So-net無料ブログ作成
検索選択
見学・鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

さつき展と外食! [見学・鑑賞]

昨日(5/22)は朝から暑いです。もちろん昼からも夕方も暑いです。暑すぎます。
そんな昨日は妻と京都府立植物園で妻と待ち合わせ! 私は午前中の仕事が終えてから、このところ話題にしている年間入園パスで追いかけて入りました。
妻の目的は花の写生、私は植物園をウロウロしながら花などの撮影です。植物園で写生をしている方が何人もおられるのですが、日焼け対策がすごい、日焼け止めに全身を覆っています。それ、熱中症が心配になる格好でもあります。妻は日陰でないと花など写生していられないと、そうですよね、この暑さなら・・・
そして、植物園にできた新しい出入り口「北泉門」のすぐ横の京都府立大学の構内にある学食を兼ねたレストラン「Dell Cafe たまご」に混雑するお昼の時間帯を避けて遅めのお昼に・・・そうそう、新しく4月に開館した「京都学・歴彩館」にもウロウロと見学でした。
そんな暑さの中で一日に様子です

◇植物園と青空
 たぶん、最高気温は33℃を超えたのでは?(気象庁発表は32℃とのこと!) 日差しの下では35℃超えですよね!
植物園-1(20170522).jpg 植物園-2(20170522).jpg 植物園-3(20170522).jpg 植物園-4(20170522).jpg


◇さつき展
 第54回とのことで見事なさつきの盆栽の数々・・・
 ひとつ欲しいとよだれが出ました。ま~枯らさずにこんなに綺麗に花を咲かせる自信ありませが
植物園-5(20170522).jpg 植物園-6(20170522).jpg 植物園-7(20170522).jpg 植物園-8(20170522).jpg 植物園-9(20170522).jpg 植物園-10(20170522).jpg 植物園-11(20170522).jpg 植物園-12(20170522).jpg 植物園-13(20170522).jpg 植物園-14(20170522).jpg


◇レストラン「Dell Cafe たまご」での外食
 さすがに遅めに行ったので売り切れのメニューも・・
 二人で外食することは少ないので
植物園-15(20170522).jpg 植物園-16(20170522).jpg 植物園-17(20170522).jpg 植物園-18(20170522).jpg 植物園-19(20170522).jpg
これ「やわらかプリン」はお店の方にサービスと言うことでいただきました(^_^)ニコニコ




ハイ、またまた他人にはどうでも話題でした。
そうそう、家に戻ってからはこの暑さなので、しまってある扇風機を急きょ物置から出して組み立てました。
気持ちの良い春はどこに行ったのでしょうね!


「今日は何の日」

23日(火) 先勝 [旧暦四月二十八日]

【火葬禁止令廃止の日】
1875年(明治8年)のこの日、明治政府により制定された火葬禁止令が廃止された。

【ラブレターの日】
浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』(1998年)の公開初日にちなみ、松竹株式会社が制定した日。また、この日は「5(こい)23(ぶみ)=恋文」の語呂合わせから。映画の主演は中井貴一。
ちなみに英語表記タイトルの映画『Love Letter』(1995年)は、中山美穂が2役を演じた岩井俊二監督の名作。

【田村忌】
811年(弘仁2年)のこの日、平安初期の武官で、征夷大将軍として陸奥国の蝦夷(えみし)を降した坂上田村麻呂が亡くなった。
命日のこの日に合わせて、京都・清水寺境内の成就院で法要が営まれる。
nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

「はらぺ娘(はらぺこ)」展 [見学・鑑賞]

昨日(5/15)は、安定したお天気の一日になりました京都です。その京都市内では昨日は京都三大祭の一つの「葵祭(あおいまつり)」が無事に行われました。昨日の京都市内の最高気温は27℃とのこと、祭りの行列の参加者も見学の方も汗だくだったかも知れませんね。そんな昨日は祭りの行われている近くを通りましたが、私は地下を、そう地下鉄で通り過ぎただけですが。たぶん、たくさんの人でにぎわっていたことだろうと思います。
私は近寄らずに、家で作業に汗を流しました。一つは、昨日の早朝にお風呂場でムカデを見つけまだ外が明けきれない時間帯にムカデと格闘でした。どこから入ってきたのやらと朝の仕事を終えて戻った後で、外壁にあるお風呂の湿気を抜く換気口にある古くなった網を新しいものに交換してみました。ここ以外に進入路が思いつかなかったので・・・
その後は、大きくなり過ぎた庭木をバサバサと大胆とも思えるほどにカットしました。これで大分すっきり、そしてお隣さんも明るくなったかも・・・そうそう、すっきりと言えば私も床屋さんに行ってすっきりでした。

さてさて、本題の次女も参加している【「はらぺ娘(はらぺこ)」展】です。
大学の構内のギャラリーで行われており、そして私と妻が行ったのが日曜日ということで、大学構内は学生さんが殆んどいなくガラ~ンとしていました。そんな娘の作品中心の紹介です。
共通テーマは食に関するものとのことのようです。

作品展-1(20170514).jpg
13人の紹介


作品展-2(20170514).jpg
「はらぺ娘」展のポスター?


作品展-3(20170514).jpg
会場風景


作品展-4(20170514).jpg
会場風景



◇娘の作品「木版画作品」

作品展-5(20170514).jpg
タイトル:すきまⅠ(ピーマンのすき間?)


作品展-6(20170514).jpg
タイトル:すきまⅡ(マカロニのすき間?)


作品展-7(20170514).jpg
タイトル:かじる


作品展-8(20170514).jpg
タイトル:すくう(バニラアイスクリーム




◇娘の作品「クレイアニメ

〇タイトル:「Three EGGs」の上映風景
作品展-10(20170514).jpg


〇そのクレイアニメの撮影で使われた自作のセットの台所
作品展-11(20170514).jpg 作品展-12(20170514).jpg 作品展-13(20170514).jpg


◇ちょっとだけ他の参加者の作品も紹介ということで
作品展-14(20170514).jpg 作品展-15(20170514).jpg 作品展-16(20170514).jpg 作品展-17(20170514).jpg 作品展-18(20170514).jpg



すみません、中途半端な紹介で・・・



「今日は何の日」

16日(火) 赤口 [旧暦四月二十一日]

【旅の日】
松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日が1689年3月27日であり、この日が太陽暦で5月16日にあたることにちなんで、1988年(昭和63年)に日本旅のペンクラブが制定。ともすれば忘れがちな旅の心を、そして旅とは何かという思索を込めて問いかける日。

【透谷忌】
『楚囚之詩』を記し、島崎藤村らと雑誌『文学界』を創刊した明治期の天才詩人、北村透谷の命日。享年26。彼が生まれた小田原には、顕彰碑が建てられている。
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

写真展にブラリ! [見学・鑑賞]

昨日(3/20)の朝も少し冷えましたが、日中は春を思わせるような暖かさの一日になりました。暑さ寒さも彼岸までとは本当によく言ったものだと感心しました。
昨日は午後まで青空が広がったのですが、空が青く見えません、京都は周りを山に囲まれいるのですが、その山もほとんど霞んで見えません。花粉の影響か、黄砂の影響かそれともその二つの影響か? これは花粉症の方にはたまらない日になったでしょうね。ご近所の花粉症の方と外でお会いした時もメガネにマスクという防備でしたが、お話しをしている間にも何度も何度もくしゃみをされます。これは長話はつらいだろうと早々に切り上げました。今日は昨夜から降り始めた雨で花粉の飛散は少ないかもで花粉症の方はホッとできるかも?(朝の4時現在、久しぶりにかなりの雨量です)
 昨日は知り合いがやっている写真展に出かけたのですが、地下鉄四条駅、京都駅ともホームにあふれんばかりの乗客です。そう3連休の再最終日なのでJRに向かうホームは大変なことに!四条駅の駅員さんも、「分散乗車にご協力ください、JR京都駅は先頭車両が便利です!」とずーっと連呼でした。

そんな昨日は、金澤 徹氏の写真展にお邪魔してきました。
白黒の写真の数々、白黒でありながら心の中で色が・・・
2001年9月11日にニューヨークで起きた事件、そしてその1週間後に自分自身の身に起きた事件! 多くのことが作品から思い出されました。
航空機のマンハッタン高層ビルへの大規模衝突事件の衝撃が残る中でその1週間後に自分の人生を大きく変える事件が起きるとは・・・そんなことを思い出しながらじっくりと鑑賞させていただきました。
展示会では、2001年の同時多発テロの2週間前のマンハッタン高層ビルとその後のビルが建設される様子などを定点観察としてその変化が展示されておりました。金澤 徹氏がおられてご本人の思いも含めてご説明もいただきました。
写真展-1(20170320).jpg 写真展-2(20170320).jpg 写真展-3(20170320).jpg 写真展-4(20170320).jpg 写真展-5(20170320).jpg 写真展-6(20170320).jpg 写真展-7(20170320).jpg


良ければ、26日(日)まで開催されておりますご覧ください。


★おまけの一枚

この急激な春のような暖かさで我が家の乙女椿も咲き出しました。
このピンク色が何とも心を癒してくれます。
椿-1(20170320).jpg 椿-2(20170320).jpg


「今日は何の日」

21日(火) 先勝 [旧暦二月二十四日]

【国際人種差別撤廃デー】
「世界中で人種差別の撤廃を求める運動を」という目的で、国連が制定した国際デー。この日から一週間が「人種差別主義と闘う人々との連帯週間」となる。

ランドセルの日】
3+2+1の合計が小学校の修業年数6になることから増田利正氏が提唱。
ランドセルを手のひらにのるミニサイズに加工する店、ミニランドセルの「スキップ」を経営している。

カラー映画の日】
1951年(昭和26年)のこの日、国産初の総天然色(カラー)映画『カルメン故郷に帰る』が封切られた。映画監督は木下恵介、主演は高峰秀子。
ストリッパーの主人公が、成功したと偽って故郷の信州に帰り、様々な騒動を巻き起こすという喜劇。

【弘法大師忌】
真言宗の開祖、弘法大師(空海)の忌日。「弘法も筆の誤り」でその名が知られるように、「三筆」の一人としても名高い。
彼は数多くの超人的な伝説を持ち、824年(天長元年)3月、干ばつの続く京都で雨乞いの呪法を行い、神泉苑の池中に潜む金竜善女を呼び出して3日間大雨を降らせた続けたという故事はよく知られている。
nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

伏見百景写真展へ [見学・鑑賞]

昨日(3/12)の朝は冷え込みました。しかし、日中は安定した青空が広がりどんどんと暖かく、久しぶりに日差しに春の温もりを感じた一日となりました。散歩で歩いていると汗をかくほどです。この暖かさ、さすがに人々の動きも活発で人出が多いです。
この暖かさに誘われて私も散歩に出かけました。ブラブラといつもの散歩コースを御香宮さんまで行くと参集館で何やら模様しものが開催されています。近寄って見ると「伏見百景写真展」とありました。そういえば、前に開催予定のチラシを見たのを思い出しました。それに無料という文字に誘われて入館しました。い~やあああ、私のいつもの散歩コースの伏見の景色が飾られています。そうか、こんな風に撮影すればいいのか! こんな風に撮影してみたいという参考になる写真の数々が!無料で楽しませていただきました。その上に気に入った写真の番号を投票するとガラポン抽選ができるとのこと、係りの人からも当たりの数が少ないので申訳ないですがと言われていたのでどうせ外れだろうとガラポン抽選機を回すと、「おめでとうございます、当たりです」と言われ、周りの関係者の方からも大きな拍手をいただきました。何やらうれしいやら恥ずかしいやらでした(^_^)ニコニコ
その抽選で当たったのが一時、著作権問題で販売中止となった「龍馬切手」なのです。会場に展示されていたこの切手の新聞記事を見て興味を持って読んでいたものなので、商品がそれと知り二度びっくりです。私の個人事業主としての業務の一つなのでそんな関係で当ててくれたのかな?

◇春の暖かさを感じられた景色
 グランドでは野球少年たちが気持ちよさそうでした。
青空-1(20170312).jpg 青空-2(20170312).jpg


◇御香宮の参集館で開催されていた「伏見百景写真展」
写真展-1(20170312).jpg 写真展-2(20170312).jpg 写真展-3(20170312).jpg


◇ガラポン抽選で当たった問題の記念切手
写真展-4(20170312).jpg


この記念切手シートは1200円と表示がありました
写真展-5(20170312).jpg


写真展-6(20170312).jpg
問題の新聞記事


*************************************
この「伏見百景写真展」について
京都・伏見百景写真展 「伏見の魅力」をアマチュア写真家が撮影

 伏見区在住のアマチュア写真家の山本正治さんが、撮影した伏見の風景や行事など220枚を展示する同展。
 山本さんは若いころ写真家を志したが「結婚を機に会社勤めを優先し、写真撮影を封印してきた」という。定年を控えたころ頸椎(けいつい)ヘルニアを患い、リハビリを兼ねて町を散策する際に「ただ歩くだけよりも気が紛れる」とコンパクトデジカメを手にしたところ「眠っていた写真への気持ちが再び目覚めたのが、本格的に撮影を再開したきっかけ」と山本さん。
 以来、伏見の町をくまなく歩き風景や祭り・行事などを撮影するうちに、徐々に活動範囲も広がり、神社の公式行事のカメラ撮影を任されるなど、伏見の行事には欠かせない存在になってきた。
 今回の写真展について「今年から来年にかけて、大政奉還や鳥羽・伏見の戦い150周年という、京都や伏見の分岐点になった行事が続く。この機会に、伏見の魅力を再発見できる場を作りたかった。そのために、全ての写真に解説を添え、伏見にまつわる音楽を流すなどの工夫もした」という。
 「自分自身で歩きながら撮影して感じたことだが、伏見に住んでいても意外と知らない景色や行事がある。伏見の良さや素晴らしさを、写真に残すとともに、次世代に伝えていけたら」とも。
伏見経済新聞より掲載

と紹介されていました。
*************************************

★おまけの一枚

昨日の午後の4時前ぐらいかな・・・
サイレンの音がするので外に出てみると河原では黒い煙がモクモクと
河原のヨシハラが火事のようです。最初はヨシハラ焼きかと思ったのですが!
何台もの消防車のサイレンと上空にはヘリコプターが・・・
火事-1(20170312).jpg 火事-2(20170312).jpg


追加です「火事の原因」
12日午後3時ごろ、京都市伏見区向島大河原の宇治川河川敷に、無線操縦のヘリコプターが墜落、炎上したと、119番通報があった。京都市消防局や京都府警によると、火は周囲のアシなどの枯れ草に燃え移り、約23ヘクタールを焼いて、午後5時17分に鎮圧された。けが人はいないという。
朝日新聞より


「今日は何の日」

13日(月) 大安 [旧暦二月十六日]
【青函トンネル開業記念日】
1988年(昭和63年)のこの日、本州と北海道を結ぶ青函トンネルが開業。
全長は53.85km、最深部は海面下240m。また、開業と同時に2つの海底駅「吉岡海底駅」「竜飛海底駅」が誕生した(北海道新幹線の建設に伴い、現在は廃止)。
2004年には竜飛海底駅で映画『エイリアンVSプレデター』の試写会が開かれ、世界最深の試写会としてギネスブックに申請された。

【漁業法記念日(水産デー)】
1949年(昭和24年)に漁業法が施行されたことを記念して制定された。

【サンドイッチデー】
「3(サンド)」と「1(イッチ)」の語呂合わせと、サンドイッチのように2つの「3」で「1」をはさんでいるので、この日に決められた。

【春日祭】
藤原氏にゆかりのある奈良・春日大社本社の例祭。
春日祭は2月と11月の上申の日に行われて申(さる)祭と呼ばれ、賀茂、石清水と並ぶ日本三大勅祭(宮中から勅使がお参りに伺う祭事)の一つ。
明治以後は3月13日にとり行われることになった。
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

地域の遺構! [見学・鑑賞]

昨日(3/6)の朝は暖かな朝でした。その後は一昨日の最高気温と同じぐらいまで上がると予想れれていましたが、やはり日差しが少ないことからそこまでの気温とはとても思えませんでした。
今朝もこの時期としたら暖かめとかですが、今日はこれから気温はあまり上がらず寒い予想がされています。今週はこれから寒い日が続くようですね。こんな時に体調を崩しがちですので要注意ですね。
昨日は、仕事で急にデータが必要になったと取引先よりメールが入っているのを出先で知り、急いで帰宅してバタバタと準備して送信。それに他の物件で整理したデータ・情報を送るのを忘れていたことからこれまたバタバタと内容の確認と校正!。
その他、バタバタとパソコンの前にへばりついておりました。
という言い訳をしながらこんな話題でブログのお茶を濁します。

◇展示会「伏見城と淀城」
少し前になりますが京都市考古資料館で「伏見城と淀城」という特別展示が開催されておりました。無料ということもあるので覗いてみました。行ったら係りの人が写真撮影もOKですよと(^_^)ニコニコ
私の地元なので担当者の方といろいろと話をさせていただきながら見学させていただきました。

〇展示会のパンフと考古資料館
伏見城-1(20170225).jpg 伏見城-2(20170225).jpg 伏見城-3(20170225).jpg


〇展示会場
伏見城-4(20170225).jpg 伏見城-5(20170225).jpg


〇出土した金箔瓦
伏見城-6(20170225).jpg 伏見城-7(20170225).jpg


〇焼けたおにぎりも出土
伏見城-8(20170225).jpg


〇向島城
 こんなところにお城があったのですね。
 確かに地名には二の丸などのお城があった町名も残っています。
 太閤堤があったところは現在は旧街道になっています。そうか堤の上に道を造ったからそこだけ今でも高いのかと納得でした。
 また、向島城がなかなか全容が明らかにならないのは、今では地中4m以上深いとことにあり発掘調査が難しいためとのこと! 何故そんなに深いところに遺跡がとたずねると、ここは元々は巨椋池(おぐらいけ)であり地盤が悪いところにあることから沈みこんだとのこと!納得でした。そうそう、地図で見ると我が家のあるところも巨椋池の中です。
伏見城-9(20170225).jpg



たまたま、近くに行ったのでぶらりと寄ってみただけでしたが、担当者のご説明をお聞きしながら拝見したこともありそれと自分の現在住んでいる地域のことでもあり大変興味深く拝見しました。
住んでいながら知らないことが本当に多い! 住んでもいなければもしかしたら面白くないのかも?



★おまけの一枚

次女の初めての完全単独、東京お泊り旅行から無事に昨晩に戻ってきました。
美術館廻りで時間が足りなくなりお土産はゆっくり選ぶ時間が無くなり一か所で購入と残念がりながら帰宅でした。
お土産(20170306).jpg




「今日は何の日」

7日(火) 大安 [旧暦二月十日]

【消防記念日
1948年(昭和23年)のこの日、消防組織法が施行されたことに由来する。
この法律が施行されるまでは、消防は警察の所管となっていたがこの日から消防全体の所管は消防庁が開庁して行うようになった。

【東京消防庁開庁記念日】
1948年(昭和23年)の「消防組織法」施行によって自治体消防としての「東京消防本部」が誕生した。その後、5月1日に警察組織の警視庁にあわせて「東京消防庁」と改称された。

【警察制度改正記念日】
1948年(昭和23年)のこの日、戦後の新憲法にのっとり、警察制度が大きく改められた。国が統括してきた警察権を分散する形で、国家地方警察と自治体警察に分けられるなどした。その後1954年(昭和29年)に現行の警察法に改められている。

【未成年者喫煙禁止法制定の日】
1900年(明治33年)のこの日、未成年者喫煙禁止法が制定された。

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

気になった作品たち! [見学・鑑賞]

昨日(2/11)は、こちら京都市内でも4cmの積雪があったとか? 私のところは屋根の上が白くなっていた程度でしたが! それにしてもこの寒さは中途半端ではありませんね(当然、氷点下)。今朝起きてリビングのガスファンヒーターのスイッチを入れると何と表示される室温が4℃を表示です。家の中でもこの気温! この冬で、もしかしたら一番低かったかも知れませんね。
そんな昨日は城南宮さんでは七草の神事が行われていたはず、行く気満々だったのですが、空が怪しいし、寒いしであきらめてしまいました。
こちら京都では、今日は小学生の駅伝「大文字駅伝」が行われる予定ですが、この寒さの中では大変だろうと思います。そうそう、我が娘たちが通った小学校も出場の予定のようです。普段の実力を発揮してと願っています。少なくとも我が家の近くでは、今朝はお星さまが見え、道路は乾いています。これなら大文字駅伝が行われる地域も寒そうですが雪は大丈夫かも!

さてさて、10日に娘の通う京都市立芸術大学の作品展に行ったときに、駆け足にはなりましたが、気になり撮影した作品の紹介です。何のコメントも無しの写真の羅列ですが・・・
作品を見ながら強く感じたことは1年の差がこんなにはっきりと表れるのかと? 2回生よりも3回生、3回生よりも4回生、4回生よりも院生の作品の差が私のような素人でもはっきりと感じられる。若い人の1年はすごい、その伸びはすごいとつくづく思いました。

作品展-21(20170210).jpg 作品展-22(20170210).jpg 作品展-23(20170210).jpg 作品展-24(20170210).jpg 作品展-25(20170210).jpg 作品展-26(20170210).jpg 作品展-27(20170210).jpg 作品展-28(20170210).jpg 作品展-29(20170210).jpg 作品展-30(20170210).jpg 作品展-31(20170210).jpg 作品展-32(20170210).jpg 作品展-33(20170210).jpg 作品展-34(20170210).jpg 作品展-35(20170210).jpg 作品展-36(20170210).jpg 作品展-37(20170210).jpg 作品展-38(20170210).jpg 作品展-39(20170210).jpg 作品展-40(20170210).jpg 作品展-41(20170210).jpg 作品展-42(20170210).jpg 作品展-43(20170210).jpg 作品展-44(20170210).jpg 作品展-45(20170210).jpg 作品展-46(20170210).jpg 作品展-47(20170210).jpg 作品展-48(20170210).jpg 作品展-49(20170210).jpg


作品の写真の羅列が多くなり申訳ありませんm(_ _)m
その上に、駆け足で見かけた私の視点なので、抜けや偏りが多々あるかと思います。その点はご勘弁ください。


「今日は何の日」

12日(日) 仏滅 [旧暦一月十六日]

【菜の花忌】
『竜馬がゆく』『燃えよ剣』などで知られる作家、司馬遼太郎の命日。
菜の花は、生前、庭の土管に好んで植えていた花にちなんでいる。
名作『街道をゆく』は、『週刊朝日』で25年間(1147回)にわたって連載され、原稿用紙は総数1万8千枚にも及んだ。

【ペニシリンの日】
1941年(昭和16年)にイギリスのオックスフォード大学附属病院が世界ではじめてペニシリンの臨床実験に成功したことによる。

【ボブスレーの日】
1938年(昭和13年)に札幌で全日本ボブスレー選手権大会が開かれたことを記念する日。
ところで南国ジャマイカのボブスレーチームを描いた映画『クール・ランニング』(1993)は、1988年のカルガリー冬季オリンピックでの実話をもとにしているが、実際に彼らはスターティングタイム第7位の記録を出して世界中を沸かせた。

【リンカーン誕生日
「人民の、人民による、人民のための政治」の演説と奴隷解放宣言で有名なアメリカ合衆国16代大統領エイブラハム・リンカーンの誕生日。
かのゲティスバーグでの演説は、参列者による拍手はまばらで、翌日の有力新聞も酷評したとのこと。
nice!(12)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

雪の降る中で作品展に! [見学・鑑賞]

昨日(2/10)は、朝起きたら積雪の予報で、ワクワク・ドキドキしながら雨戸を・・・しかし、銀世界どころか道路も乾いています。でも朝に出かける京都市内も北の方面の北山ではと、またまたワクワク・ドキドキしながら地下鉄駅を出ます。ところがこちらでも屋根にうっすらとある程度。これまた、期待外れでした。でもその後も雪が降ったり止んだりを繰り返します。でも、言われていたほどの雪では無かったことは確かですね。そうそう、今朝は我が家の近辺でもうっすらと屋根の上は雪でした!。
そんなことを言いながらも断続的に雪は降ったり止んだりを繰り返しています。昨日は雪よりもとにかく気温が低い、寒い、指先の感覚が殆んどないというか、痛さだけ感じました。
そんな昨日は京都市美術館で作品展を鑑賞中に友達から連絡が入り、懐かしい人から誘いがあったので一緒に飲まなないかと・・そんなことからチョッとショートカットして、一緒に行った妻を残して美術館を後にして自宅に戻りバタバタと自分の仕事をこなして再びバタバタと出かけます。そんなこと作品展の写真整理が・・・です。
ということでとりあえず、雪の様子を中心に紹介で失礼します。
実はまだ体の中にお酒がたっぷりと・・・戻ってからの家飲みが余計でした(-_-メ)

作品展-1(20170210).jpg 作品展-2(20170210).jpg 作品展-3(20170210).jpg 作品展-4(20170210).jpg 作品展-5(20170210).jpg 作品展-6(20170210).jpg 作品展-7(20170210).jpg 作品展-8(20170210).jpg
娘の版画作品



★おまけの一枚

お昼は妻と二人で久しぶりに外食でした
ただそれだけ写真ですが
作品展-9(20170210).jpg 作品展-10(20170210).jpg 作品展-11(20170210).jpg


「今日は何の日」

11日(土・祝) 先負 [旧暦一月十五日・望]

【建国記念の日】
1967年(昭和42年)から実施されている国民の祝日。この日はかつて紀元節として奉祝されてきたが、戦後は廃止されていた。建国の日ではなく、あくまでも建国を記念する日としたのも紀元節のイメージ抑えるためとされる。

【文化勲章制定記念日
1937年(昭和12年)のこの日、文化の発展に優れた業績を上げた人に贈る文化勲章が制定されたことから。栄典授与は、4月29日「昭和の日」と11月3日「文化の日」に行われる。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」(六甲オルゴールミュージアム) [見学・鑑賞]

昨日(11/25)の朝はこの冬?秋?一番の冷え込みに!。今季初めてマフラーを巻いて朝に出かけました。日中は日差しも届き、一昨日よりもかなり暖かく感じることができました、体感的にはではありますが!。 それでもほっこりします。
今日は、恒例となりました、おばあちゃん(義母)のところの干し柿作りの予定です。ただし、今年は柿の色づきがおかしいようで、柿が届くかどうか?という状態のようです。いつも四国の業者が移動販売で柿を持ってきてくれるのですが!。朝に電話して届かないようなら中止です。柿が無くてはどうしょうもありませんので! その時は平日のどこかで行くことになるかと思います。今年は柿の世界にも異変が起こっているのかな? おばあちゃんところの柿も変でしたし!

さて、昨日に私が感じたことをまず最初に・・・「何となくいややな?」という話題です。
その1:毎朝、ある施設に出かけているのですが、その建物で当然、トイレにも入ります。その施設は公共施設なので男子用の小便器が8個ほど並んでいます。私は用を足すために一番入り口に近いところに立ちました。そのトイレにはその時には私ひとりでした。その後に一人入ってきます。そんなときには普通、後から来た人は、少し離れたところで用を足しますよね。ガラガラなので、それなのに私のすぐ横で用を足し始めます。それって、やはり、気になるし嫌ですよね。一杯空いているいるのに・・・と!
「何となくいややな?」と思いませんか? 女性にはわからないかも(-_-メ)

その2:そんな帰りの電車の中で長椅子タイプの車両に乗ります。席はほぼ満席で、最後の空きスペースに私が座ります。その隣のおっさんがだんだんと股を開き、私の膝にズボンの上からではありますが、触れます。なんとなく嫌な感じなので、私は出来るだけ触れないように膝をぴったりと合わせます。すると、隙間ができるので隣のおっさんの股がまた大きく開き、またまた私の足に触れてきます。
隣のおっさんは気にならないのかな? あんなに股を広げて座らなくてもいいのにと思いますが! 「何となくいややな?」と私は思いうのですが・・・

ハイ、昨日に出会った「何となくいややな?」でした。m(_ _)m


さてさて、今日の話題も神戸・六甲で開催されている「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」です、今回は「六甲オルゴールミュージアム」内に展示されたいた作品です。引き延ばしましたが今回でとりあえず終わりにします。作品や景色などはまだ撮影したものが残ってはいるのですが!

◇六甲オルゴールミュージアム
作品-71(20161120).jpg


◇君平「プランクトン」
作品-72(20161120).jpg


◇柴山水咲「思い出せることのすべて」
作品-73(20161120).jpg 作品-74(20161120).jpg


◇君平「ヒゴタイ」
作品-75(20161120).jpg


◇PARANOID ANDERSONS「かくれんぼ」
夏の葉が茂っているときなら見つかりにくかったでしょうね・・・(^_^)ニコニコ
作品-76(20161120).jpg 作品-77(20161120).jpg 作品-78(20161120).jpg 作品-79(20161120).jpg 作品-80(20161120).jpg 作品-81(20161120).jpg



「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」は、六甲山の土地柄や景観をいかした現代アート作品を通して、六甲山の魅力を発見してもらうことをテーマにした展覧会です。
今年は総勢39組のアーティストたちが、展示やワークショップ、パフォーマンスで六甲山の更なる魅力を引き出してくれます。
作品を鑑賞しながら道端の植物に目を向けたり、鳥のさえずりに耳を傾けたり、ホッと一息ピクニックやテータイムを楽しんだり・・・
山上を廻りながら思い思いの時間を過ごし、季節の移ろいや一日の時間の流れとともにアート鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょう。
とありました。


六甲オルゴールミュージアムの目玉かな?自動演奏オルゴール
時間が無くて、我々は聞かなかったのですが
作品-82(20161120).jpg



「今日は何の日」

26日(土) 赤口 [旧暦十月二十七日]

【ペンの日】
1935年(昭和10年)のこの日、日本ペンクラブが創立されたことを記念して1965年(昭和40年)に設けられた日。ペンクラブのPENは、Pは詩人・劇作家、Eは随筆家・編集者、Nは小説家を意味している。
初代会長は島崎藤村。15代目の現会長は阿刀田高。
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」鑑賞紹介(その3 六甲高山植物園) [見学・鑑賞]

昨日(11/24)は、寒い一日になりました。い~やああ、突然の本格的な冬という感じになりました。何とか雨が落ちてくるようなことはありませんでしたが、寒気がなだれ込んでいる関係か、お天気が不安定です、冬型です。東京23区でも降りましたね雪が、それに積雪とか! 滑って転んでけがをしたなのどニュースも・・今朝は一段と滑りやすいかも? どうぞ皆さん気を付けてくださいね。
この寒さもあり、私が朝に通っている北山のケヤキの街路樹も葉を大量に落としています。ご近所にお住いの方は、玄関前を掃いていますが、切りがありません。風が一吹き、車が通るたびに枯れ葉を舞い上げ元の木阿弥です。それでも根気よくやるしかなくセッセと本当にお疲れ様です。それにしても寒いです。今朝も寒い、この秋?冬?一番の寒さかも(-_-メ)

さてさて、今日の話題も神戸・六甲で開催されている「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」です、今回は「六甲高山植物園」内に展示されたいた作品です。
六甲山も午後になり霧が大分、晴れてきました(^_^)ニコニコ


◇山本桂輔 「夢の山(眠る私)」
自然と作品の融合ですね
作品-41(20161120).jpg 作品-42(20161120).jpg 作品-43(20161120).jpg 作品-44(20161120).jpg 作品-45(20161120).jpg 作品-46(20161120).jpg 作品-47(20161120).jpg 作品-48(20161120).jpg 作品-49(20161120).jpg
自然を生かした作品
作品-50(20161120).jpg
初夏や夏の緑とはどんな感じだったのかな?
作品-51(20161120).jpg 作品-52(20161120).jpg 作品-53(20161120).jpg 作品-54(20161120).jpg
秋の植物が作品とコラボしていい感じをしています



◇植物園から六甲オルゴールミュージアムへの道
こんな道を通り次の展示を見に行くとワクワク感が・・・(^_^)ニコニコ
作品-55(20161120).jpg 作品-56(20161120).jpg 作品-57(20161120).jpg 作品-58(20161120).jpg 作品-59(20161120).jpg 作品-60(20161120).jpg


「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」は、六甲山の土地柄や景観をいかした現代アート作品を通して、六甲山の魅力を発見してもらうことをテーマにした展覧会です。
今年は総勢39組のアーティストたちが、展示やワークショップ、パフォーマンスで六甲山の更なる魅力を引き出してくれます。
作品を鑑賞しながら道端の植物に目を向けたり、鳥のさえずりに耳を傾けたり、ホッと一息ピクニックやテータイムを楽しんだり・・・
山上を廻りながら思い思いの時間を過ごし、季節の移ろいや一日の時間の流れとともにアート鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょう。
とありました。

◇パンフレット
 このパンフの撮影は初夏に行われたのでしょうね。
 私が見た秋の景色の中の作品とは随分と違った雰囲気ですね(^_^)ニコニコ
 この季節感も作品への演出の一部でしょうね。季節の移ろいを感じさせてくれます。
作品-61(20161120).jpg


「今日は何の日」

25日(金) 大安 [旧暦十月二十六日]

ハイビジョンの日】
郵政省、NHKなどがハイビジョン(高品位テレビ)の普及を図るために設けた日。ハイビジョンの走査線の数が1125本のため、11月25日としたもので、1987年(昭和62年)に制定している。

【憂国忌】
1970年(昭和45年)のこの日、『潮騒』『金閣寺』などで知られる作家の三島由紀夫が、東京・市ヶ谷の陸上自衛隊東部方面総監部に「楯の会」メンバー森田必勝ら3名と乱入。クーデターを呼びかけるも果たせず、「天皇陛下万歳」を三唱して割腹自殺した。享年45。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

霧の中で「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」鑑賞紹介(その2) [見学・鑑賞]

昨日(11/23)は、朝の最低気温が10℃で最高気温が12℃という朝からほとんど気温が上がらない寒々しい一日なりました。また、日差しも届かないことから余計に寒々しい!。
暖かさを感じた一昨日よりも一気に最高気温が9℃も下がるという! この気温差は体に堪えます。最近、膝の調子が悪いので、この冷えは膝に悪影響がでそうです。膝が痛い痛いと言いながら一昨日は3万2千歩以上歩いてしまいましたので、昨日は家で庭木たちや鉢植えの植物たちの冬支度などに費やしました。あまりにも暇なので、少しだけ近所をグルグルと1万歩になりました。
今朝は雨でスタート、寒々とした雨です。何やら東京23区では雪になるとか? 11月に都心で雪が降れば1962年以来54年ぶりとかで大騒ぎ、さて雪は降ったのでしょうか??
さてさて、今日の話題は神戸・六甲で開催されている「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」の霧の中で見た作品の一部にはなりますが、その2回目の紹介です。霧も作品の一つ、演出にも見えますね。

霧の中の六甲山の自然を楽しみながらアート作品を堪能しました。(^_^)ニコニコ
作品はただの説明なしの羅列ですが、今日は「六甲カントリーハウス」に展示されていた作品のご紹介です。

◇岡本光博 「w#191 UFO(未確認供給物体)」
作品-21(20161120).jpg 作品-22(20161120).jpg


◇三宅信太朗 「Donkey(ロバ)」
 霧の中で見える姿が何とも素敵、独特な雰囲気を醸し出しています。
作品-23(20161120).jpg 作品-24(20161120).jpg 作品-25(20161120).jpg


◇K-5 「六甲のアルマジロ」
 霧にかすむアルマジロが(^_^)ニコニコ
作品-26(20161120).jpg 作品-27(20161120).jpg


◇岡本光博 「w#191 UFO(未確認撃落物体)」
 元々は給水塔の上部のようです
作品-28(20161120).jpg


◇隠崎麗奈 「HANAZONO」
作品-29(20161120).jpg


◇靴郎堂本店 「SHOE LODGE」
作品-30(20161120).jpg 作品-31(20161120).jpg


◇桑久保徹 「Calendar's Studio」など
作品-32(20161120).jpg 作品-33(20161120).jpg 作品-34(20161120).jpg 作品-35(20161120).jpg



「六甲ミーツ・アート芸術散歩2016」は、六甲山の土地柄や景観をいかした現代アート作品を通して、六甲山の魅力を発見してもらうことをテーマにした展覧会です。
今年は総勢39組のアーティストたちが、展示やワークショップ、パフォーマンスで六甲山の更なる魅力を引き出してくれます。
作品を鑑賞しながら道端の植物に目を向けたり、鳥のさえずりに耳を傾けたり、ホッと一息ピクニックやテータイムを楽しんだり・・・
山上を廻りながら思い思いの時間を過ごし、季節の移ろいや一日の時間の流れとともにアート鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょう。
とありました。
◇パンフレット
作品-1(20161120).jpg



「今日は何の日」

24日(木) 仏滅 [旧暦十月二十五日]

【オペラ記念日】
1894年(明治27年)のこの日、宮内省式部職付属音楽学校(東京音楽学校)奏楽堂で初めてオペラ『ファウスト』が上演されたのを記念してオペラ愛好家が制定。

【東京天文台設置記念日】
1888年(明治21年)に現在の東京都麻布区板倉(現在の港区麻布台)に東京天文台(現在の国立天文台)が設置されたことによる。周辺の市街化が進んだため、1914年(大正3年)から三鷹市大沢に移転を開始した(移転は1924年に完了)。ちなみに、ハワイのマウナケア山頂のすばる望遠鏡はこの天文台の管理。

【東京初空襲の日】
1944年(昭和19年)のこの日、B-29により東京が初めて空襲された。

【感謝祭】(11月第4木曜日)
1620年にピューリタンたちがアメリカ大陸に渡ったが、その翌年にはじめて豊作に恵まれた際の収穫祭に由来する。アメリカの祝祭日。サンクスギビング・デー。

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 見学・鑑賞 ブログトップ