So-net無料ブログ作成

裸百合とも呼ばれるナツズイセン [花(夏)]

昨日(8/1)もとにかく暑い・暑い、蒸し暑いの連呼です。連続の37°です。みなさんのあいさつが「溶けそう」か「干物なる」のどちらかになってきました。昨日は午後の2時過ぎから雷と共に雨も降ったのでうが。僅か30分足らずで、空気を冷やし、気温を下げるまでに至らず、ただただ、蒸し暑さがアップしただけのようにしか見えませんでした。
8月になりましたね。植物園の花たちも段々と移り変わってきています。このごろはヒガンバナ系の花たちも咲き出してきました。そんな花の一つが、「ナツズイセン(夏水仙) 」ヒガンバナ科です。ヒガンバナと聞くと秋のイメージですよね。
このナツズイセンは、俗に「裸百合」とも呼ばれます。花期に葉がないことからですが、暑いので裸なのかな?何てどうでも言いことを思い浮かべたりしたりして!
ヒガンバナよりも1ヵ月ほど早く咲き、花色はピンクのみのようです。
和名は、葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くことからです。
ナツズイセン-11(20190731).jpg ナツズイセン-12(20190731).jpg ナツズイセン-13(20190731).jpg ナツズイセン-14(20190731).jpg ナツズイセン-15(20190731).jpg ナツズイセン-16(20190731).jpg



今日も埋め草的な内容で申し訳ありません。
ということで、昨日に植物園で見かけた光景も・・・
蝉さん、ほかに近くにいくらでも同じような葉っぱがあるのですが・・・
この葉が人気のようです。
そうそう、植物園ではツクツクボウシの鳴き声を聞きました。蝉の世界も少しずつ季節が進んでいるのかな?
蝉の抜け殻-2(20190801).jpg 蝉の抜け殻(20190801).jpg


◇◇◇◇◇◇◇◇【宣伝】◇◇◇◇◇◇◇◇

******************************************
   「圧力の湊(ミナト)」
京都市立芸術大学&東京藝術大学合同版画展
******************************************

会場:京都・アートゾーン神楽岡
〒606-8311 京都市左京区吉田神楽岡町4
TEL:075-754-0155
開催期間:2019年8月2日(金)~8月11日(日)
     11:00~19:00
     水・木曜日 休館
http://www.artzone-kaguraoka.com

合同版画展(表).jpg 地図(ブログ).jpg




**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」

2日(金) 友引 [旧暦七月二日]

【パンツの日】
1985年(昭和60年)に奈良県の磯貝布帛工業が自社ブランドのパンツ「シルビー802」にちなみ、この日をパンツの日とした。トランクスメーカーのオグランも後に「8(パン)2(ツ)」と語呂合わせして制定。

【学制発布記念日】
1872年(明治5年)のこの日の太政官布告が近代的教育制度の基礎となったことによる。新学制により寺子屋式から小学校へ。

【博多人形の日】
福岡市の郷土玩具、博多人形のすばらしさを再認識してもらおうと生産者組合が中心となって制定。博多人形は1600年頃からつくられはじめたとされる。明治時代にはパリなどの国際的な博覧会で高い評価を受け、日本を代表する人形として世界に知られるようになった。

【青森ねぶた祭】(~8月7日・6日間)
東北の3大祭りのひとつ。大型ねぶたの夜間運行は2~6日。ちなみに、和紙や木、針金で組み上げられる大型ねぶた1台の製作日数は約3ヶ月、制作費は総額で約2千万円とのこと。
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感