So-net無料ブログ作成

ミツバツツジが華やかです [花(春)]

昨日(4/17)は、一昨日に比べて、一日の気温差が小さく助かりました。午前中は青空も広がっていたのですが、午後になると雲が厚くなり、今にも雨が落ちてくるかもというような空模様で、夕方には雨がした。娘たち二人は傘をさして帰宅でした。そんな昨日は、作りかけであったゴーヤの棚を何とか完成させました。材料はすべて100円ショップで揃えました。都合、1,300円ほどかかってしまいましたが、それでもま~安くとりあえずは上がったと勝手に自分を納得させております(最近の100円ショップは本当に何でもそろいますね)。

さてさて、そろそろ出さないと時期を失いそうなので登場です。今は、植物園の木々の間で輝いているところがこのミツバツツジの咲いているところです。遠目にも鮮やかな、華やかなピンク色が目に飛び込んできます。
まだ、新緑の少ない時期に花をたくさん咲かせることから山などで大変目立ちます。葉を出す前に 鮮やかなピンク色の花をたくさん咲かせますからそれは森の中でも目立ちます。

◇ミツバツツジ(三葉躑躅)ツツジ科
ミツバツツジ-1(20180411).jpg ミツバツツジ-2(20180411).jpg ミツバツツジ-3(20180411).jpg ミツバツツジ-4(20180411).jpg ミツバツツジ-5(20180411).jpg ミツバツツジ-6(20180411).jpg ミツバツツジ-7(20180416).jpg


枝先に3枚葉を出すのが名の由来
ミツバツツジ-8(20180411).jpg



★おまけの一枚

母の四十九日、納骨が終わり、その後初めて植物園に出かけた時に偶然に見かけたミツバツツジの葉です。
何か、合掌しているように見えてしまいました。
ミツバツツジ-9(20180415).jpg





**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」

18日(木) 仏滅 [旧暦三月十四日]

【発明の日】
現在の特許法のもととなる「専売特許条例」が1885年(明治18年)のこの日に公布されたのを記念し、1954年(昭和29年)に制定。

【よい歯の日】
日本歯科医師会が4月18日の語呂合わせから定めた日。丈夫な歯をいつまでも保ってもらおうとの願いがこめられている。

【三重県民の日】
1876年(明治9年)のこの日、度会(わたらい)県が三重県と併合し、現在の三重県になったことにちなんで1976年(昭和51年)に制定された。

【世界アマチュア無線の日】
1973年(昭和48年)に制定。仕事や金銭上の利益を目的とした運用を禁じられているアマチュア無線は、純粋な趣味でおこなわれる無線通信。

【お香の日】
595年(推古3年)4月、淡路島の一ノ宮に流れ着いた流木を漁師が燃やしたところ、よい香りがしたとの記述が『日本書紀』にあり、また「香」の文字をばらすと「一十八日」になることから、全国薫物線香組合協議会が1992年(平成4年)に制定。
ちなみに戦国武将の織田信長も香木に執着し、正倉院御物の香木「蘭奢待(らんじゃたい)」を削り取っている。

【鎮花(はなしずめ)祭】
奈良・桜井市の大神(おおみわ)神社で行われる、疫病を鎮める祭。神饌として、薬草の百合根や忍冬(すいかずら)が奉納される。国家の大祭として毎年執り行うよう「大宝令」で定められ、また『新拾遺和歌集』にもその名が登場するなど、古くからの由緒をもつ。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感