So-net無料ブログ作成
見学・鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

狂言宴に! [見学・鑑賞]

昨日(12/5)の朝も冷えました。その後も、本当に冷たい風が強めに吹き、何やら真冬の冷たさを感じた一日となりました。
植物園の生態園の森も明るくなりました。落葉樹がほぼ葉を落とし、空が大きく覗けるようになりました。また、その森を抜ける風も風を遮るものが減ったことから風が抜けて寒いです。そんな風が強めでそれに冷たいことから、いつもお邪魔する植物園も早足で通り抜けるだけで早々と退散でした。
今朝も寒いです。
昨日はこの冬の一番の寒さでしたが、今日はそれを上回る寒さになるようです。
今朝の寒さは力が入っています。最低気温が予報では1℃とのことですが、それ以上の寒さに感じます。

さてさて、話題は4日(月)に鑑賞させていただいた狂言の話題です。
この狂言は私の知り合いが定期的に開催しており、今回は「四季の狂言宴・・・師走の巻」と題して「宗論(しゅうろん)」というお題目が演じられました。その後は出演者も交えての「宴」が開催されました。
開催場所は奈良市の旅館の特設舞台での開催で夜の6時30分の開演。終演後に宴ということで少し食事が遅くなることから皆さん「虫養い(むしやしない)」の軽食をいただいての参加のようでした。私はそんなところまで頭が回りませんでした(ご存じの事とは思いますが「虫養い」とは、小腹が空いたときに、お腹の虫が鳴くのを押さえるために軽食などをとって小腹を満たすこと、になります)。
い~やああ楽しく狂言を見せていただき、笑わせてもいただき、その後の宴会の食事も美味しく、吉野の地酒も美味しくたくさんいただきました。
夜にあまり出歩くことは少ないことと、少し遠いので電車の時間を気にしながらの参加でした。もう少し近ければもっと皆さんをお話しができたのですが・・・残念でした。私の時間としてはかなり遅い帰宅となりました!
演目の狂言「宗論(しゅうろん)」のあらすじは、大体こんな感じです。
**********************************************
身延山帰りの法華僧と善光寺帰りの浄土僧が、たまたま道連れになるが、互いに犬猿の仲の宗派と知る。法華僧は浄土僧をまいて宿に逃げ込、浄土僧も追って入り食べ物にこじつけて宗論を始めるが、勝負がつかず。寝入ってしまう。
翌朝、浄土僧がお経を「南無阿弥陀仏」と唱え始めると、法華僧も負けじと「南無妙法蓮華経」と始める。踊念仏、踊題目の張り合いになるうち、念仏と題目を取り違えてしまい…
**********************************************
宗旨争いの愚かしさを滑稽に描いた狂言ということになるかと思います。
狂言-1(20171204).jpg 狂言-2(20171204).jpg 狂言-3(20171204).jpg


◇宴の狂言秀句盛り特製お弁当
狂言-4(20171204).jpg 狂言-5(20171204).jpg


〇おしながき
狂言-6(20171204).jpg


〇それそれの料理が狂言の演目になぞらえて
狂言-7(20171204).jpg


◇気になったお酒
 これは葡萄酒ですが、春日山の山ぶどうで作られた葡萄酒です。
 その他に吉野の地酒もたくさんの種類が・・
狂言-8(20171204).jpg



旅館の特設舞台なので、距離が近い、目の前で行われる、その上に終了後には自由な雑談、裏話も聞ける、宴会にも参加していただき、その時もいろいろな狂言世界のお話しなどをお聞きできるなど特典が一杯でした。(^_^)ニコニコ


★おまけの一枚

猿沢池と興福寺五重塔
狂言-9(20171204).jpg



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**************************************************

「今日は何の日」

6日(水) 仏滅 [旧暦十月十九日]

【サンタ・クロース・デー】
サンタクロースのモデルとなったニコラス司教の命日。この日は聖ニコラウス祭がおこなわれる。

【シンフォニー記念日】
1914年(大正3年)のこの日、ベルリンから帰国した山田耕筰作曲による初の和製交響曲『かちどきと平和』が帝国劇場で発表された。『さくらさくら』『赤とんぼ』『ペチカ』などの童謡も彼の作曲作品。

【姉の日】
作家の畑田国男氏が1992年(平成4年)に制定。9月6日の「妹の日」と対になる健気で犠牲的精神を持つ日。

【フィンランド独立記念日】
1917年(大正6年)のこの日、P.E.スヴィンヒューヴトらが起草した独立宣言が議会で承認され、ロシア革命時にフィン族が仮政府を樹立。首都はヘルシンキ。

【黄門忌】
水戸徳川家2代藩主、「水戸黄門」こと徳川光圀の命日。享年72。
諸国から学者を招いて『大日本史』の編纂に着手したことで知られる。
名君の誉れ高く、権中納言の唐名から水戸黄門と呼ばれた。彼が没した際、江戸では「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」という狂歌が広まったともいわれている。

nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

「伏見 お城まつり2017」にブラリ! [見学・鑑賞]

昨日(11/19)は本当に寒い一日となりました。冬型と言うこともあり、京都らしいお天気に、そう、冬は晴れていたかと思うとどこからともなく雲が現れて時雨れます。そんな繰り返しの寒い一日となりました。
昨日は今年最後となる電車の定期券を買うためにブラブラと・・・今年も残りが少なくなったと言うことですよね。1ヵ月定期を買うのが今年最後とは!びっくりです。そのついでという訳でもなかったのですが、昨日開かれていた「伏見 お城まつり2017」に足を延ばしてみました。い~や多くの方々でにぎわっていました。イベントの関係者の方と少しお話をしたのですが、その方がしみじみと「昨日の土曜(11/18)でなくてよかったと!」そうでしょうね寒いですが雨が降っていないことは関係者として何よりだったでしょうね(時々、時雨れてはおりましたが!)。
そんなことで、このところ紅葉の話題が続いておりましたので、こちらの話題を取り上げて見ました。その会場でも紅葉が綺麗に色づき、見ている方も今年は色が綺麗と・・皆さんそのように感じておられるようですね。
そのイベントの中で私が気になったのは発掘調査成果でした。そこに展示されていた模型図を見ると何と我が家が建っているところは川のどまんなかではありませんか!。チョッと複雑な気持ちでした西暦1600年前後と大分昔ですがそれでもね! 出土品も近くでメガネを額の上に上げ、ゆっくと説明を聞きながら見させていただきました。
お城まつり-1(20171119).jpg お城まつり-2(20171119).jpg お城まつり-3(20171119).jpg お城まつり-4(20171119).jpg お城まつり-5(20171119).jpg お城まつり-6(20171119).jpg お城まつり-7(20171119).jpg お城まつり-8(20171119).jpg


そんな私の日記のような記録でしたm(_ _)m


「今日は何の日」

20日(月) 赤口 [旧暦十月三日]

【毛皮の日】
(社)日本原毛皮協会(JFA)が毛皮の需要促進キャンペーンの一環として1990年(平成2年)に設定したもので、「11(いい)20(ファー=毛皮)」の語呂合わせと、これからの季節、毛皮が数多くで回ることからこの日となった。

【山梨県民の日】
1871年(明治4年)のこの日、甲府県が山梨県と改称されたのを記念して1986年(昭和61年)3月26日に制定。山梨県内では「県民の日」と呼ぶ。
県獣は、特別天然記念物の(ニホン)カモシカ。

【世界のこどもの日】
1954年(昭和29年)に、国連が制定した国際デー。1959年(昭和34年)のこの日には、国連総会が「子どもの権利宣言」を採択した。

【アフリカ工業化の日】
1989年(平成元年)12月22日に、国連総会が採択した、国際デー。国際社会がアフリカの工業化をすすめるよう、促すもの。
nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

版画「しんすい展」を鑑賞! [見学・鑑賞]

昨日(11/11)は朝方まで雨が降り、雨のおかげで冷え込みはそれほど強くはなかったのですが、昼近くになってから風が強くなりそれともに気温もどんどんと下がってきたように感じます。い~やああ、風が冷たい!
そんな昨日は、妻と二人で、昨日から始まった娘たちの作品展に出かけてみました。京都市立芸術大学 版画専攻3回生によるグループ展「しんすい」とのことで13名の作品展です。
◇名称:しんすい展
◇場所:元・京都市立崇仁小学校(大学の新しい移転先かな)
◇期間:11月11日(土)~23日(木) (月・木休館、ただし、23日は開館)
◇【しんすい展とは】
「しんすい」という言葉には「心酔」「浸水」などの意味があります。
私たちは、普段は他人に見せないような心の中にあるイメージから、作品制作への着想を得ています。自分自身のアイデアに心酔したり、その奥に広がる世界観に浸るような感覚から、『しんすい』というフレーズを結びつけ、本展をしんすい展と名付けました。
『しんすい』することで得られる豊かなイメージを、版画という様々な工程を持った技法によって表現し、自分らしい作品へのアプローチへと繋げています。
パンフレットより
作品展-1(20171111).jpg 作品展-2(20171111).jpg 作品展-3(20171111).jpg 作品展-4(20171111).jpg 作品展-5(20171111).jpg 作品展-6(20171111).jpg 作品展-7(20171111).jpg 作品展-8(20171111).jpg 作品展-9(20171111).jpg


◇13人の共通テーマの作品
作品展-10(20171111).jpg


◇パンフレット
作品展-11(20171111).jpg 作品展-12(20171111).jpg 作品展-13(20171111).jpg


娘は木版画の作品を出展していました。
毎日、夜遅くまで木の板に向かって彫刻刀で掘りホリと、木くずまみれになっていました。
昨日は娘が当番で受付をしておりましたので、陣中見舞いにと、お菓子と使い捨てカイロを持って観賞してきました。
小学校の元の教室での展示で場所的には今一という感じはどうしても・・・


「今日は何の日」

12日(日) 友引 [旧暦九月二十四日]

【洋服記念日】
1872年(明治5年)のこの日「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が発布され、和服礼装が廃止となった。このことを記念して、全日本洋服協同組合連合会が1972年(昭和47年)に制定した。

【皮膚の日】
1995年(平成7年)に日本臨床皮膚科医学会が制定。「11(いい)12(ひふ)」の語呂合わせによる。皮膚病の予防をよびかける行事などが催される。

【心平忌】
『こわれたオルガン』など、蛙を題材とした作品で知られる昭和初期の詩人、草野心平の命日。享年85。
蛙は彼の人生における理念の象徴で、「蛙の詩人」とも呼ばれている。

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

よだれを垂らしながら「苔 こけ コケ展2017」を鑑賞! [見学・鑑賞]

昨日(11/10)は、朝は冷えましたね。この秋?、冬?一番の冷え込みだったようです。それなのに日中の最高気温は一昨日より高いので歩いていると汗をかくほどの気温です。一日の気温差が大きく、着るものに困りますが、それよりも体調管理が大変です。この一日の気温差に対応するためか、体の疲れがかなり溜まってきているようで、肩こりが・・・!。肩こりがひどくなると歯、歯茎に悪い症状が出るので注意しなければなりません。とにかく少しでも疲れをとるために昨日の午後の散歩は取りやめにしました。でも、家でストーブを出したり、集めていた生ごみをたい肥化するための穴に投入し、猫対策などやることはたくさんありましたが!。散歩の方が楽だったかも!
そんな昨日は朝の仕事帰りにいつものように植物園に行くとこんなイベントが開かれておりました、それが「苔 こけ コケ展2017」です。
多くの人でにぎわっていました。い~やああ、素敵、素敵、欲しい・欲しいの言葉が頭の中に浮かびます。苔についてのお話も射せていただきました。そのお話の中でやはりみなさん、苔ということで水のやりすぎで枯らしてしまう、苔なので日陰でもいいかと管理するのでそれも枯らす要因と・・・知ってはいたのですがついつい水は多めにということになってしまいます。その話の中でも、苔などどこにでもあるので簡単に育つと考えがちですが、奥が深いと・・
苔の展示即売会もあったのですが、私の懐事情では連れて帰るのが難しいので、よだれを垂らしながら眺めるだけでした。
そんな苔の世界を見ながら、我が家にある苔たちを少しでもこんな苔たちのように近づけたいと心を新たに(^_^)ニコニコ 
お近くの方でご興味のある方は12日の日曜日まで京都府立植物園で開催されていおりますので、癒されてきたらいかがでしょうか?
苔展-1(20171110).jpg 苔展-2(20171110).jpg 苔展-3(20171110).jpg 苔展-4(20171110).jpg 苔展-5(20171110).jpg 苔展-6(20171110).jpg 苔展-7(20171110).jpg 苔展-8(20171110).jpg 苔展-9(20171110).jpg 苔展-10(20171110).jpg 苔展-11(20171110).jpg 苔展-12(20171110).jpg 苔展-13(20171110).jpg 苔展-14(20171110).jpg 苔展-15(20171110).jpg



そうそう、この苔展の関連イベントとして「植物園内のコケ観察」会も行われているのを見かけたのですが、こけ女(ココジョ)と呼ばれるのかな、比較的若い女性も参加されていました。少しブームなのかな?



「今日は何の日」

11日(土) 先勝 [旧暦九月二十三日]
【世界平和記念日】
1918年(大正7年)のこの日、第一次世界大戦が終結した。アメリカでは在郷軍人デーとよばれ、式典に軍帽をかぶって出席し、イギリスではポピー・デーといって教会で礼拝が行われる。

【おりがみの日】
世界平和記念日であること、また、おりがみが正方形であることから、1が4つ並ぶこの日が選ばれた。

【西陣の日】
1477年のこの日、応仁の乱が実質的に終わり、戦乱から逃れて全国に散っていた織手が京都・西陣に戻った日として、「西陣の日」事業協議会が1969年(昭和44年)に制定。西陣の礎を築いた先人への感謝を込めて今宮神社境内の織姫神社にて記念式典が行われる。

【ピーナッツの日】
全国落花生協会がもっとピーナッツを多く消費してもらおうと1985年 (昭和60年)に制定した。ピーナッツは「畑の土」とよばれ、「土」の文字を分けて11月とし、また、1つの殻に2粒入っていることから、11を「2つ」重ねて11月11日に制定した。この頃から新豆が出回る。

【靴下の日】
1993年(平成5年)に日本靴下協会が、一年に一度だけペアとペアが重なる日ということで制定。1と1で11月。11と11で11月11日ということ。

【ジュエリーデー】
1909年(明治42年)のこの日、宝石の国際重量単位として「カラット (ct)」が採用された。1986年(昭和61年)よりこれを記念して(社)日本ジュエリー協会が制定。ちなみに1カラットは0.2グラム。

【電池の日】
(社)電池工業会が電池に対する知識と理解を深め、正しく使ってもらうことを目的に1987年(昭和62年)に制定した日。電池の正極+と負極-を合わせて十一月十一日を記念日とした。この日から12月12日のバッテリーの日までは電池月間。

【チーズの日】
日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が1992年(平成4年)に制定した。『右官史記』の中に、西暦700年10月に文武天皇による日本最古のチーズ「蘇」の製造記録をみつけることができる。この月を新暦に置き換えると11月になる。日付けについては「憶えやすい」という理由で11日が選ばれた。同協会の主催により、この日に合わせて「チーズフェスタ」が催される。

【鮭の日】
新潟県村上市が「鮭のまち」をPRするために制定。「鮭」の字の「圭」の部分が「十」「一」を2つ重ねたカタチであることから。またこの地方では、魚と言えば鮭のことを指すのだとか。この日は、「村上食彩まつり」が催される。

【配線器具の日】
(社)日本配線器具工業会が制定した記念日。コンセントの差込口の形が「11」に似ていることからこの日に。

【税を考える週間】(~17日)
国税庁により、全国各地で税に関する行事が行われる。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

芸祭という大学祭に! [見学・鑑賞]

昨日(11/5)は、本当に青空が広がりました。気温は少し低めでしたが晴天の一日となりました。そんな昨日は娘の通う大学で昨日まで行われていた大学祭の最終日に妻と二人で行ってきました。
この大学祭では娘もいろいろなことを担当しており、毎日のように帰るのが遅くなるようなバタバタ状態でした。今年は同好会のそれもメンバーが30名もいる同好会の長としていろいろと大変のようでした。おまけに、台風の影響もありテントを立てたり畳んだりと大分とほんろうされたようです。その上に、専攻の仲間のブースあり、知り合いから頼まれた模擬店のお手伝い。それに自分の作品の展示と本当にバタバタ、ギリギリ状態のようでした。
私は娘がどのような模擬店をしているのか、どんな作品を展示してるのかも気になりましたが、大学祭(芸祭)で開催される音楽学部主催の「クラシック コンサート」も大いに気になっておりました。そのコンサートは本当に素晴らしかったです。素人の私でも感動モノでした。い~やあああ、こんなコンサートが無料で楽しめるのもいいですね。ソリストの田村 響氏のピアノ演奏、素人の感想ですが、見事と聞きほれました。
そんな大学祭の様子ですが・・・こんな内容ではその実態は伝わらないとは思いますがその一端をご紹介です。
芸祭-1(20171105).jpg 芸祭-2(20171105).jpg 芸祭-6(20171105).jpg 芸祭-3(20171105).jpg 芸祭-4(20171105).jpg 芸祭-5(20171105).jpg



「今日は何の日」

6日(月) 友引 [旧暦九月十八日]
【馬琴忌】
『南総里見八犬伝』『椿説弓張月』の作者として知られる江戸後期の戯作者、滝沢馬琴の命日。享年81。
盲目となりながらも口述筆記によって『八犬伝』が完成したのは、第1巻刊行から28年後の1842年(天保13年)、彼が75歳のときだった。墓は文京区・深光寺にある。

【年金週間】(~12日)
「11(いい)6(老後)」の語呂合わせから。
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の研修旅行に参加! [見学・鑑賞]

昨日(11/4)は、雲が多く、朝方は前線の関係かな?時々時雨れていました。それに風が強い、それに一昨日に比べると5℃以上最高気温が低かったのでは無いかと思われます。その上に、日差しが無く、風が強いことから体感温度はもっと低く感じたと思います。
そんな昨日の話ではなく、何やら晴れの特異日と言われている一昨日の話題です。その特異日の名に恥じないような見事な青空が広がった一日でした。そんな一昨日は、次女の通う大学の美術教育後援会主催の「2017年度 秋の懇親会 美術研修旅行」に妻と二人で参加してきました。行き先は奈良県の室生寺と安部文珠院の二か所です。今回で3回目の参加でしたが、毎回、大学の美術史のご専門の先生の詳しい解説付きなので、見どこをなどがよく分かり目からうろこということも多々あります。何の知識や見どころが解らずただボ~と見るのとは雲泥の差です。例えば室生寺の菩薩像などの下ぶくれの愛らしい表情や釈迦如来像の衣のひだの線特徴や光背の彩色同時のものがそのまま残っていることなど!。また、阿部文珠院の文殊菩薩像の胸を覆う衣は珍しいとか、見どころやその特徴、時代の流行りとかが・・・
昼食付き、ご専門の先生のご説明ご案内付きで1人3,500円は随分とお得感があります。来年も日にちさえ合えば是非参加したいと思っております。
写真はこうした寺社仏閣なので内部の撮影は禁止なのでご報告できるような写真はたいしてありませんが・・

◇室生寺
室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名があります。
今回は金堂「国宝」の内部の立像を特別拝観ということで近くで見ることが出来ました。先生の詳しい解説を事前にお聞きしていたことから、そのところを凝視してきました。しばらく、ひざまずいて見とれました。

室生寺-1(20171103).jpg


室生寺-2(20171103).jpg
金堂「国宝」


室生寺-3(20171103).jpg
本堂「国宝」


室生寺-4(20171103).jpg
五重塔「国宝」


室生寺-5(20171103).jpg
室生寺-6(20171103).jpg
室生寺-7(20171103).jpg
室生寺-8(20171103).jpg
室生寺-9(20171103).jpg




室生寺-10(20171103).jpg
室生寺-11(20171103).jpg
室生寺-12(20171103).jpg



◇研修資料
室生寺-13(20171103).jpg 室生寺-14(20171103).jpg 室生寺-15(20171103).jpg


◇安部文珠院
安倍文殊院(あべもんじゅいん)は奈良県桜井市にある華厳宗の寺院。山号は安倍山。本尊は文殊菩薩。開基(創立者)は安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)になります。
ここではまず、お抹茶をいただきながらお坊さんのお話をお聞きし、そのあとで先生の解説をお聞きして、実際に文殊菩薩像を拝観させていただきました。その大きさにはアッと驚きました。
安部文珠院-1(20171103).jpg 安部文珠院-2(20171103).jpg 安部文珠院-3(20171103).jpg 安部文珠院-4(20171103).jpg
安部文珠院の看板より


◇研修資料
安部文珠院-5(20171103).jpg


◇昼食は橿原ロイヤルホテルでした。
 たぶん、参加費はこの昼食代ぐらいかな?
お昼(20171103).jpg


私の日記のようなブログでした。
すみません、こんな内容にお付き合いいただき!

今日は、妻と二人で次女の通う大学の大学祭に出かっけます。
学生たちの作品を見たり、模擬店を覗いたとそして、音楽学部の先生のコンサートも鑑賞の予定です。
そう、この美術研修旅行の企画はこの大学祭に合わせて毎年行われております。京都以外の学生の父兄が大学祭の見学と共にできるという事のようです。なので私たちは京都駅でバスを降りましたが、そのまま大学に向かい夜の大学祭を鑑賞される方も多くおられます。




「今日は何の日」

4日(土) 赤口 [旧暦九月十六日・望]

【ユネスコ憲章記念日】
1946年(昭和21年)のこの日、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が発足したことを記念して設けられた日。日本がユネスコに加盟したのは1951年(昭和26年)7月2日。
ちなみに、これを記念して埼玉県所沢市には世界各国の家屋を摸したユネスコ村が建設されたが、1990年(平成2年)のこの日に閉村となった。
nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

薔薇展で雨宿り! [見学・鑑賞]

昨日(10/20)は、曇りの天気予報でしたが、またまた外れましたね。それに予報で言われているほど気温も上がらず、結局は雨が降ったり止んだりを繰り返す冷たい一日となりました。
そんな昨日も朝の仕事帰りにいつものように植物園に寄り道でした。私が植物園に入るときは雨も小康状態だったのですが、カメラ片手にブラブラと歩いていると雨が降り出し、とても撮影どころのではありません。雨もそれなりの雨足になり、カメラを濡らしては大変と屋根のある植物園会館に逃げ込みます。そこでは昨日から「第50回 薔薇展」が開催でまだ少し飾り付けが残っているようでバタバタとしていましたが、一応、開展時間は過ぎておりましたので、お声をかけて観賞させていただきました。
い~やああ、本当に良い香りに包まれていました。まだ、初日と言うこともあり、薔薇の花も元気で香りも強かったようです。雨のおかげで良いものを見させていただきました。
そんな薔薇展です。

薔薇展-1(20171020).jpg 薔薇展-2(20171020).jpg 薔薇展-3(20171020).jpg 薔薇展-4(20171020).jpg 薔薇展-5(20171020).jpg 薔薇展-6(20171020).jpg 薔薇展-7(20171020).jpg 薔薇展-8(20171020).jpg 薔薇展-9(20171020).jpg 薔薇展-10(20171020).jpg


今日も雨の一日になりそうですね。そして明日、明後日は台風と秋雨前線の影響で雨、暴風とかの雨続きのようです。
この雨のおかげで、京都では京都三大祭のひとつとも言われている「時代祭」が延期ではなく中止になったようです。
このお祭りの見学を楽しみに観光に来られたかたもたくさんおられるでしょうね。そんな方たちはがったりでしょうね。


「今日は何の日」

21日(土) 仏滅 [旧暦九月二日]
【あかりの日】
1879年(明治12年)のこの日、アメリカの発明王トーマス・エジソンが作成した白熱電球がこの日までの3日間にわたり灯り続けたことにちなみ日本電球工業会、日本電気協会などが1981年(昭和56年)に制定した。ちなみにフィラメントには高温でも融解しにくい京都・石清水八幡宮の真竹
   が使われた。

【国際反戦デー】
1967年(昭和42年)のこの日、世界各地でアメリカのベトナム戦争介入に反対する集会が開かれたことから、ベトナム戦争反対の国際統一行動日となった。ベトナム戦争終結後は世界平和実現のための行動日となる。

【直哉忌】
武者小路実篤らと雑誌『白樺』を創刊し、『城の崎にて』『暗夜行路』などの作品で知られる作家、志賀直哉の命日。享年88。
広島・尾道の彼の旧居跡には「おのみち文学の館」が設けられている。

【早稲田大学開校記念日】
1882年(明治15年)のこの日、大隈英麿らが東京の牛込に「東京専門学校」を設置、1902年(明治35年)のこの日、早稲田大学に改名、開校式が行われたことによる。政治経済学科、法学科、文学科が設けられた。
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

雨模様 イベントは大変だっただろうな!? [見学・鑑賞]

昨日(10/15)は、朝から本格的な雨が降る一日でした。それに気温も朝からほとんど上がらないという一日に!。こんな雨もようなのでほぼ一日ろう城状態でした。出かけたのは雨の中散歩を兼ねて駅まで定期券を購入するために・・別に昨日でなくてもよかったのですが、行かないと一日家から出ないことになるので無理やりの定期券の購入でした。それに、ICカードの定期券を改札口でタッチするたびに「18日までです」と表示されるのがうっとおしかったので!
そんなことで当然、話題がありません。そこで、一昨日の土曜日(14日)に撮影したイベントの写真です。
土曜の朝に、毎週のように植物園でもらう「週刊植物園」の週刊見頃情報のコーナーを見ていて、見ごろマークが付いているもので撮り忘れていたものがあり急きょ出かけました。何とか目的の植物の写真を撮影してブラブラと歩いていると何やらイベントの準備がされており、仮装をした人たちもゾロゾロと歩いています。どうやら植物園では、吉本とコラボで何やらイベントが開かれているようです。この日の土曜は何とか雨が降らずに済んだようですが、昨日は一日が雨!。多くの作品が段ボール製のようです。昨日の雨では主催者はどうされたのでしょうかね? たぶん、作品が雨で濡れたらほとんど潰れてしまいそうなものなので、それにイベントを見に来るお客さんも少なかったでしょうね。
そんなチラ見のイベントの様子です
イベント-1(20171014).jpg イベント-2(20171014).jpg イベント-3(20171014).jpg イベント-4(20171014).jpg イベント-5(20171014).jpg イベント-6(20171014).jpg


最近のポン菓子の機械は近代的ですね。北山門の前でこんな大砲のようなポン菓子の機械を見ました。
イベント-7(20171014).jpg イベント-8(20171014).jpg


◇植物園の中ではこんな出来事も
カメラと三脚を担いで歩いていると、向こうの方から何となく見たことのある顔が・・近くまで来てほとんど同時にお互いに気がつきました。前に勤めていた会社の先輩でした。しばし、立ち話で近況報告と世間話を! その先輩からは務めていた時よりも顔色も健康そうだし元気そうだと褒められました。お世辞でもうれしいというか、務めていた時はそんな不健康な顔をしていたのかな? ま~最近は規則正しい生活で務めて歩くように心がけておりますのでその点では、その頃よりも健康的な生活かも(^_^)ニコニコ
その話の中で、「秋の山野草としだ展」に私の元上司が主催者の一員として受付におられるとお聞きして急きょ、撮影を切り上げて向かいました。ここでも、近況報告などを・・・
帰りがけに絵葉書をいただきました。
偶然にお二人にも・・・そして京都山草会に入りませんかと誘われました。少し、ぐらっと来ましたが・・
この「秋の山野草としだ展」は室内ですが、それでも昨日のあの雨では観覧者今一だったでしょうね。
イベント-9(20171014).jpg イベント-10(20171014).jpg イベント-11(20171014).jpg イベント-13(20171014).jpg



イベントの主催者は雨はつらいでしょうね。
外のお仕事の方も!



「今日は何の日」

16日(月) 仏滅 [旧暦八月二十七日]
【世界食糧デー】
1945年(昭和20年)のこの日、国連食糧農業機関(FAO)憲章が発効され、FAOが設立されたことにちなんだもの。1981年(昭和56年)に制定。
FAOは食料の確保、飢餓の解決をその目的としている。

【ボスデー】
1958年(昭和33年)10月、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスが会社を経営していた父親のために、経営者と部下の関係を円滑にしようとボスの日を提唱。この日は仕事上のボスをランチに招待したり、プレゼントを贈ったりする。
nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

野外彫刻展 [見学・鑑賞]

昨日(10/2)は朝から雨の一日に、それも本格的な雨模様でした。気温も低めに推移でしたが、雨のおかげで湿度が上がり、なんとなく蒸し暑さも・・・
そんなことで、話題も無いことから、いつもの植物園で開催されている「野外彫刻展」で失礼します。
京都府植物園では9月30日(土)から第49回「野外彫刻展」が開催されいることから、少しだけ駆け足で先日覗いてきました。植物園で花の撮影にと間取り、彫刻展の方はゆっくりと見る時間がとれませんでした。15日の日曜日まで行われているとのことですので、またまた、朝の仕事の帰りの寄り道の時にでも少しづつ見たいと思っています。ということで、今日の紹介はたまたま見たものの紹介ということで、作品は園内に約40点ほど点在しているようなので、探しながら見てみます。

彫刻展-1(20170930).jpg


彫刻展-2(20170930).jpg
「ひと模様」 作:河田博子


彫刻展-3(20170930).jpg
「DANCING」 作:山口裕之


彫刻展-4(20170930).jpg
「プチプリマ とっておきの・・・」 作:岩木幹雄


彫刻展-5(20170930).jpg
「Sanctuaire de paresseux(怠け者の祠)」 作:とーじ・まサトシ


彫刻展-6(20170930).jpg
「人生七転び八起きⅡ」 作:山本由有


彫刻展-7(20170930).jpg
「家族達Ⅵ」 作:西見智之


彫刻展-8(20170930).jpg
「カリヨンの鐘~Happy Bell~」 作:佐藤浩二郎


彫刻展-9(20170930).jpg
「STAIRS」 作:山崎 良


彫刻展-10(20170930).jpg
「三つのアラベスクⅡ」 作:松下幸夫


彫刻展-11(20170930).jpg
「モンスタードラゴン 木矢竜」 作:長谷川邦嘉


彫刻展-12(20170930).jpg
「双」 作:北村香織


彫刻展-13(20170930).jpg
「新生の息吹Ⅱ」 作:小倉輝正


彫刻展-14(20170930).jpg



ただの羅列でした。


こんな話題も
地下鉄に乗っているときに見かけた光景です。
地下鉄に乗っていると席の向かいに白人系の観光客のご夫婦と思われる方が座っておられました。何やら急にご主人の方が、手荷物用のリュックを開けて何やらごそごそとされています。隣では奥様が心配そうに眺めていおられました。ご主人はリュックの中を開けまくっていました。何か探し物ですね。しばらくゴソゴソとしていたかと思うと、チケットのようなものを出してこられました。どうやら地下鉄の切符ではなく、袋のようなものに入っていましたのでもう少し大きなもので、新幹線の切符とかホテルなどの予約票か何かだったのだと思います。見つけた時に思わずそのご主人が胸の前て十字を切っておられました。
こんな十字を切る光景をテレビや映画以外で実際に見たのは初めてでした。あ~本当にするのだと、妙に感心して眺めてしまいました。当然、ご夫婦の安心した笑顔も忘れられません。ただ、それだけのことですが、何かとても不思議な光景というか、こちらまでうれしくなった瞬間でしたので、ご紹介でした。
ハイ、どうでもいい話題でした。



「今日は何の日」

3日(火) 先負 [旧暦八月十四日]
【ドイツ統一の日】
1990年(平成2年)のこの日、東西に分かれていたドイツが45年ぶりに統一され、ドイツ連邦共和国が誕生した。

【登山の日】
1991年(平成3年)に(社)日本アルパインガイド協会が制定。「10(と)3(ざん)」の語呂合わせ。

【蛇笏(だこつ)忌】
『雲母』を主宰した大正・昭和期の俳人、飯田蛇笏の命日。郷里の山梨にあって句作に励み、不如帰(ほととぎす)系の俊英として俳壇に重要な地位を占めた。

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに写真展にブラリ! [見学・鑑賞]

昨日(9/14)も安定した、雨の心配の要らない一日となりました。気温は少し高めでしたが、過ごしやすい一日となりました。そんな昨日は大分以前に招待券をいただいていた京都文化博物館で開催されている「パリ・マグナム写真展」というものに行ってきました。

開催趣旨には
********************************************************
1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成されました。以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残す多くの写真家を輩出し、世界最高の写真家集団として今も常に地球規模で新しい写真表現を発信し続けています。
本展は、2014年12月から翌年4月までパリ市庁舎で開催され、大きな反響を呼んだ展覧会の海外巡回展として企画。マグナム・フォト設立70周年にあたり、60万点に及ぶ所属写真家の作品の中から、パリをテーマにした作品131点を選び展観するものです。
芸術の都・パリは多くの歴史的事件の舞台でもあり、かつ、写真術発明以来、常に「写真の首都」でもありました。20世紀の激動を最前線で見つめ続け、現代においても現在進行形の歴史をとらえ続けるマグナムの写真家たちが提示する豊穣なイメージは、都市とそこに生きる人々の歴史にとどまらず、写真表現の豊かさをも我々に提示してくれると同時に、世界を発見する驚きに満ちた写真家たちの視線を追体験させてくれます。
********************************************************
と解説がありました。
前半はその時代時代の出来事を報道写真のようにとらえ、その一瞬を歴史に、後世に伝えているという感じで、しばらく見入っていました。
後半は見るのが疲れてということもありますが、歴史を伝えるという迫力がかけていたかも・・・何て素人が思いながら眺めておりました。
ネタも無いことからそんな話題で失礼しました。

写真展-1(20170914).jpg
文化博物館


写真展-2(20170914).jpg


写真展-3(20170914).jpg
写真展の入り口、写真撮影はここだけ


写真展-4(20170914).jpg
パンフと入場券


写真展-5(20170914).jpg
パンフの裏面




追伸:そうそう、9月12日に「梶の木の果実が美味しそう!」(←そのブログ)とご紹介したと梶の木の実を食べてみました。
それなりに甘さもあり、結構おいしかったですよ。何となく食感は私が悪ガキだったころ食べた桑の実の甘さに近いかも・・・今の子供には甘さが足りなく感じるかも知れませんが・・・それよりも不潔だから食べないでとお母さんに言われそうですね。
結構、味は気に入ったのですが、小さな種が口の中に残り、それを吐き出すのが大変でした。
食べて感想を聞かせてというご意見もありましたので、ここでご披露でした。



「今日は何の日」

15日(金) 先勝 [旧暦七月二十五日]
【ひじきの日】
栄養豊富なヒジキをもっと食べて健康長寿につなげてもらおうと三重県ヒジキ協同組合が制定した日。かつての敬老の日にちなんだもの。ひじきにはカルシウム、鉄分が多く含まれる。

【シルバーシート記念日】
1973年(昭和48年)のこの日、東京・中央線にお年寄り・身体障害者の優先座席、シルバーシートが初めて登場したことに由来。

【鳥羽僧正忌】
国宝『鳥獣戯画(鳥獣人物戯画)』を描いたとされる鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の命日。
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 見学・鑑賞 ブログトップ