姿から思草(オモイグサ)の古名もあります。
そう、地面スレスレに下向きに咲くので撮影に苦労する花です。ローアングル用の三脚でもまだ高いことからカメラを地面にすらせるように置いての撮影です。はっきり言って腰が痛い体勢です。
ナンバンギセル-1(20190826).jpg ナンバンギセル-2(20190826).jpg ナンバンギセル-3(20190826).jpg ナンバンギセル-4(20190826).jpg ナンバンギセル-5(20190826).jpg


古名の「思草(オモイグサ)」という呼び方もいいですね。


私の日記でした(-_-メ)


◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「第7回 PORTO DI STAMPA」
    東京&京都芸大交流企画
    (京都芸大版画8人展)
******************************************

会場:B-gallery
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL:03-3989-8608
開催期間:2019年8月20日(火)~9月1日(日)
     14:00~18:00
     26日(月)休廊
http://www.Bgallery.info



展示会はがき-1(20190813).jpg 展示会はがき-2(20190813).jpg






**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


28日(水) 仏滅 [旧暦七月二十八日]

【バイオリンの日】
1880年(明治13年)のこの日、東京・深川の楽器職人、松永定次郎によって国産第1号のバイオリンが完成したことを記念して制定。
ちなみに巨匠アントニオ・ストラディバリの手による名器「ストラディバリウス」は約600艇が現存しているが、そのうち1本が2006年にオークションで約4億円で落札され、当時の楽器の最高金額を記録した。

【民放テレビスタートの日】
1953年(昭和28年)のこの日、日本テレビが民間放送として国内で初めてテレビ放送を開始した。翌日には後楽園球場から巨人-阪神戦を、翌年の2月19日には力道山の試合を初めて中継。
ちなみにNHKは、1953年2月1日にテレビ放送をすでに開始している。

【道元忌】
鎌倉中期の禅僧で日本における曹洞宗の開祖、道元の命日。享年53。
福井・越前に永平寺を開き、『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』の諸巻を著した。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の七草の一つ [花(夏)]

昨日(8/24)の朝は涼しかったです。久しぶりの涼しい朝をのんびりと過ごすことができました。それに雨の心配のない安定したお天気の一日とりました(夕方、暗くなり始めるころに少しだけパラリとしましたが)。最高気温は一昨日が低かったことから5°ほど上がり33°ほどに・・それでもひところを比べらら随分と涼しく感じることができました。お天気で湿度も下がったことも大きく影響しているとは思いますが!
何やら、一気に季節が進んだという気がします。植物園では、秋の七草の一つ「ススキ(薄)」イネ科も・・・
夏から秋にかけて茎の先端に長さ20~30cm程度の十数本に分かれた花穂をつけます。花穂は赤っぽい色をしていますが、種子には白い毛が生えて、穂全体が白っぽく見えます。種子は風によって飛び子孫を残します。
ススキは、秋の月見のおそなえとして欠かせないものですね。中秋の名月には収穫物と一緒に供えられるが収穫物を悪霊から守り、翌年の豊作を祈願する意味があります。
屋根材のほかにも、炭俵用、家畜の飼料用などとしてもよく利用されるなど昔の日本には有用な植物のひとつでもあります。そのため、人里近くにススキ原が多くみられました。
ススキの名前の由来は、ススキの「スス」は、葉がまっすぐにすくすく立つことを表わし、「キ」は芽が萌え出でる意味の「萌(キ)」だとも言われているようですね。
ススキ-1(20190823).jpg ススキ-2(20190823).jpg ススキ-3(20190823).jpg

どこまでも続くススキ原、夕日に輝くススキ原を見たくなりましたね!涼しさを感じることでそんな気分になりますね(^_^)ニコニコ
こんな話題でけで失礼します!


◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「第7回 PORTO DI STAMPA」
    東京&京都芸大交流企画
    (京都芸大版画8人展)
******************************************

会場:B-gallery
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL:03-3989-8608
開催期間:2019年8月20日(火)~9月1日(日)
     14:00~18:00
     26日(月)休廊
http://www.Bgallery.info



展示会はがき-1(20190813).jpg 展示会はがき-2(20190813).jpg






**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


25日(日) 先勝 [旧暦七月二十五日]

【ラーメン記念日】
1958年(昭和33年)のこの日、日清食品の創業者である安藤百福氏が開発した「チキンラーメン」を発売したことを記念して、日清食品が制定。
戦後の混雑する屋台の行列を見て、手軽に食べられるラーメンの開発を決心したという。

【ペスト菌発見の日】
1894年(明治27年)のこの日、北里柴三郎がペストが流行していた調査先の香港にてペスト菌を発見した。血清療法の発見でも知られる。生まれは熊本県阿蘇郡小国町北里。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

蘭と名前がつきますが! [花(夏)]

昨日(8/23)も、不安定なお天気の一日となりました。い~やああ、本当に無茶苦茶な空模様です。朝から雨が降ったり止んだりを繰り返します。その雨も突然の大雨になったかと思うと突然止むを繰り返します。昨日の夕方には短時間でしたがものすごく大粒な雨が突然、雷も・・・韓国とも何やら不安定な状態ですが、空もですね。どちらももう少し落ち着いて欲しいと願っています。

さてさて、タイトルの話題の「蘭と名前がつきますが!」に
それが、「コヤブラン(小藪蘭)」キジカクシ科です。
コヤブランは、ヤブランに似ていますが、 葉が細く、匐枝で広がり、花は色が薄くてまばらに咲く点が異なります。
花は、昼間開き、夜間は閉じ、果実は痩果で果皮は薄くすぐ脱落します。種子は秋に光沢のある黒紫色に熟します。



コヤブラン-1(20190819).jpg コヤブラン-2(20190819).jpg コヤブラン-3(20190819).jpg コヤブラン-4(20190819).jpg



チョッとこのところ、少しだけですがバタバタと・・・というよりも、暑さ、蒸し暑さによる体力低下で動作が遅くなっているのも理由かも知れませんが!
嬉しいことにパラパラと仕事もいただいております。
それにしても、昨日は雨が降って湿度も高かったのですが、それでも気温が30°に達したかどうかのためか涼しく感じられました(発表では27°台とか)。こうして、段々と秋の気配が強くなるのでしょうね。植物園の花たちも秋の気配も感じられて来ています。植物たちの変化で季節の移り変わりを感じられるというのは本当に贅沢な事だと思います。(^_^)ニコニコ



◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「第7回 PORTO DI STAMPA」
    東京&京都芸大交流企画
    (京都芸大版画8人展)
******************************************

会場:B-gallery
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL:03-3989-8608
開催期間:2019年8月20日(火)~9月1日(日)
     14:00~18:00
     26日(月)休廊
http://www.Bgallery.info



展示会はがき-1(20190813).jpg 展示会はがき-2(20190813).jpg






**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


24日(土) 赤口 [旧暦七月二十四日]

【ポンペイ最後の日】
西暦79年のこの日、イタリア南部のヴェスビアス火山が噴火した。大量の溶岩・火山灰が麓の町であるポンペイを直撃し、住民ら約2000人を含めて町ごと埋没してしまった。その後、この町の記憶は人々の記憶から忘れ去られてしまったが1748年に発見され、当時の姿が保存された形で現れた。
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

スズムシバナも見ごろ近し? [花(夏)]

昨日(8/22)は、比較的に安定したお天気の一日となりました。今日は昨日の日付が変わる前から降り出した雨、一日雨かな?。昨日は貴重な雨のないお天気の一日だったかも知れませんね。
そうそう、今日は、24節気のひとつ「処暑」で、暑かった季節もようやく収まる頃とされますが、いまだ、厳しい暑さ、蒸し暑さですね。ご近所の方や朝の仕事に行く途中でよく出会う人たちとのご挨拶も「そろそろ、この暑さ、蒸し暑さは勘弁してほしい!」となります。ですよね。
そうそう、季節を感じた話題を、朝の電車の中で、私立小学校に通う児童たちに会いました。夏休みの宿題かな?大きな荷物を持っていました。そうか、この小学校は夏休みが終わったのかと、季節を感じたりして!
それから、植物園では、今、「スズムシバナ (鈴虫花)」キツネノマゴ科が咲き出しました。
スズムシバナは、本州の近畿以西・四国・九州から朝鮮・中国にかけて分布する多年草で、山地の木陰に生えています。夏から秋に上部の葉腋から淡紫色の花を開きます。花は朝開き午後には散る一日花です。
花冠は唇形で筒部は少し曲がっています。紫色の花の中に時々、白色の花がアクセントのように咲きているのも素敵ですね。名前の由来は、スズムシが鳴き始める頃に咲く事から名付けられたとのことのようです。何か、鈴虫と聞いただけで嬉しくなりますよね。もうすぐ涼しくなるのかと(^_^)ニコニコ
スズムシバナ-1(20190822).jpg スズムシバナ-2(20190822).jpg スズムシバナ-3(20190822).jpg スズムシバナ-4(20190822).jpg スズムシバナ-5(20190822).jpg スズムシバナ-6(20190822).jpg スズムシバナ-7(20190822).jpg


 元々はスズムシソウと呼ばれていたものが、ラン科のスズムシソウとの混乱を避けるためにスズムシバナと呼ばれるようになったとのことです。
ラン科のスズムシソウの方を「スズムシラン」してもよかったのではという意見も・・・




★おまけの一枚

スズムシバナを愛でるカナヘビ!?
そんな風に見えたりして、風流なカナヘビさんということにしておきましょう(^_^)ニコニコ
カナヘビ-1(20190822).jpg カナヘビ-2(20190822).jpg



◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「第7回 PORTO DI STAMPA」
    東京&京都芸大交流企画
    (京都芸大版画8人展)
******************************************

会場:B-gallery
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL:03-3989-8608
開催期間:2019年8月20日(火)~9月1日(日)
     14:00~18:00
     26日(月)休廊
http://www.Bgallery.info



展示会はがき-1(20190813).jpg 展示会はがき-2(20190813).jpg






**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


23日(金) 大安 [旧暦七月二十三日]

【処暑】
24節気のひとつ。暑かった季節もようやく収まる頃とされるが、地方によってはまだ残暑が厳しい頃でもある。天文学的には太陽が黄経150度になったときのこと。

【一遍忌、遊行忌】
鎌倉時代の僧で時宗の開祖、一遍上人の命日。勧進帳念仏札を携えて全国をくまなく巡り、その勧進帳に名前を記した人は250万人以上にも及んだという。

【白虎隊の日】
1868年(明治元年)のこの日、戊辰戦争中、若年者で構成された会津藩の白虎隊が、守るべき鶴ヶ城が落城したものと思い、飯盛山で自刃した。
当時の会津藩の軍は年齢別に編成されており、方角の守護神である四神にちなんで構成年齢の高い軍から順に「玄武隊」「青龍隊」「朱雀隊」「白虎隊」と名付けられていた。

【吉野太夫忌】
京都六条三筋町「七人衆」の筆頭であり、夕霧太夫、高尾太夫とともに寛永三名妓のひとりに数えられた2代目吉野太夫の命日。享年38。浮世草子の作者、井原西鶴は『好色一代男』の中で「なき跡まで名を残せし太夫、前代未聞の遊女也」と絶賛した。
吉野太夫の墓がある京都・鷹ヶ峰の常照寺では、彼女を偲んで4月第3日曜日に花供養が行われる
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

風に揺られると今にも鳴り出しそう? [花(夏)]

昨日(8/20)は、不安定なお天気の一日となりました。朝の仕事場で仕事をしているときに、外を見ると前が見にくくなるほどの豪雨です。アスファルトの道路も見る見ると川のような状態に・・・自転車に乗りながら傘をさしている方など傘は何の役にもたっておらず、びしょ濡れです。そんな雨もいったん上がったかと思うとまたまた降り出すを繰り返します。気温はそれほど高くはなかったのですが、何せこのムシムシの湿度のおかけで体力を奪われました。これで猛暑日ならとんでもないことになっていたでしょうね。

さて、タイトルの「風に揺られると今にも鳴り出しそう?」とは、植物園で咲き出した、「ツリガネニンジン(釣鐘人参)」キキョウ科の花です。
このツリガネニンジンは、秋頃に北海道~九州の山野にごくふつうに見られる山に咲く花です。いかにも秋風に揺れて素敵な音色を奏でそうに思えませんか。こんな花が咲き出すとは、秋が近づいてきている証拠でもあるということですね。
名前の由来は、花の形が「釣鐘」形で、白く太い根が人参(にんじん)の形に似ていることから「釣鐘人参」ということです。ここでいう人参とはだいだい色の野菜の人参ではなく、薬草で名高い「高麗人参(朝鮮人参)」のことになります。
根はせき止めの漢方薬の「沙参(しゃじん)」になるとのことです。可愛いのにすぐれものですね(^_^)ニコニコ
ツリガネニンジン-1(20190819).jpg ツリガネニンジン-2(20190819).jpg ツリガネニンジン-3(20190819).jpg ツリガネニンジン-4(20190819).jpg ツリガネニンジン-5(20190819).jpg



★おまけの一枚


【祝】5000回
このso-netのブログアップ回数が本日で5000回を向かえました。
約14年、ほぼ毎日1回づつ朝に投稿を続けて、皆様からのコメントに励まされながらここまで来ました。
本当に私の超個人的な日記としてはじめ、今ではボケ防止というか意地で投稿というか?
そんな「早起きおっさんの撮影日誌」です。
そうそう、初めてコメントをいただいた方が、今でも毎日のようにコメントを記入してくださる京男さんです。
本当にうれしかったことを今でも鮮明に覚えております。(^_^)ニコニコ
5000回記念(20190821)-1.jpg


今後とも、くだらないブログですが、お付き合いいただければ幸いです。
最近はブログ人口は減っているようですが・・・

◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「第7回 PORTO DI STAMPA」
    東京&京都芸大交流企画
    (京都芸大版画8人展)
******************************************

会場:B-gallery
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL:03-3989-8608
開催期間:2019年8月20日(火)~9月1日(日)
     14:00~18:00
     26日(月)休廊
http://www.Bgallery.info



展示会はがき-1(20190813).jpg 展示会はがき-2(20190813).jpg






**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


21日(水) 先負 [旧暦七月二十一日]

【献血記念日】
1964年(昭和39年)のこの日、それまでの売血制度と決別して献血の推進が閣議決定されたことを記念して制定。

【噴水の日】
1877年(明治10年)のこの日、東京の上野公園で開催された第1回内国勧業博覧会にて、日本で初めての西洋式の噴水が設置された。日本の博覧会の原型ともいえるこの博覧会には蒸気機関車なども出品され、102日間の会期で入場者は45万人を超えたという。

【アメリカ・ハワイ州誕生】
1959年(昭和34年)のこの日、ハワイが属領の時代を経て、正式にアメリカ50番目の州となった。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

予約投稿「カノコユリ「白花」」 [花(夏)]

故郷に帰省のため予約投稿となります。
今日12日は、今年の2月に他界した母の新盆として供養の行事を午前中に行う予定になっています。
このお盆の行事、初盆と言ったり新盆と言ったりしますよね、呼び方は地域によって分かれていて、西日本では「初盆」と呼ぶことが多く、東日本では「新盆」と呼ぶことが多いようです。どちらも意味は一緒ですが。
また、その読み方も各地域によって違いがあり初盆なら「はつぼん」「ういぼん」、新盆なら「あらぼん」「にいぼん」「しんぼん」などと地方ごとに違っているようです。どれも意味合いやするべきことに違いはないようです。
メディアや放送関係などでは「初盆(はつぼん)」「新盆(にいぼん)」と呼んだり書いたりすることが多いので、この二つがメジャーな呼び方ということのようです。
そうか、先日に朝の仕事場で「新盆(にいぼん)」と言ったら「初盆(はつぼん)」のことですかと聞き直されました。
さてさて、そななことで、植物園で見かけた「カノコユリ「白花」」でお茶を濁します。

カノコユリ(鹿の子百合)ユリ科の園芸品種となります。
主な開花期は7月中旬~8月中旬で、日本に分布するユリの中ではやや遅めです。
『鹿ノ子百合』の漢字を当て、花に紅色の鹿ノ子絞りみたいな模様が入るところから来ていますが、この園芸品種は白一色です。鹿の子模様に見えませんが・・

カノコユリ(白)-1(20190809).jpg カノコユリ(白)-2(20190809).jpg カノコユリ(白)-3(20190809).jpg カノコユリ(白)-4(20190809).jpg
撮影:2019年8月9日 京都府立植物園にて



今日の、新盆として供養の行事が終了したら、午後に京都に戻る予定です。


「今日は何の日」

12日(月) 赤口 [旧暦七月十二日]

【振替休日】

【航空安全の日】
1985年(昭和60年)のこの日、羽田発大阪行きの日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落し、520人の犠牲者を出したことに由来する。

【日中平和友好条約調印の日】
1978年(昭和53年)のこの日、日本と中国の間で「平和友好条約」が調印され、10月23日に批准書が交され、日中の国交正常化が実現した。発効はこの年の12月23日。

【君が代記念日】
1893年(明治26年)のこの日、文部省が小学校の祝祭日の儀式用唱歌として公示。「君が代」は「古今集」の読み人知らずの和歌にイギリス軍楽隊長フェントンが曲を作り歌っていたが、メロディと歌詞が一致していないという理由で宮内庁雅楽課の林広守が現在の曲を製作した。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

予約投稿「サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)」 [花(夏)]

故郷に帰省のため予約投稿となります。予定では、故郷の実家でのんびりとし、お天気が良ければ自転車で海岸あたりをウロウロとする予定です。また、家のお掃除もお手伝いしようかとも思っております。何せ、親父と兄貴の男二人の生活の家なので・・・
さてさて、そななことで、植物園で見かけた「サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)」でお茶を濁します。
サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)トウダイグサ科
サンゴアブラギリは中央アメリカ、西インド諸島、コロンビアが原産の落葉低木で幹がずんぐりトックリ状にふくらんだユニークな形になります。濃い朱色の小花をかためて咲かせますが、花だけでなくその下の軸の部分も花と同色になって、その様子が珊瑚に似ています、。また、5つに分かれた手のひら状の葉っぱを桐の葉に見立てて、合わせて「珊瑚油桐」の名前が付けられました。朱色の枝がいかにも珊瑚に見えますよね。

サンゴアブラギリ-1(20190808).jpg サンゴアブラギリ-2(20190808).jpg サンゴアブラギリ-3(20190808).jpg サンゴアブラギリ-5(20190808).jpg
撮影:2019年8月8日 京都府立植物園にて




「今日は何の日」

11日(日・祝) 大安 [旧暦七月十一日]

【山の日】
山のめぐみ恩恵に感謝するとともに、自然に親しむ祝日として、2014年に制定され、2016年に施行された。

【ガンバレの日】
1936年(昭和11年)のこの日、第11回オリンピック・ベルリン大会、女子200メートル平泳ぎ決勝で前畑秀子が優勝。そのラジオ中継でNHKの河西三省アナウンサーが「前畑がんばれ」と連呼したことに由来。
彼はゴールするまでに「がんばれ」を38回連呼、ゴール後は「勝った」を19回連呼したそうである。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 花(夏) ブログトップ