So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
見学・鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

「狂言宴」 [見学・鑑賞]

昨日(7/10)は、朝から青空が広がり、その青空の色も完全に真夏の空の色合い、日差しです。とにかくあたる日差しが朝から痛い。それに湿度も高いことから何とム~とした暑さか!。こちら京都の最高気温は35℃超えの猛暑日です(36℃との発表でした)。それは暑いです、それに京都の真夏の湿度の高い蒸し暑さです。
午前中に朝の仕事帰りに植物園に寄るのですが、どうしても行くところは生態園と呼ばれる樹木の木陰のあるとろに足が向きます。これは仕方がないですね、よくお見掛けする人たちも木の木陰のあるところでお見掛けします。皆さん考えることは一緒のようです。
 今日の話題は一昨日(7/9)にお誘いを受けて公演を見させていただいた「狂言」です。
年に何回かお知り合いの方からお誘いを受けて参加させていただいております。奈良市で行われるのが少し遠いのですが、毎回、いろいろな趣向を凝らしていただき、顔見知りもできて・・・というところです。
狂言の曲目は、茂山忠三郎、大蔵基誠氏の「昆布売」というものでした。大名と昆布売、二人の関係が途中で逆転するなど結構面白い曲目でした。
残念なら、演目中は撮影禁止でしたが、その後の出演者お二人を含めた懇談も毎回楽しいものです。
今回は狂言の開始に先立ち主催者から「狂言あらすじ分類学」という興味深いお話も(^_^)ニコニコ
そうそう、今回は「狂言装束着付」体験も行われました。私にそれに参加しないかとお声がかかったのですがご辞退いたしました。やはり、男性は大柄の方の方が見栄えがたちますので!(見ていて少し残念な気持ちもありましたが!)
もちろん、狂言終了後には酒宴が茂山忠三郎、大蔵基誠氏も参加されて開催されます。
写真は茂山忠三郎、大蔵基誠氏のお名前を出し、宣伝していただけるのならOKとご了解をいただきましたので登場です。

◇夕立の雨上がりで鹿さんも出迎えてくれました。
 それにしても、本当に観光客のほとんどが中国系と思われる方々ですね・・・まれに、白人系の方がいるという程度、凄い!
狂言-1(20180709).jpg 狂言-2(20180709).jpg


◇会場は「旅館 松前」の特設舞台
狂言-3(20180709).jpg 狂言-4(20180709).jpg 狂言-5(20180709).jpg


◇狂言が終了後は狂言装束着付体験をしながら自由な懇談会も
狂言-6(20180709).jpg
茂山忠三郎氏(左)、大蔵基誠氏(右)


狂言-7(20180709).jpg
狂言-8(20180709).jpg
狂言-9(20180709).jpg



◇酒宴
 特製の「狂言秀旬弁当」で茂山忠三郎、大蔵基誠氏も入り大盛り上がり・・・ここでの狂言やその他の話も面白い(^_^)ニコニコ
狂言-10(20180709).jpg 狂言-11(20180709).jpg


今日はこんな話題でした。


★おまけの一枚

宣伝ということでこんなパンフレットも!
茂山忠三郎の「忠三郎狂言会」開催のお知らせです。
この狂言会には茂山忠三郎の息子さん4歳かな? の初舞台もあるそうです。
ご興味のある方は、忠三郎狂言会事務局 TEL:075-432-6655でご確認ください。
狂言-12(20180709).jpg


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」

11日(水) 友引 [旧暦五月二十八日]

【真珠の日】
1893年(明治26年)のこの日、御木本幸吉がはじめて真珠の養殖に成功したことを記念したもの。「ミキモト・パール」は後に市場を席捲、世界市場の6割を占めたという。彼の生まれは志摩国(現在の三重県)鳥羽町。
一方、6月1日も真珠の日であるが、こちらは(社)日本真珠振興会が制定したもの。

【世界人口デー】
1987年(昭和62年)のこの日、世界の人口が50億人を突破したとされる。
これを記念して国連開発計画管理委員会が提唱し、1990年(平成2年)に制定。
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

友達と青空に誘われて! [見学・鑑賞]

昨日(5/15)は、本当に晴天、抜けるような青空が広がる一日に! そしてこちら京都ではどうやら30℃を最高気温が超えたようです。本当に暑い一日ともなりました。
そんな昨日は京都の三大祭りのひとつである「葵祭」が開催され多分多くの観光客で混んだことだと思います。お昼ごろに地下鉄の意丸太町駅を通過した時には、ホームにあふれんばかりの人々がおられました。たぶん、この方たちは御所で行列を見学されて引き上げる方たちだろうと思われます。そんな様子を横目で見ながら、家に一旦帰り、大急ぎで仕事をして再び市内へ! 友達が堂本印象美術館がリニューアルされ綺麗になり、その招待券が手に入ったので行かないかとお誘いを受け、是非ということでお祭りで混み込みの市内へということでした。ま~祭りの行われている反対側の市内なので大したことは無いだろうとは踏んでいましたが!。でも、堂本印象美術館があるところが、金閣寺や龍安寺のある地域なので、この平日にも関わらず本当にたくさんの観光客であふれて、バスは渋滞に巻き込まれました。これで土日などの休日なら大変なことにあんるのでしょうね。
そんな堂本印象美術館に友達と待ち合わせて入館です。友達が招待券を2枚出したところでふと受付のところを見ると「65歳以上の方は無料」と書かれた札がありました。えええええ~私は無料ではないか、招待券は不要だったと・・・大笑いでした。ただそれだけの事でしたが・・・館内は撮影禁止なので外観とパンフの写真で失礼します。
帰りがけにアルコール抜きでは帰れないということで寄り道をして、そんなことでアルコールの抜けない体でブログを書いております。
堂本印象美術館-1(20180515).jpg 堂本印象美術館-2(20180515).jpg 堂本印象美術館-3(20180515).jpg 堂本印象美術館-4(20180515).jpg 堂本印象美術館-5(20180515).jpg 堂本印象美術館-6(20180515).jpg 堂本印象美術館-7(20180515).jpg



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

16日(水) 大安 [旧暦四月二日]

【旅の日】
松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日が1689年3月27日であり、この日が太陽暦で5月16日にあたることにちなんで、1988年(昭和63年)に日本旅のペンクラブが制定。ともすれば忘れがちな旅の心を、そして旅とは何かという思索を込めて問いかける日。

【透谷忌】
『楚囚之詩』を記し、島崎藤村らと雑誌『文学界』を創刊した明治期の天才詩人、北村透谷の命日。享年26。彼が生まれた小田原には、顕彰碑が建てられている。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

もう一日、作品展! [見学・鑑賞]

昨日(2/10)の朝は、空に雲のお布団があったことからか、このところと比べると暖かな朝でした。予報ではこちらの雨はお昼過ぎとのことでしたが、結局は朝から降り出し、段々と本格的な雨足となりました。こんなことから、結局は昨日は一歩も家から出ることなく過ごす羽目になりました(昨日の歩数は、一昨日のの約10分の1の2,500歩ほど)。
ま~そのおかけで仕事が進みましたので良しとしましょう。でも、困るのが自転車操業状態のブログです。次女の通う大学の作品展の話題は昨日で終了しようかと思っていましたが、そんなことで登場です。
とりあえずは、撮影してあった写真から眼についたものを引っ張りだしました。
今回は京都市美術館が改修のために使用できないことからメイン会場が大学の校舎となりました。私はその校舎の設備を上手に取り込んだ作品に引かれました。日本画や油画の学生さんたちには少し残念な会場だったかも知れませんね。


◇模写
京芸作品展-31(20180207).jpg 京芸作品展-32(20180207).jpg 京芸作品展-33(20180207).jpg


◇染色、彫刻、陶芸
京芸作品展-34(20180207).jpg 京芸作品展-35(20180207).jpg 京芸作品展-36(20180207).jpg



〇染色の設備を利用して展示も中々面白く
興味を・・
京芸作品展-37(20180207).jpg 京芸作品展-38(20180207).jpg



京芸作品展-39(20180207).jpg
京芸作品展-40(20180207).jpg
京芸作品展-41(20180207).jpg
京芸作品展-42(20180207).jpg


すみません、またまたただの羅列で、その上に引き延ばしでm(_ _)m
今朝の気温は、起きた時に「あ~暖か!」と感じられました。
それも今日まで、今日だけ? 明日からまた寒気団がなだれ込んでくる予想ですね。
福井県では燃料不足が深刻とか。また、明日からの雪が心配になります。


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

11日(日・祝) 先勝 [旧暦十二月二十六日]

【建国記念の日】
1967年(昭和42年)から実施されている国民の祝日。この日はかつて紀元節として奉祝されてきたが、戦後は廃止されていた。建国の日ではなく、あくまでも建国を記念する日としたのも紀元節のイメージを抑えるためとされる。

【文化勲章制定記念日】
1937年(昭和12年)のこの日、文化の発展に優れた業績を上げた人に贈る文化勲章が制定されたことから。栄典授与は、4月29日「昭和の日」と11月3日「文化の日」に行われる。


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

作品展(漆工&工芸基礎) [見学・鑑賞]

昨日(2/9)朝の朝も氷点下まで下がりました。北山の水道の様子から、一昨日よりも昨日の方が気温が低かったようです。しかし、日中は日差しに温もりも感じらるような気温まで上がりました。散歩中に見かけた道路に設置されている温度計は二桁の11℃を表示していました。この暖かさで、商店街の人出も多いように見えました。皆さん、特にお年寄りは暖かくなったので買い物でもと動き出したのだと思います。それに今日は何やら雨の予報もあるので、買い物は昨日中にと考えたのかも知れませんが・・・

京芸大の作品展の2回目の紹介ですが、今回は、漆工&工芸基礎の紹介ということで・・・

◇漆工
 毎回、ここのコーナーの作品には見とれます。綺麗なので素人受けするのかも知れませんが
京芸作品展-11(20180207).jpg 京芸作品展-12(20180207).jpg 京芸作品展-13(20180207).jpg 京芸作品展-14(20180207).jpg 京芸作品展-15(20180207).jpg 京芸作品展-16(20180207).jpg 京芸作品展-17(20180207).jpg 京芸作品展-18(20180207).jpg 京芸作品展-19(20180207).jpg


◇工芸基礎
 1回生後期に陶磁器、漆工、染織の3専攻が合同で基礎的な制作を行います。
 各専攻が持つ特質と、それに関わる素材や技法の中で、いかに独自の表現を作品に結実していくかを試みます。
 2回生以降の専攻選択の見極めとしての、試行期間でもあります。
 との説明書きがありました。
 漆工で作られたパズルに私ははまってしまいました。欲しい(^_^)ニコニコ
京芸作品展-20(20180207).jpg 京芸作品展-21(20180207).jpg 京芸作品展-22(20180207).jpg 京芸作品展-23(20180207).jpg 京芸作品展-24(20180207).jpg 京芸作品展-25(20180207).jpg 京芸作品展-26(20180207).jpg



すみません、またまたただの羅列でしたm(_ _)m


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

10日(土) 赤口 [旧暦十二月二十五日]

【ニットの日】
1988年(昭和63年)に、神奈川県の編物学校などで組織された「横浜手づくりニット友の会」が制定した日。2月10日はニットの語呂合わせから。

【ふきのとうの日】
「2(ふ・きの)10(とう)」の語呂合わせから、宮城県古川市のササニシキ資料館が制定。

【ふとんの日】
1997年(平成9年)に全日本寝具寝装品協会が制定。「2(ふ)10(とん)」の語呂合わせから。

【観劇の日】
1911年(明治44年)、東京に日本初の洋風(フランス様式)劇場である帝国劇場(帝劇)が完成した日。初代帝劇は関東大震災によって焼失したが、その後再建された。現在の帝劇は1966年(昭和41年)に落成したもの。

【日露戦争開戦日】
1904年(明治37年)、朝鮮、満州の支配権をめぐって日本がロシアに対し宣戦布告した日。1905年(明治38年)に日露講和条約により終結する。
与謝野晶子の有名な詩編『君死にたまふこと勿れ』は、日露戦争に出征した2つ違いの弟の安否を気づかって歌われたものである。
「あゝをとうとよ君を泣く 君死にたまふこと勿れ」
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

作品展(版画) [見学・鑑賞]

昨日(2/8)朝の朝も氷点下まで下がりましたが、この2,3日の冷え込みから比べればかなりましかな?。氷点下の気温でも増しに感じる自分が怖いです。慣れとは本当に恐ろしいですね。日中は日差しもあr、その日差しがいくらか温かみを感じる。これもこれまでも寒さに慣れた体の反応かも知れませんが!。
私のブログに毎日のようにご訪問いただき、コメントを残してくださる、くじびき はずれさんが、アイスチューリップというものをご紹介しておりました。アイスチューリップとはチューリップの球根を冷凍庫で保存しておいて「これが冬なんだな」と感じさせておいて、急に普通の冬に出してやって植えると、おっ?温かくなったじゃん!?ってなわけで本当は冬なのに春だと勘違いさせて咲かせる(くじびき はずれさん作)。
とのことです。私の体の反応もそれに近いかも? 氷点下4℃の冷え込みが2,3日ほど続き、昨日は氷点下1℃なので、「おっ? 温かくなったじゃん!?」と! アイ、チューブ並みの私でした。でも、チューリップみたいに美しくはありませんが・・・(-_-メ)

さてさて、本題に入ります。
7日(水)に娘の通う大学の作品展に妻と二人で行ってきたという記録です。
中々の見ごたえのある作品も多く、いつの間にかコンデジの撮影枚数が195枚にも・・・とても作品の素晴らしさをお伝えできるものではありませんがご紹介をさせていただきます。
まずは、娘が専攻している版画からのご紹介です。版画専攻にはリトグラフ、シルクススクリーンや木版画など数種類のものが含まれます。
娘は木版画を専攻です。家でも彫刻刀で彫っていることから娘の部屋は木くずだらけです。非力なのに彫刻刀で木板と格闘しております。
京芸作品展-1(20180207).jpg 京芸作品展-2(20180207).jpg


◇まずは娘の作品の紹介です。
 このテーマをこのところずーっと追いかけております。
 以前には、新築の工事現場にお邪魔して、配管などがどんな風になっているのかなを隣の県の滋賀県まで、知り合いの伝を使って見に行かさせてもらったことも・・・
京芸作品展-3(20180207).jpg 京芸作品展-4(20180207).jpg 京芸作品展-5(20180207).jpg


◇木版専攻の唯一の4年生の先輩の作品です
京芸作品展-6(20180207).jpg 京芸作品展-7(20180207).jpg 京芸作品展-8(20180207).jpg 京芸作品展-9(20180207).jpg


◇こんな版画のプレス機などがある部屋の展示も面白かったです。
 私は作品よりもプレス機やその他の道具の方が興味があったりしてm(_ _)m
版画-3(20180207).jpg


◇こんな作品も
版画-1(20180207).jpg 版画-2(20180207).jpg


とりあえず、今日は娘の専攻している版画の紹介でした。こんなところで失礼します。


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

9日(金) 大安 [旧暦十二月二十四日]

【ふく(ふぐ)の日】
2月9日の語呂合わせで「ふく」。ふぐの本場、山口県の下関ふく連盟が1980年に制定した記念日。下関では「ふぐ」のことを「ふく」と呼び、「福」に通じるということで縁起の良い魚とされている。
ちなみに日本で最初のふぐ食禁止令を出したのは豊臣秀吉。その美味さにふぐ解禁を命じたのは伊藤博文。

【服の日】
2月9日の語呂合わせで「ふく」。衣類への関心を高め、服を着る楽しみを広げようと、全国服飾学校協会などが1991年(平成3年)に制定した。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

つちのいえ!? [見学・鑑賞]

昨日(2/7)朝の朝も氷点下まで下がり、風の冷たさはかなりのものでした。でも、昨日は曇りの予報でしたが、外れて晴天に近い青空が広がったことから少しですがほっこりという感じになりました。
そんな昨日は、娘の通う大学の作品展が始まりましたので、妻と二人で大学まで見に行ってきました。今年から京都市美術館が改修工事で使えないことから3か所に分散しての開催となりました。
娘の作品は大学構内に展示されると言うことで、大学に・・・
大学の展示もいいですね。美術館の整然と並んだ作品展のいいのですが、手作り感がある自由な発想な展示も素敵でした。それにかなりの力作もあり、見ごたえ十分でした。その作品展の写真の整理がまだできないことから、作品展を見る前に見たこんなもので失礼します。それが、タイトルの「つちのいえ(土の家)」です。
この「つちのいえ」は、娘たちが授業の一環で建てたものです。大学構内の荒れ地で蚊、ムカデやその他の虫たちと戦いながら建てたものです(何代もの学生たちがかかってここまで仕上げたようです)。中々、面白い授業ですね。私も参加したいくらいでした。
そんな「つちのいえ」の写真の羅列ですが・・・
つちのいえ-1(20180207).jpg つちのいえ-2(20180207).jpg つちのいえ-3(20180207).jpg つちのいえ-4(20180207).jpg つちのいえ-5(20180207).jpg つちのいえ-6(20180207).jpg つちのいえ-7(20180207).jpg つちのいえ-8(20180207).jpg つちのいえ-9(20180207).jpg つちのいえ-10(20180207).jpg つちのいえ-11(20180207).jpg つちのいえ-12(20180207).jpg つちのいえ-13(20180207).jpg つちのいえ-14(20180207).jpg つちのいえ-15(20180207).jpg


失礼しました。
今朝も寒いです(-_-メ)

★おまけの一枚

娘の通う大学の作品展が2月7日(水)より開催されます。
今年は、京都市美術館が改装で使用できないことから3ヵ所に分散されての開催です。
娘も作品作り、会場の準備と忙しそうに毎日しています。
大学の会場の展示では教室などの清掃、壁のペンキ塗りと例年とは違う作業が満載のようです。
お時間のある方は是非ご来場ください。娘の作品は大学内に展示の予定です。
作品展-1(20180202).jpg 作品展-2(20180202).jpg


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

8日(木) 仏滅 [旧暦十二月二十三日]

【針供養】
縫い針を休め、折れ針を供養する日として古くから行われている行事。
豆腐やこんにゃくに針を刺すのは、いつも布を行き来して働く針の苦労を、柔らかいものでねぎらい感謝するため。地域によって12月8日に行うところもある。

【〒(郵便)マークの日】
1887年(明治20年)に逓信省(郵政事業庁の前身)のマークが逓信の「テイ」に合わせて甲乙丙丁の「丁(てい)」に決定したが、万国共通の郵便料金不足の記号「T」と紛らわしいことがわかり、6日後の14日に「テイシンショウ」の「テ」を図案化した「〒」印に変更した。
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

寄せ植えハンギングバスケット [見学・鑑賞]

昨日(1/16)の朝の最低気温は緩みました。それよりも日中の気温にはビックリでした。午前中は雲も多く、予想されているほど気温が上がらず、また気象庁は外したな! 何て思っていたのすが、お昼近くになると雲がとれて青空と共に日差しも、この陽射しの影響か? 気温がどんどんと上がります。昨日は外で昼食を食べた後に特許庁の制度説明会に出席するために、少し遅れたので、早めの歩きで会場に向かいました。着いた時には汗が・・・久しぶりの感覚です。タオルハンカチで大汗を拭きました。
帰りは、JR嵯峨野線、地下鉄、近鉄と3社の電車を乗り継いで帰ったのですが、JR嵯峨野線の駅に向かう途中に何やら小走りの人を何人も見かけました。これは電車の到着が近いのかな?と 私も急ぎます。ホームに着くと同時にJRの電車が、そして京都駅について地下鉄の乗り場に行くと、またまた地下鉄がホームに滑り込んできました。そして、そして、地下鉄と近鉄電車の乗り換え駅でも、地下鉄の到着と殆んど同時にホームの反対側に近鉄が(^_^)ニコニコ こんなびっくりする乗り継ぎもあるのもんですね!(東京などの大都会では普通かも!)。
そんなことで予定よりも早めに戻れても、戻ってからは仕事なのでバタバタでした。またまた、汗をかきました!

写真のネタも無いことから、昨日に植物園で見かけた「第7回 新春を彩る 寄せ植えハンギングバスケット コンテスト展」というものを見かけたのでその写真で失礼します。
2月4日(日)まで行われているようです。
寄せ植え-1(20180116).jpg 寄せ植え-2(20180116).jpg 寄せ植え-3(20180116).jpg 寄せ植え-4(20180116).jpg 寄せ植え-5(20180116).jpg 寄せ植え-6(20180116).jpg 寄せ植え-7(20180116).jpg 寄せ植え-8(20180116).jpg


そうか、今日は「阪神淡路大震災記念日」ですね。23年前か・・・今でもあの恐怖がよみがえります。京都に在住の人間でもそうなので神戸あたりで震災にあわれた方はものすごいでしょうね。


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

17日(水) 赤口 [旧暦十二月一日・朔]

【冬土用の入り】
立春(2月4日)の前日までを冬土用という。

【湾岸戦争開戦の日】
1991年(平成3年)のこの日、アメリカを中心とした多国籍軍がイラクに対して空爆を開始、戦闘が本格的になった。

【阪神淡路大震災記念日、防災とボランティアの日】
1995年(平成7年)のこの日、兵庫県南部を中心としてM7.2の地震が発生。
この「阪神淡路大震災」では死者約6300人、30万人以上の方が避難所で生活を行なった。これをきっかけに国内でボランティア運動が活発になり、12月に「防災を呼びかけ、ボランティア精神を普及するため」に閣議了解された。なお、1月15日~21日までを「防災とボランティア週間」としている。

【今月今夜の月の日】
尾崎紅葉作『金色夜叉』中で、お宮の裏切りに激怒した貫一が、すがるお宮を蹴り飛ばして言ったセリフ「来年の今月今夜のこの月を、再来年の今月今夜のこの月を、10年後の今月今夜のこの月を、僕の悔し涙で曇らせて見せようぞ」の“今月今夜”がこの日にあたる。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

狂言宴に! [見学・鑑賞]

昨日(12/5)の朝も冷えました。その後も、本当に冷たい風が強めに吹き、何やら真冬の冷たさを感じた一日となりました。
植物園の生態園の森も明るくなりました。落葉樹がほぼ葉を落とし、空が大きく覗けるようになりました。また、その森を抜ける風も風を遮るものが減ったことから風が抜けて寒いです。そんな風が強めでそれに冷たいことから、いつもお邪魔する植物園も早足で通り抜けるだけで早々と退散でした。
今朝も寒いです。
昨日はこの冬の一番の寒さでしたが、今日はそれを上回る寒さになるようです。
今朝の寒さは力が入っています。最低気温が予報では1℃とのことですが、それ以上の寒さに感じます。

さてさて、話題は4日(月)に鑑賞させていただいた狂言の話題です。
この狂言は私の知り合いが定期的に開催しており、今回は「四季の狂言宴・・・師走の巻」と題して「宗論(しゅうろん)」というお題目が演じられました。その後は出演者も交えての「宴」が開催されました。
開催場所は奈良市の旅館の特設舞台での開催で夜の6時30分の開演。終演後に宴ということで少し食事が遅くなることから皆さん「虫養い(むしやしない)」の軽食をいただいての参加のようでした。私はそんなところまで頭が回りませんでした(ご存じの事とは思いますが「虫養い」とは、小腹が空いたときに、お腹の虫が鳴くのを押さえるために軽食などをとって小腹を満たすこと、になります)。
い~やああ楽しく狂言を見せていただき、笑わせてもいただき、その後の宴会の食事も美味しく、吉野の地酒も美味しくたくさんいただきました。
夜にあまり出歩くことは少ないことと、少し遠いので電車の時間を気にしながらの参加でした。もう少し近ければもっと皆さんをお話しができたのですが・・・残念でした。私の時間としてはかなり遅い帰宅となりました!
演目の狂言「宗論(しゅうろん)」のあらすじは、大体こんな感じです。
**********************************************
身延山帰りの法華僧と善光寺帰りの浄土僧が、たまたま道連れになるが、互いに犬猿の仲の宗派と知る。法華僧は浄土僧をまいて宿に逃げ込、浄土僧も追って入り食べ物にこじつけて宗論を始めるが、勝負がつかず。寝入ってしまう。
翌朝、浄土僧がお経を「南無阿弥陀仏」と唱え始めると、法華僧も負けじと「南無妙法蓮華経」と始める。踊念仏、踊題目の張り合いになるうち、念仏と題目を取り違えてしまい…
**********************************************
宗旨争いの愚かしさを滑稽に描いた狂言ということになるかと思います。
狂言-1(20171204).jpg 狂言-2(20171204).jpg 狂言-3(20171204).jpg


◇宴の狂言秀句盛り特製お弁当
狂言-4(20171204).jpg 狂言-5(20171204).jpg


〇おしながき
狂言-6(20171204).jpg


〇それそれの料理が狂言の演目になぞらえて
狂言-7(20171204).jpg


◇気になったお酒
 これは葡萄酒ですが、春日山の山ぶどうで作られた葡萄酒です。
 その他に吉野の地酒もたくさんの種類が・・
狂言-8(20171204).jpg



旅館の特設舞台なので、距離が近い、目の前で行われる、その上に終了後には自由な雑談、裏話も聞ける、宴会にも参加していただき、その時もいろいろな狂言世界のお話しなどをお聞きできるなど特典が一杯でした。(^_^)ニコニコ


★おまけの一枚

猿沢池と興福寺五重塔
狂言-9(20171204).jpg



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

6日(水) 仏滅 [旧暦十月十九日]

【サンタ・クロース・デー】
サンタクロースのモデルとなったニコラス司教の命日。この日は聖ニコラウス祭がおこなわれる。

【シンフォニー記念日】
1914年(大正3年)のこの日、ベルリンから帰国した山田耕筰作曲による初の和製交響曲『かちどきと平和』が帝国劇場で発表された。『さくらさくら』『赤とんぼ』『ペチカ』などの童謡も彼の作曲作品。

【姉の日】
作家の畑田国男氏が1992年(平成4年)に制定。9月6日の「妹の日」と対になる健気で犠牲的精神を持つ日。

【フィンランド独立記念日】
1917年(大正6年)のこの日、P.E.スヴィンヒューヴトらが起草した独立宣言が議会で承認され、ロシア革命時にフィン族が仮政府を樹立。首都はヘルシンキ。

【黄門忌】
水戸徳川家2代藩主、「水戸黄門」こと徳川光圀の命日。享年72。
諸国から学者を招いて『大日本史』の編纂に着手したことで知られる。
名君の誉れ高く、権中納言の唐名から水戸黄門と呼ばれた。彼が没した際、江戸では「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」という狂歌が広まったともいわれている。

nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

「伏見 お城まつり2017」にブラリ! [見学・鑑賞]

昨日(11/19)は本当に寒い一日となりました。冬型と言うこともあり、京都らしいお天気に、そう、冬は晴れていたかと思うとどこからともなく雲が現れて時雨れます。そんな繰り返しの寒い一日となりました。
昨日は今年最後となる電車の定期券を買うためにブラブラと・・・今年も残りが少なくなったと言うことですよね。1ヵ月定期を買うのが今年最後とは!びっくりです。そのついでという訳でもなかったのですが、昨日開かれていた「伏見 お城まつり2017」に足を延ばしてみました。い~や多くの方々でにぎわっていました。イベントの関係者の方と少しお話をしたのですが、その方がしみじみと「昨日の土曜(11/18)でなくてよかったと!」そうでしょうね寒いですが雨が降っていないことは関係者として何よりだったでしょうね(時々、時雨れてはおりましたが!)。
そんなことで、このところ紅葉の話題が続いておりましたので、こちらの話題を取り上げて見ました。その会場でも紅葉が綺麗に色づき、見ている方も今年は色が綺麗と・・皆さんそのように感じておられるようですね。
そのイベントの中で私が気になったのは発掘調査成果でした。そこに展示されていた模型図を見ると何と我が家が建っているところは川のどまんなかではありませんか!。チョッと複雑な気持ちでした西暦1600年前後と大分昔ですがそれでもね! 出土品も近くでメガネを額の上に上げ、ゆっくと説明を聞きながら見させていただきました。
お城まつり-1(20171119).jpg お城まつり-2(20171119).jpg お城まつり-3(20171119).jpg お城まつり-4(20171119).jpg お城まつり-5(20171119).jpg お城まつり-6(20171119).jpg お城まつり-7(20171119).jpg お城まつり-8(20171119).jpg


そんな私の日記のような記録でしたm(_ _)m


「今日は何の日」

20日(月) 赤口 [旧暦十月三日]

【毛皮の日】
(社)日本原毛皮協会(JFA)が毛皮の需要促進キャンペーンの一環として1990年(平成2年)に設定したもので、「11(いい)20(ファー=毛皮)」の語呂合わせと、これからの季節、毛皮が数多くで回ることからこの日となった。

【山梨県民の日】
1871年(明治4年)のこの日、甲府県が山梨県と改称されたのを記念して1986年(昭和61年)3月26日に制定。山梨県内では「県民の日」と呼ぶ。
県獣は、特別天然記念物の(ニホン)カモシカ。

【世界のこどもの日】
1954年(昭和29年)に、国連が制定した国際デー。1959年(昭和34年)のこの日には、国連総会が「子どもの権利宣言」を採択した。

【アフリカ工業化の日】
1989年(平成元年)12月22日に、国連総会が採択した、国際デー。国際社会がアフリカの工業化をすすめるよう、促すもの。
nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

版画「しんすい展」を鑑賞! [見学・鑑賞]

昨日(11/11)は朝方まで雨が降り、雨のおかげで冷え込みはそれほど強くはなかったのですが、昼近くになってから風が強くなりそれともに気温もどんどんと下がってきたように感じます。い~やああ、風が冷たい!
そんな昨日は、妻と二人で、昨日から始まった娘たちの作品展に出かけてみました。京都市立芸術大学 版画専攻3回生によるグループ展「しんすい」とのことで13名の作品展です。
◇名称:しんすい展
◇場所:元・京都市立崇仁小学校(大学の新しい移転先かな)
◇期間:11月11日(土)~23日(木) (月・木休館、ただし、23日は開館)
◇【しんすい展とは】
「しんすい」という言葉には「心酔」「浸水」などの意味があります。
私たちは、普段は他人に見せないような心の中にあるイメージから、作品制作への着想を得ています。自分自身のアイデアに心酔したり、その奥に広がる世界観に浸るような感覚から、『しんすい』というフレーズを結びつけ、本展をしんすい展と名付けました。
『しんすい』することで得られる豊かなイメージを、版画という様々な工程を持った技法によって表現し、自分らしい作品へのアプローチへと繋げています。
パンフレットより
作品展-1(20171111).jpg 作品展-2(20171111).jpg 作品展-3(20171111).jpg 作品展-4(20171111).jpg 作品展-5(20171111).jpg 作品展-6(20171111).jpg 作品展-7(20171111).jpg 作品展-8(20171111).jpg 作品展-9(20171111).jpg


◇13人の共通テーマの作品
作品展-10(20171111).jpg


◇パンフレット
作品展-11(20171111).jpg 作品展-12(20171111).jpg 作品展-13(20171111).jpg


娘は木版画の作品を出展していました。
毎日、夜遅くまで木の板に向かって彫刻刀で掘りホリと、木くずまみれになっていました。
昨日は娘が当番で受付をしておりましたので、陣中見舞いにと、お菓子と使い捨てカイロを持って観賞してきました。
小学校の元の教室での展示で場所的には今一という感じはどうしても・・・


「今日は何の日」

12日(日) 友引 [旧暦九月二十四日]

【洋服記念日】
1872年(明治5年)のこの日「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が発布され、和服礼装が廃止となった。このことを記念して、全日本洋服協同組合連合会が1972年(昭和47年)に制定した。

【皮膚の日】
1995年(平成7年)に日本臨床皮膚科医学会が制定。「11(いい)12(ひふ)」の語呂合わせによる。皮膚病の予防をよびかける行事などが催される。

【心平忌】
『こわれたオルガン』など、蛙を題材とした作品で知られる昭和初期の詩人、草野心平の命日。享年85。
蛙は彼の人生における理念の象徴で、「蛙の詩人」とも呼ばれている。

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 見学・鑑賞 ブログトップ