So-net無料ブログ作成

日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子? [花(春)]

昨日(4/18)は、おだやかな、暖かなというよりも暑さも感じる安定したお天気の一日となりました。こちら京都では24°超えで夏日になったかもです。
2,3日前は、コートが欲しいと言ってたかと思うと、昨日は日差しが強く、日陰を選んで歩く、帽子が欲しいという極端な気温の変わりようです。昨日の午後の散歩では帽子をかぶりながらの散歩でした。
植物園の花たちも、その咲く花たちがどんどんと移り変わります。早春の花たちが春の花とになり、昨日など初夏に咲く花も咲く出していました。
森林エリアの日陰では、シャガ(射干)の花が盛りをむかえていました。
ご存知でしたか、日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持ち、またその分布の広がりは人為的に行われたと考えることができるそうです。
日本に自生するシャガは三倍体なので種はできません。なので、長い地下茎を伸ばし、その先に芽をつくってふえるので、シャガは同一の遺伝子になるそうです。すごいと思いませんか、日本中のあちらこちらというか、そこらじゅうで咲くシャガ花は、たった1本のシャガが出発だったのかも知れませんね。
シャガの花言葉は、『反抗』『友人が多い』とか。
葉っぱの形が鋭い剣を思わせ、人が踏み入らない日陰に花を咲かせる姿にちなんで、「反抗」という花言葉が付けられました。また、「友人が多い」という花言葉は、種を作らないにもかかわらず、根茎が地下を這ってたくさん花を咲かせる性質が由来となっているそうです。
『友人が多い』というのも面白いですね。

◇シャガ(射干)アヤメ科
シャガ-1(20190418).jpg シャガ-2(20190418).jpg シャガ-3(20190418).jpg シャガ-4(20190418).jpg


★おまけの一枚

昨日(4/18)のキザクラカッパカントリーの庭に咲く、キザクラです。
淡いグリーン色の花びらが、大分、ピンク色に染まってきました。
少女が、色気のある乙女に・・・そんな感じかも知れませんね(^_^)ニコニコ
キザクラ-1(20190418).jpg キザクラ-2(20190418).jpg キザクラ-3(20190418).jpg



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」

19日(金) 大安 [旧暦三月十五日・望]

【乗馬許可記念日】
1871年(明治4年)のこの日、庶民が馬に乗ることが許された。江戸時代は武士以外の者の乗馬は禁じられていた。

【地図の日・最初の一歩の日】
1800年(寛政12年)閏4月19日、伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発した。
豪商伊能家を継ぎ、50歳で隠居後、江戸に出て天文学、暦学、西洋数学などを学び、全国各地を測量し、『大日本沿海興地全図』を完成させた。
その精度は高く、世界に誇れる科学的地図である。
nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感