So-net無料ブログ作成

散っても絵になりますね! [植物]

昨日(10/18)は、この秋の一番の冷え込みだったのかな?。朝の家族のあいさつが「今日は寒い!」でした。そろそろ、出しパなしになっている扇風機の顔も見たくないという状態です←それなら早く片付けをとの声が聞こえてきそうですが!。
朝起きて朝の仕事に行くために着替えたのですが、この格好では寒いかともう一度着替えるという着るものに困る朝の冷え込みでした。昨日は午前中は何とか青空が広がったのですが、午後になると本曇りでいつ雨が降り出してもおかしくないというような空模様です。予報では明るい内は青空も覗いて、夜も遅くなってから雨とのことでしたが・・・ハイ、一応、傘が必要なくらいの雨は暗くなってからでした。
そして今日は昨晩からの雨が朝起きた時には本格的な雨足で家の中からも大きく雨の降る音が聞こえるほど!本当に・本当によく降りますね。こんなに雨が続くのは珍しいのでしょうね。い~や体にカビが生えそうです。

さてさて、今日のタイトルの「散っても絵になりますね!」とは、しばらくの間、良い香りを醸し出していた金木犀の花が、散り始めています。近くの公園では苔(スナゴケ)の上に金木犀の花びら大量に散り、その姿、オレンジ色と苔の緑色のコントラストがとてもきれいで絵のように見えました。そこでカメラと三脚を持ち出して撮影でした。しゃがんで撮影していると、小さな子が「何しているの?」不思議そうにのぞき込みます。散ったお花の撮影やで! 綺麗だろうというと、「あ~本当に綺麗!」と一緒にしゃがんでのぞき込んでくれました。
そんな金木犀の花びらと苔です。
金木犀と苔-1(20171018).jpg 金木犀と苔-2(20171018).jpg 金木犀と苔-3(20171018).jpg 金木犀と苔-4(20171018).jpg 金木犀と苔-5(20171018).jpg


こんな、近くで撮影した話題で失礼しました!


「今日は何の日」

19日(木) 先勝 [旧暦八月三十九日]
【晩翠忌】
『荒城の月』の作詞で知られる、詩人で英文学者の土井晩翠(ばんすい)の命日。

【日ソ国交回復の日】
1956年(昭和31年)のこの日、クレムリンにて「日ソ共同宣言」の調印がブルガーニン首相と鳩山一郎首相らにより行われた。これにより外交関係が回復。

【ブラックマンデー】
1987年(昭和62年)のこの日(月曜日)、ニューヨーク株式市場を皮切りに、各国の株式市場にて株価が暴落、空前の下落率を記録した。

【べったら市】(~20日)
東京・日本橋に所在する恵比須神社の市。大伝馬町で大根を麹に漬けたべったら漬の市が多く見られる。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

アケビが美味しそうです! [植物]

昨日(10/13)は、朝からほとんど気温が上がらず、最高気温も20℃に達したかどうかという気温!。この乱暴な気温の下がり方には体が悲鳴を上げています。雨も降るのか降らないのかはっきりとしない一日に! 雨が落ちてきたかと思うと止み、止んだかと思うとまた降り出すを繰り返す一日となりました。
そんな昨日は歯医者に歯石取りの定期検診でした。ハイ、雨男ぶりは見事に発揮でした。歯医者さんまでは歩いて行くのですが、行きも帰りもしっかりと傘を差してでした。私が出かける前は、降ったり止んだりだったのですが、私が出かけると降ったり、降ったりでした。ま~救いは雨が強くなかったと言うことですね。
そして歯の定期検診も昨日で今回分は終わりでした。先生からは、「よく研けています、これからもこの調子で!」といわれました。次回の定期検診は2月頃においでくださいと言われました。受付でお金を支払うときも、受付の女性から次は2月においでくださいと言われましたので、帰りがけに「良いお年を!」と言って歯医者さんを後にしました。い~やああ、もう来年の話が出る時期と改めて時の進みの速さを感じた次第です。

さてさて、今日のタイトルの「アケビが美味しそうです!」ですが、植物園のアケビの実が割れて美味しそうになってきました。残念ながら植物園のアケビなので食べる訳にはいきませんが!よだれが出そうになりました。
子供の頃にはよく山の中で見つけて食べたものです。実の中の種の周りの白いところが甘くておいしい!。そのアケビが生っているところは仲間内で秘密にしていました。出来るだけ独占できるようにと! 
そんな、アケビの実の実際の甘さよりも、甘い懐かしい思い出が詰まったアケビの実です。私が山で取ったアケビはこんなに大きくはありませんでしたが!
この植物園のアケビは「ミツバアケビ」という種類で実が大きいようです。
皆さん、アケビ食べたことありますか? 大昔の子供、昔の子供さん方は食べたことのあるかたが多いのでは?
ミツバアケビ-4(20171010).jpg ミツバアケビ-5(20171010).jpg ミツバアケビ-7(20171013).jpg ミツバアケビ-8(20171013).jpg


失礼しましたm(_ _)m


すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
ミツハアケビ

アケビ


「今日は何の日」

14日(土) 友引 [旧暦八月二十五日]
【PTA結成の日】
1952年(昭和27年)にPTAの全国組織である「日本父母と先生の会全国協議会」(現在の日本PTA全国協議会)が結成された。

【鉄道の日】
1872年(明治5年) 9月12日(新暦では10月14日)に日本で初めての鉄道が新橋~横浜(現在の桜木町駅)間で開業したことを記念し、1922年(大正11年)に日本国有鉄道が制定した。

【長嶋選手引退の日】
1974年(昭和49年)のこの日、「ミスタージャイアンツ」と呼ばれる長嶋茂雄選手が引退した。後楽園球場での中日戦の後にセレモニーが行われ、「私は今日引退しますが、わが巨人軍は永久に不滅です」の名台詞も。
38歳であった。
nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

赤と白!? [植物]

昨日(10/11)も、気温が高すぎます。朝からどんどんと気温が上がり、外の空気が暑い!。たぶん、昨日も真夏日近くまでは上がったのではないでしょうか?(30℃だったようです)。この連日の10月に入っての連日の真夏日で、何か体調が・・・疲れが溜まりまくっているようです。私が仕事に使っているパソコン前においてある温度計は31℃を表示でした。この時期の31℃の部屋の気温はたまりません。そんな疲れが溜まっていたのか、真夏には時々、昼寝をすることがあるのですが、普通は10月には昼寝はしないのですが、昨日は体が真夏と勘違いしたのか眠気が襲い、昼寝をしてしまいました。体が要求していたのでしょうね、溜まった体の疲れを体が要求と言うことですね。ということでその要求に従い昼寝を・・・普段は昼寝も15~20分ほどで目覚めるのですが、昨日は40分ほど昼寝をしてしまいました。それだけ疲れが溜まっていたのか、歳をとって体力が減ったのか? ま~その両方でしょうが!。
この暑さも今日までのようで、明日には一気に下がるようですね。それも体の方が反応しきれるか心配になります。友達が北海道の名寄市に住んでいるのですが、今日の最低気温の予想がマイナス1℃とのことでした。北海道ではそろそろ、平地でも雪の便りがという時期なのでしょうか?。

さてさて、今日のタイトルの「赤と白」ですが、植物園でウメモドキの白い実を初めて見ましたのその紹介です。ウメモドキの実は普通は赤なのですが!白色はこうした普通のウメモドキの変種なのでしょね。ま~紅白でめでたいのでご紹介ということで!

◇赤い実のウメモドキ、モチノキ科
ウメモドキ-1(20170805).jpg ウメモドキ-7(20171002).jpg ウメモドキ-9(20171002).jpg



◇白い実のシロウメモドキ、モチノキ科
シロウメモドキ-1(20171011).jpg シロウメモドキ-2(20171011).jpg シロウメモドキ-4(20171011).jpg


ハイ、ただ紅白だからということでの登場でした。
白色のウメモドキは私は今まで見たことがありませんでしたし、珍しいなものかな?と思っています。

すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
 〇ウメモドキ 
 〇シロウメモドキ 


追伸:今日は朝の仕事の帰りに、おばあちゃん(義母)のところに寄り、先日、雨とまだ青かったことから中断した柿取りの続きをしてくる予定です。
柿、どんな状態になっているかな?



「今日は何の日」

12日(木) 赤口 [旧暦八月二十三日]
【コロンブス・デー】
1492年のこの日、サンタマリア号で航海中のコロンブスが新体陸を「発見」、サン・サルバドル(聖救世主の島)と名づけたことにちなむ。アメリカでは州によって「ディスカバリー・デー」「ランディング・デー」等としているところも多く、10月第2月曜日と決めているところもある。

【芭蕉忌、桃青忌、時雨忌】
『おくのほそ道』などで知られる江戸時代の俳人、松尾芭蕉の命日。大阪の句会で食中毒になった彼は「旅に病んで夢は枯れ野を駆けめぐる」の一句を残して51歳の生涯を終えた。
墓は生前の芭蕉の希望により、彼が思いを寄せていた源平時代の悲劇の武将、木曾(源)義仲が眠る滋賀県大津市の義仲(ぎちゅう)寺にある。
nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

「イチゴ」を冠する植物! [植物]

昨日(10/6)は、私が出かける早朝はまだ雨が降っていませんでしたが、しばらくすると雨が落ちてきて、お昼ごろには本格的な雨足に! その後も雨が強くなったり弱くなったりを繰り返しながらもほぼ雨の一日になりました。それに気温が上がりません。ほとんど朝の気温が横ばい状態かな?寒いと感じました。
そんな昨日の午後は、雨の中を歯医者さんの定期検診のケアに! 昨日は歯石取でした。もう一回で終わるかな?
その歯医者さんへ行くときの出来事です。歯医者さんの少し手前の信号を渡ったところで前を親子(母親と成人の息子)が話をしながら歩いています。しばらくは、その親子の後ろをついて歩いていたのですが、話ながらなので歩みが遅い。歯医者さんの少し手前で歩みが遅いので抜き歯医者さんの入り口に向かいました。そして、ドアを開けようとしたときに振り向くとその親子が後ろに・・・あ~すみません抜かしてしまいました。私が先に診察券を出したので当然に私に診察が先に!。その親子が歯医者さんに行くことを知っておれば抜かさなかったのですが!。 治療が終わって帰るときにもすみませんお先にとm(_ _)m

さてさて、本日のテーマの【「イチゴ」を冠する植物!】ですが、最近、植物園で見つけたイチゴという名のついた植物の紹介です。それが「フユイチゴ」と「イチゴノキ」です。
話題が無いのでこんなことで失礼します。

◇フユイチゴ(冬苺)
実は、いわゆる木苺の形で、食用となり、木苺としては旨い方と言われています。多くの木苺類は夏に熟しますが、フユイチゴは冬に熟することが和名の由来とのことです。
美味しいのか食べてみたい!
名称:フユイチゴ(冬苺)
科:バラ科
フユイチゴ-1(20171005).jpg フユイチゴ-3(20171005).jpg フユイチゴ-5(20171005).jpg


◇イチゴノキ(苺の木)
イチゴノキは、果物のイチゴのような果実をつけることから、この名で呼ばれますが、バラ科のイチゴではなく、ツツジ科に属する常緑の木本植物です。
名称:イチゴノキ(苺の木)
科:ツツジ科
開花と同じ頃、昨年の花の果実が熟すことから、花と果実が同時に見られるという不思議な木です。
こちらの果実は、「果実は食べられますが、ほとんど味がありません。」とありました。残念!
イチゴノキ-5(20171004).jpg イチゴノキ-6(20171004).jpg イチゴノキ-7(20171004).jpg イチゴノキ-9(20171004).jpg



どちらも詳しくは【すーさんの「撮植(さつしょく)日記」】でご確認していただけると幸いです(宣伝でした!)。

フユイチゴ(冬苺)

イチゴノキ(苺の木)

失礼しました。
今日は、雨が上がったら、おばあちゃん(義母)のところの柿もぎの予定です。
まだ、色づきが悪いようですが、色づく前に柔らかくなってきているようなので収穫する予定です。
雨が早めに上がってくれないと・・・



「今日は何の日」

7日(土) 先勝 [旧暦八月十八日]
【ミステリー記念日】
1849年のこの日、『黒猫』などで知られる小説家のエドガー・アラン・ポーが亡くなった。1809年1月19日、ボストン生まれ。

【長崎くんち】(~9日)
長崎市・諏訪神社の秋季例祭。諏訪神社の氏子にあたる長崎市内の各町が、“だしもの”と呼ばれるさまざまな演目を奉納する。
長崎くんちの“くんち”の語源は、旧暦9月9日の重陽を祝う中国の風習が伝わり、9日(くにち)をくんちと読んで祭礼日の意味としたとする説が一般的である。

【土の日】(10月第1土曜日)
土に親しみ、人間性を大切にするという目的でイベントが催される。
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

むかごは植物の栄養繁殖器官! [植物]

昨日(10/1)は午前中は青空も広がりましたが午後のいなると雲が広がり、遅くなるにつれて段だと雲が厚くなりました。今日が雨の予報なので昨日は段々と下り坂という感じでした。そして今週はどうやらお日様マークがほとんどなく、気温も水曜あたりからぐっと下がる予報です。10月になり、秋も本格的になるのか?。
さて秋といえば実りの秋ですよね。ということで我が家で育てているというか、勝手に育っているヤマノイモにむかご(零余子)が大きく育ったことから収穫をしました。
そして収穫したむかごを塩ゆでにしてお酒のあてにして美味しくいただきました。
このヤマノイモのむかご(零余子)の実は、つるにくっついているけど、実や種ではないそうです。ご存知でしたか?。では何に???となりますよね。
むかごは、茎の一部が丸く太ってできたものなのだそうです。これは、土の中にある芋ができるのと同じ仕組みとのことです。だから、芋と同じように芽を出すことができるし、味が似ていておいしく食べることができるという訳です。
むかごは地面に落ちると翌年の春に芽を出して、ヤマノイモとして育ちます。つまり、自分たちが増えるためのものです。ということで、勝手に落ちたこのむかごが翌年に芽をだして、勝手にどんどんと増殖している我が家の庭でもあります。
でも、ヤマノイモにも目立ちませんが小さな花が咲き小さな小さなゴマのような黒い種ができます。では、あれの役割は?
そうヤマノイモは種でも増えますが、軽くてあまり養分を持っていません。だから、むかごに比べると成長が少し遅い。その代わり、風に飛ばされて遠くで芽を出すことができます。むかごは植物の栄養繁殖器官ということになります。それぞれ特徴があるということのようです。うまくできていますね。
ムカゴ-1(20170930).jpg ムカゴ-2(20170930).jpg ムカゴ-3(20170930).jpg ムカゴ-4(20170930).jpg ムカゴ-5(20170930).jpg ムカゴ-6(20170930).jpg


◇塩ゆでしたむかご
 大変美味しくいただきました( ^_^)/□☆□\(^_^ )
ムカゴ-7(20170930).jpg ムカゴ-8(20170930).jpg


自分の知識の無さを世間に披露したような話題でしたm(_ _)m




★おまけの一枚

むかごを収穫し終えて玄関先まで戻って来た時に何やら首筋がモゾモゾとします。何だろうと手をあてると何とこんな大きなカマキリが帽子におりました。
大分、ゴソゴソとしたのでいつの間にか乗っかったようです。
ムカゴ-9(20170930).jpg



「今日は何の日」

2日(月) 友引 [旧暦八月十三日]
【豆腐の日】
「10(とう)2(ふ)」の語呂合わせから制定。季節を問わず様々な料理でおいしく食べられ、栄養豊富な豆腐をもっとPRしようと豆腐の製造業らが中心となって設けられた日。

【望遠鏡の日】
1608年にオランダのリッペルスハイが望遠鏡の製作販売を始めたことによる。特許申請したとか。

【宗鑑忌】
室町・戦国時代の連歌師・俳人、山崎宗鑑の命日。俳諧の祖として知られる。壮年を過ぎて隠遁生活に入って西国各地を行脚、飄逸洒脱な俳諧連歌を作り上げた。

【世界ハビタット・デー】(10月第1月曜日)
都市化や都市の貧困化、住居の普及、生活環境の問題に取り組むためのイベントが催される。国連が制定。
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

クサギ(臭木) [植物]

昨日(9/22)2,3日前の天気予報では晴れで一昨日の予報では曇りとのことでしたが、昨日の朝の予報では午後も遅くなって雨の確率が60%だったのですが、午前中から雨が・・・ハイ、朝の仕事の帰りにはしっかりと雨にあいました。い~やああ、それに気温が上がりません、25℃に達しなかったのでは?半袖では寒いくらいの気温です。
昨日はレンタルしている音楽CDを散歩がてら返却にと思っていたのですが、この雨で中止に・・返却期限が今日に迫っているので、早朝に返却しなくてはなりません。今日はおばあちゃん(義母)の家の庭の草取りが予定されていることから朝から出かける予定です。おばあちゃんからはもう草ぼうぼうとの悲鳴も出ていますので!

そんなことでブログのネタはまたまた植物園の話題です。クサギ(臭木)という木を定点観察していましてやっと実が紫色に輝きだしましたのそのクサギの登場ということです。

クサギ(臭木)は、日当たりのよい原野などによく見られるシソ科の落葉小高木となります。我が家の近くでもたくさん見かけます。
葉を触ると、一種異様な臭いがするのがこの名の由来ですが、何とも可愛そうですよね。
木や葉の薬品臭から臭木の名がつきましたが、花自体はとっても甘い香り。
花は8月頃咲き、花びらは萼から長く突き出してその先で開きます。雄しべ、雌しべはその中からさらに突き出します。花弁は白、がくははじめ緑色でしだいに赤くなり、甘い香りがあります。果は丸く、熟すと碧色と綺麗な色になります。
名前はクサギとかわいそうですが、何とも素敵な実ですよね。

クサギ-3(20170706).jpg
2017年7月6日撮影


クサギ-4(20170725).jpg
2017年7月25日撮影


クサギ-5(20170817).jpg
2017年8月17日撮影
雄しべ、雌しべの長さが特徴的で綺麗


クサギ-7(20170919).jpg
2017年9月19日撮影


クサギ-8(20170919).jpg
2017年9月19日撮影
この実の色合いが何ともいいですよね


クサギ-10(20170922).jpg
2017年9月22日撮影


クサギ-11(20170922).jpg
2017年9月22日撮影




定点観察は実に面白いです!
こんな内容で失礼しました。

お墓参りにも行けるかな?


「今日は何の日」

23日(土) 大安 [旧暦八月四日]
【秋分】
24節気のひとつ。昼と夜の長さがほぼ同じになる日。春分と同じように太陽が真西に沈む。祝日としての秋分は「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」である。天文学的には太陽が黄径180度の点を通過する日。

【彼岸】(秋分の日と同日)
雑節のひとつ。秋分を中日とした前後各3日間、計7日間。

【愛馬の日】(秋分の日と同日)
日本中央競馬会(JRA)、馬事公苑が、乗馬への関心を高めてもらおうと設けたもので、動物愛護週間中の祝日、秋分の日をそれに当てている。
  
【テニスの日】(秋分の日と同日)
1998年(平成10年)に日本テニス振興協議会が「秋分」を「テニスの日」に制定。テニスの楽しさをアピールする日。プロ選手を招いてイベントを行うクラブも。
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

梶の木の果実が美味しそう! [植物]

昨日(9/11)は、いつ雨が降り出すかと心配しながら一日空を見上げていた一日でした。どんよりとした曇り空で湿度が高めなために気温以上に蒸し暑く感じた一日でもありました。雨はこちらでは日が変わった夜中から降り出したようです。
そんな昨日も空を見上げながらも植物園を抜け道として利用して通り抜けました。そんな園内で地面に大量に何やら落ちています。見上げると以前に観察をしていた梶の木(カジノキ)の熟れた果実です。
梶の木は、本州中南部から九州にかけて自生するクワの仲間となります。同類のコウゾ、ヒメコウゾとともに樹皮が和紙や縄、布等の材料になるため各地で栽培され、後に各地で野生化したと言われています。
梶の木は雌雄別株であり、雌株にできるこの実は熟すと真紅になり、甘味があっておいしいそうです。

カジノキ-1(20170722).jpg
カジノキ-2(20170722).jpg
撮影:2017年7月22日 京都府立植物園にて


カジノキ-3(20170901).jpg
撮影:2017年9月1日 京都府立植物園にて




◇この果実が昨日(9/11)に撮影したものです。
球状の集合果の中で種子が育ち、熟すしそれぞれ橙色の「肉質の柄」が飛び出してきたものです。
種子は柄の中ではなく 先に付いています。先端の色の濃い部分に種が・・
今度、綺麗なものが落ちていたら少しだけ味わってみようかな(^_^)ニコニコ
何となくアップで見ると気持ち悪いという意見もありそうですが!
カジノキ-5(20170911).jpg カジノキ-6(20170911).jpg



今日は朝の仕事が終わってから年に一度の「特定健康診査」というものを受診予定です。
毎年ことながら採血が今から怖い臆病な私でした。いつも看護師さんに血管が細く、血液が出にくいので慎重にとお願いし、採血中は横を向いています。
昨年よりも数値が悪くないことを祈るばかりです。毎年、ギリギリの線上をウロウロとしている値なので、血圧と血糖値が・・・



★おまけの一枚

ヨーロッパに美術研修旅行に行っている次女から
***************************************
ベネチアの写真です!今日は1日雨でした。
せっかくなのでピザとスパゲッティを食べました。
***************************************
とメールが
美術研修旅行-1(20170911).jpg 美術研修旅行-2(20170911).jpg

もう、そろそろイタリアを出発して帰路に・・・長いようで短い2週間の美術研修旅行と思っているかも?



「今日は何の日」

12日(火) 仏滅 [旧暦七月二十二日]
【水路記念日】
1871年(明治4年)の旧暦7月28日(太陽暦9月12日)、海上保安庁海洋情報部の前身にあたる兵部省海軍部水路局が、東京・築地の兵学寮内に 設置されたことを記念して、海上保安庁が制定。

【宇宙の日】
国際宇宙年であった1992年(平成4年)のこの日、スペースシャトル計画では日本人初の宇宙飛行士である毛利衛さんがスペースシャトル「エンデバー号」に乗って宇宙へ出発した。宇宙開発事業団などにより記念事業がおこなわれる。

【マラソンの日】
紀元前490年、ペルシャの大軍がアテネを襲いマラトンに上陸したが、アテネの名将ミルティアデスの奇策でこれを撃退。フェイディッピデスという兵士が伝令となってアテネの城門まで走りついき、アテネの勝利を告げたまま絶命したといわれる日。

nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

パパイヤも大分大きく(植物園の定点観察!) [植物]

昨日(9/9)は、午前中は何ともさわやかな青空が広がりました。朝の気温は涼しさを感じるほど下がりましたが、その後はどんどんと気温は上がります。こちら京都では30℃超えになったようです。でも、湿度が低いことから日陰は何ともさわやかです。そんなさわやかな日陰を求めて午前中はまたまた、植物園の森の中をカメラ片手にウロウロと、木陰が何とも、何ともさわやかです。問題は木陰で涼んでいると蚊の襲撃を受けることです。かゆみ止めが必要ですね。
午前中に植物園に行くと、同じような人たちに遭遇です、ハイ、私も完全にその中のひとりですが、準高齢者(最近はこんな風に呼ぶそうですね)と高齢者で帽子を被りカメラを首から下げたり、三脚につけたりしたおじさんたちです。そのカメラも高級なデジタル一眼レフカメラと豪華なレンズを装着したおじさんたちです。高級カメラ豪華なレンズというところが私と大きく違いますが・・・他の人から見たら私もその一団の仲間に見えるでしょうね。こうした中におばさんが少ない、女性たちはひとりではなく何人かのグループで来られることが多い、写真教室の仲間たちという感じなのでしょうか?。男性は一匹狼が多い!
そんな人間ウオッチングはどうでもいいですが・・・でも、そんな方々を見ながらその方々の人生などをを勝手に想像するのも結構面白いです。
 さてさて、本日のタイトルの「パパイヤ」ですが、植物園でも何か所かにパパイヤの木(?)が植えられており、実が生っております。
そのパパイヤを時々遠回りして観察をしているのですが、大分大きくなりました。
昨日はこのパパイヤの実を見ていると後から来た人がこの実は食べられるのかな?誰が食べるのかな?と・・・ですよね。誰が食べつのかかな?と思いますよね。これは想像ですが、植物園に多くの方がたぶんボランティアで手入れ作業に来られています。そんな方々で分けるのかなと! それならこの実もうれしいでしょうね。
そうそう、植物園ではゴーヤの実もたくさん生っており、昨日はおじさん二人が、近くで作業していた職員さんに「もらって帰ってもいいですか?」とお聞きしていました。その職員さんは「植物園のものは持ち出し禁止なので」と!ま~一人に許すととんでもないことになることは明らかですよね。でも、大きく育ったゴーヤが黄色くなりはじけているものが本当にたくさんありましたので・・・確かにもったいないです。

何か話がそれてしまいましたがパパイヤに戻します。
パパイアは、パパイア科でメキシコ南部から西インド諸島を原産とする常緑小高木(草本性)です。16世紀初めにヨーロッパ人に発見されました。多くの熱帯の国々で栽培されており、日本では、沖縄などで人家の庭に自生しています。花は茎の先端近く、葉の下側に出ます。通常は雌雄異株で、雄花は長い花序になって垂れ下がります。花は黄緑色で目立ちません。
パパイヤは生育が非常に早く、年間を通じて収穫できるので、熱帯各地で多く栽培されています。品種は雌雄異株の系統と、両性花をつけ1本だけでも結実する系統に分けられます。植物園のパパイヤはこの両性花をつけるタイプだと思います。
果実は幹の上部につき、乳臭いような特有の香りがあります。開花後半年ほど経過して、果実が黄色く色づいたら収穫です。
と解説がありました。
食べ方としては、黄色く熟したものを、種は取り除いて、周りの果肉を食べます。甘さが強く独特の癖があるので、レモン汁をかけて、酸味を加える場合もあるとか。また、細く切って乾燥させ、ドライフルーツに!台湾(特に高雄)では、牛乳と果肉をミキサーにかけて混ぜた、パパイア牛乳が名物となっており、紙パック入りの商品もあるとか。香港には黄色く熟れた実の先端をくりぬいて、壷状にし、スープを入れて蒸す料理も。
食べる以外にどんな利用法があるのか検索してみると
◇食品添加物として
未熟果に多く含まれるタンパク質分解酵素のパパインは、食肉軟化剤や消化促進剤として広く用いられている。
◇洗顔料として
パパイアの実を切ったときに出る白い液体(パパイン酵素)を粉状にし、精製したものを洗顔料として使う。強い洗浄力があり、ニキビに悩む女性たちに人気がある。
◇軟膏剤として
パパイン酵素は消毒作用があり、肌の傷、やけど、アザ、カサ付き、ひび割れ、アトピー、日焼け後のケア、肌荒れ、虫さされ、ニキビ等などに効き、リップバームや軟膏剤として使用されている。

と出てきました。そうなんだと思ったというだけですが


パパイヤ-10(20170909).jpg
常緑小高木に分類されますが、切ったりするとすぐに腐ることから草本に分類されることも


パパイヤ-2(20170802).jpg
パパイヤの花


パパイヤ-6(20170804).jpg
小さな実の姿も


パパイヤ-8(20170804).jpg
8月4日


パパイヤ-9(20170817).jpg
8月17日


パパイヤ-11(20170828).jpg
8月28日


パパイヤ-12(20170909).jpg
9月9日



失礼しました。


「今日は何の日」

10日(日) 友引 [旧暦七月二十日]
【屋外広告の日】
1973年(昭和48年)のこの日、屋外広告法が国会を通過したことを記念して、社団法人全日本屋外広告業団体連合会が1974年(昭和49年)に制定。

【車点検の日】
兵庫県自動車整備振興会が自動車整備の大切さをアピールし、交通安全につなげようと設けた日。9月10日なのは、車のク(9)と点検のテン(10)を合わせたから。

【全国下水道促進デー】
1961年(昭和36年)に建設省(現在の国土交通省)が下水道の整備促進のPRのためにと、制定。この日を中心とする前後の1週間に各種イベントが行われる。この日が選ばれた由来は、浸水が発生しやすい台風シーズンの二百二十日にちなんだため。下水道が普及した当初は、浸水を防ぐことが重要な課題であった。

【知的障害者愛護デー】
知的障害者への支援対策の強化をねらい、日本知的障害福祉連盟が1964年(昭和39年)に制定。

【WHO世界自殺予防デー】
推計で2020年には150万人が死亡するともいわれる自殺に対し、世界的なアクションを起こして関心を喚起するために制定された。

【去来忌】
『去来抄』を著した蕉門十哲の一人である俳人、向井去来の命日。生まれは長崎で、長崎街道には句碑「芒塚(すすきづか)」が建てられている。
晩年は京都嵯峨の「落柿舎(らくししゃ)」と称する草庵で蕉風を守り、京都俳壇に重きをなした。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

フウセンカズラの種をゲット! [植物]

昨日(8/30)の暑さは一昨日の暑さに比べれば随分と優しい暑さでした。そんな一昨日との比較なんて何の意味もありませんが、でも、少し涼しいだけで嬉しくなるから不思議ですね。
昨日は下の娘の下請けの作品の撮影やプリントアウトに手間取り何となく散歩の機会を失いました。
ということでまたまた、フウセンカズラの話題です。
実は昨日も植物園に寄り道をして、ウロウロしているとフウセンカズラのあるところに!種が落ちていないかなと見まわすと茶色くなった袋状の果実が地面に、本当はだめなのですがその1つを開けて種が入っているのを確認して一袋分の3粒をいただいてきました。m(_ _)m
ということで可愛い黒地に白いハート模様の入った丸いタネいや猿の顔かな?の登場です。
このいただいてきた(勝手に)種を来年に植えてみたいと思います。(^_^)ニコニコ
フウセンカズラ-4(20170727).jpg フウセンカズラ-9(20170830).jpg フウセンカズラ-10(20170830).jpg フウセンカズラ-11(20170830).jpg
種の直径は3.5mmほどでした


い~やああ、今日で8月も終わりで明日からは9月ですね。
早くこの暑さから解放されたいです。
かなり、夏バテ気味です。午後の散歩の気力がありません。
嬉しいことに今朝は涼しい、いや、タオルケット一枚で寝ていると寒いくらいに感じました(^_^)ニコニコ

こんな無免許運転容疑の女性をだれが責めることが出来るだろか?
そんなニュースが新聞に掲載されていました。そのニュースとは
**********************************************************
京都府北部の山あいに住む70代の女性が無免許運転容疑で今春、逮捕、起訴された。免許を取ったことがないのに12年前、自家用車を買い、運転を続けてきた。車いすの母親を、数百メートル離れたバス停に送り迎えすることが体力的に難しくなったのがきっかけだった。
女性の家は、山あいに点在する集落の一角にある。周囲にはコンビニどころか自販機もない。
 12年前は、90代だった母と二人で暮らしていた。母は街の病院に毎週行かなければならない。しかし自分も既に60代。数百メートル離れたバス停への坂を、足が悪い母を乗せた車いすを押して上り下りするのが、次第にしんどくなっていった。
 「せめてバス停まで車があれば……」。悩んだ末、車の販売店に飛び込んだ。30代の頃、教習所に通ったことがある。
 「自分は悪いことをしている」。そう思いながら、「自宅とバス停の間を母を送り迎えする時だけ」と決めての運転だった。事故だけは起こせない。細心の注意を払った。訪ねてきた親戚と車で出かけるときも「運転して」と頼んだ。誰も自分が無免許だとは知らなかった。
 車に乗り始めて2年後、母が亡くなったが、今度は自分が高血圧や神経痛で病院に通わねばならなくなっていた。街に出るバスは週3日だけの運行で、タクシーだと往復5、6千円かかる。「通院のときだけ」と誓って、週に数回、病院や整体に車で赴いた。
 無免許運転の発覚は突然だった。今年4月の朝、いつものように病院に向かう途中、信号待ちをしていたところに、車が突っ込んできた。双方にけがはなかったが、駆けつけた警察官に免許証の提示を求められた。
 「こんなことを続けたらダメだとわかっていました。きっと天罰が下ったんです」。取材に対し、女性は自宅の板張りの玄関に正座し、涙を流して語った。12年間の走行距離は2万キロ台。遊びに使ったことは一度もない。
 「誰も頼る人がいなかった。車があるだけで安心できた」と繰り返した女性。逮捕翌日、釈放されるとすぐ車を処分した。9月には公判が控えている。今、出かけることはめっきり減った。
**********************************************************
というものです。
 人口が少ない地域では、公共交通の手段がないか、あっても限られることが多い。車は、とりわけ体力が弱ったお年寄りにとって、生活に不可欠な存在なのです。
免許を高齢者となったら返納せよといわれても、それは中々簡単なことではありませんよね。
確かに無免許で運転することはいけません。ただ。その一言で済まされることでもない気がします。
わが故郷の91歳の両親ともうすぐ70歳をむかえる兄貴の3人暮らし、車が無くては生活がままなりません。とても兄貴に免許を返納せよなどの無責任なことは言えません。
いえいえ、決して無免許を容認しているという訳ではありません、念のため!
何となく、田舎の両親と兄貴の顔が頭に浮かんだので取り上げてみました。


「今日は何の日」

31日(木) 仏滅 [旧暦七月十日]
【野菜の日】
1983年(昭和58年)に全国青果商業協同組合連合会が野菜の栄養価やおいしさを見直してもらおうと、「8(や)31(さい)」の語呂合わせから制定された。
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

オオバミズオジギソウ [植物]

昨日(8/28)の暑さはひところの勢いがさすがに無くなってきたのかな?と!。夜と朝方は昨日の段階ですが完全に勢いがなくなりました。また、復活と言うことも当然あり得ますが・・・
そうそう、昨日の朝の電車には私立の小学生たちが夏休みが終わり登場です。休み明けの電車の中は小学生のテンションが久しぶりの友達と会ったことから高い、高すぎます。ワイワイといっていないでどんどんと電車に乗れ、乗ったら奥まで入れと、電車の発車が遅れます。午前の仕事を終えて11時過ぎに電車に乗るとまたまた同じ小学生と乗り合わせてしまいました。夏休み明けの初日だから午前中だったかと!やれやれでした。
さて、話題も無いことから先日取り上げた修理帰りの柱時計を取り上げてみます。
時計の傾きを何度も何度も調整しながらやっと何とか丸一日止まらずに動いております。何とか時計さんの気に入った角度になったのかも知れませんね。もうしばらくはこのまま様子見ということで・・・しかしながら、時報は無茶苦茶のままです、勝手に鳴ったり、鳴らなかったを繰り返しております。もう、ここは時計さんの好きにさせようかとも思っています。そのうちに欲が出るかも知れませんが(やはり時報も何とかとか!)・・・そんな柱時計さんのその後の様子でした。

さてさて、本日のタイトルの「オオバミズオジギソウ(大葉水お辞儀草)」はこれまた、京都府立植物園で見かけたものです。
南アフリカ原産の水生植物で、浮遊しながら、水面を這うように生育する多年草です。灰青色をした葉は、羽状複葉で互生します。ミズオジギソウに似ていますが花の形状が異なることから別属としてあつかわれるそうです。花はマメ科特有の形状をしており、黄色でよく目立ちます。
葉に触れるとオジギソウのようにゆっくりと閉じますと書かれていたので近くにいた女性の方と一緒に手を伸ばしてみました。
葉に触ってみましたが、動かないのではないかと思えましたが、大分遅れてゆっくりと閉じていきました。これには一緒に見ていた二人ずれのご婦人方も大喜びです。もう、動いた動いたと大騒ぎでした。そんな騒ぎを聞きつけて5,6人の方がのぞみ込み来ました。何か、みんなで盛り上がりました。

オオバミズオジギソウ-1(20170827).jpg オオバミズオジギソウ-2(20170827).jpg オオバミズオジギソウ-3(20170827).jpg オオバミズオジギソウ-4(20170827).jpg オオバミズオジギソウ-5(20170827).jpg

撮影:2017年7月18日 京都府立植物園にて


★おまけの一枚

昨日は日が良かったのかな、それとも前撮りかな?
植物園でこんな撮影風景を何組も見かけました。
結婚記念写真.jpg

はい、それだけのことですが・・・

「今日は何の日」
29日(火) 友引 [旧暦七月八日]
【文化財保護法施行記念日】
1950年(昭和25年)のこの日、国宝・重要文化財などを保護するための基本となる法律、文化財保護法が施行された。これを記念して1951年(昭和26年)に制定された。

【秋田県・県の記念日】
1871年(明治4年)の廃藩置県の際に、秋田、亀田、矢島、岩崎、本荘の5県と、鹿角郡をあわせて秋田県が設置された。この日を太陽暦であらわすと8月29日にあたるため、1965年(昭和40年)に秋田県が制定。

【全国ヤキニクの日】
1993年(平成5年)のこの日、「8(ヤキ)29(ニク)」の語呂合わせから全国焼肉協会によって制定された。
ところで、焼肉店でよく目にする無煙ロースターは、名古屋のメーカー「シンポ」が1980年に開発したもの。この発明によって服に煙の臭いがつきにくくなり、女性客も気軽に焼肉を楽しめるようになった。
nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感