So-net無料ブログ作成
見学・鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

薔薇展で雨宿り! [見学・鑑賞]

昨日(10/20)は、曇りの天気予報でしたが、またまた外れましたね。それに予報で言われているほど気温も上がらず、結局は雨が降ったり止んだりを繰り返す冷たい一日となりました。
そんな昨日も朝の仕事帰りにいつものように植物園に寄り道でした。私が植物園に入るときは雨も小康状態だったのですが、カメラ片手にブラブラと歩いていると雨が降り出し、とても撮影どころのではありません。雨もそれなりの雨足になり、カメラを濡らしては大変と屋根のある植物園会館に逃げ込みます。そこでは昨日から「第50回 薔薇展」が開催でまだ少し飾り付けが残っているようでバタバタとしていましたが、一応、開展時間は過ぎておりましたので、お声をかけて観賞させていただきました。
い~やああ、本当に良い香りに包まれていました。まだ、初日と言うこともあり、薔薇の花も元気で香りも強かったようです。雨のおかげで良いものを見させていただきました。
そんな薔薇展です。

薔薇展-1(20171020).jpg 薔薇展-2(20171020).jpg 薔薇展-3(20171020).jpg 薔薇展-4(20171020).jpg 薔薇展-5(20171020).jpg 薔薇展-6(20171020).jpg 薔薇展-7(20171020).jpg 薔薇展-8(20171020).jpg 薔薇展-9(20171020).jpg 薔薇展-10(20171020).jpg


今日も雨の一日になりそうですね。そして明日、明後日は台風と秋雨前線の影響で雨、暴風とかの雨続きのようです。
この雨のおかげで、京都では京都三大祭のひとつとも言われている「時代祭」が延期ではなく中止になったようです。
このお祭りの見学を楽しみに観光に来られたかたもたくさんおられるでしょうね。そんな方たちはがったりでしょうね。


「今日は何の日」

21日(土) 仏滅 [旧暦九月二日]
【あかりの日】
1879年(明治12年)のこの日、アメリカの発明王トーマス・エジソンが作成した白熱電球がこの日までの3日間にわたり灯り続けたことにちなみ日本電球工業会、日本電気協会などが1981年(昭和56年)に制定した。ちなみにフィラメントには高温でも融解しにくい京都・石清水八幡宮の真竹
   が使われた。

【国際反戦デー】
1967年(昭和42年)のこの日、世界各地でアメリカのベトナム戦争介入に反対する集会が開かれたことから、ベトナム戦争反対の国際統一行動日となった。ベトナム戦争終結後は世界平和実現のための行動日となる。

【直哉忌】
武者小路実篤らと雑誌『白樺』を創刊し、『城の崎にて』『暗夜行路』などの作品で知られる作家、志賀直哉の命日。享年88。
広島・尾道の彼の旧居跡には「おのみち文学の館」が設けられている。

【早稲田大学開校記念日】
1882年(明治15年)のこの日、大隈英麿らが東京の牛込に「東京専門学校」を設置、1902年(明治35年)のこの日、早稲田大学に改名、開校式が行われたことによる。政治経済学科、法学科、文学科が設けられた。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

雨模様 イベントは大変だっただろうな!? [見学・鑑賞]

昨日(10/15)は、朝から本格的な雨が降る一日でした。それに気温も朝からほとんど上がらないという一日に!。こんな雨もようなのでほぼ一日ろう城状態でした。出かけたのは雨の中散歩を兼ねて駅まで定期券を購入するために・・別に昨日でなくてもよかったのですが、行かないと一日家から出ないことになるので無理やりの定期券の購入でした。それに、ICカードの定期券を改札口でタッチするたびに「18日までです」と表示されるのがうっとおしかったので!
そんなことで当然、話題がありません。そこで、一昨日の土曜日(14日)に撮影したイベントの写真です。
土曜の朝に、毎週のように植物園でもらう「週刊植物園」の週刊見頃情報のコーナーを見ていて、見ごろマークが付いているもので撮り忘れていたものがあり急きょ出かけました。何とか目的の植物の写真を撮影してブラブラと歩いていると何やらイベントの準備がされており、仮装をした人たちもゾロゾロと歩いています。どうやら植物園では、吉本とコラボで何やらイベントが開かれているようです。この日の土曜は何とか雨が降らずに済んだようですが、昨日は一日が雨!。多くの作品が段ボール製のようです。昨日の雨では主催者はどうされたのでしょうかね? たぶん、作品が雨で濡れたらほとんど潰れてしまいそうなものなので、それにイベントを見に来るお客さんも少なかったでしょうね。
そんなチラ見のイベントの様子です
イベント-1(20171014).jpg イベント-2(20171014).jpg イベント-3(20171014).jpg イベント-4(20171014).jpg イベント-5(20171014).jpg イベント-6(20171014).jpg


最近のポン菓子の機械は近代的ですね。北山門の前でこんな大砲のようなポン菓子の機械を見ました。
イベント-7(20171014).jpg イベント-8(20171014).jpg


◇植物園の中ではこんな出来事も
カメラと三脚を担いで歩いていると、向こうの方から何となく見たことのある顔が・・近くまで来てほとんど同時にお互いに気がつきました。前に勤めていた会社の先輩でした。しばし、立ち話で近況報告と世間話を! その先輩からは務めていた時よりも顔色も健康そうだし元気そうだと褒められました。お世辞でもうれしいというか、務めていた時はそんな不健康な顔をしていたのかな? ま~最近は規則正しい生活で務めて歩くように心がけておりますのでその点では、その頃よりも健康的な生活かも(^_^)ニコニコ
その話の中で、「秋の山野草としだ展」に私の元上司が主催者の一員として受付におられるとお聞きして急きょ、撮影を切り上げて向かいました。ここでも、近況報告などを・・・
帰りがけに絵葉書をいただきました。
偶然にお二人にも・・・そして京都山草会に入りませんかと誘われました。少し、ぐらっと来ましたが・・
この「秋の山野草としだ展」は室内ですが、それでも昨日のあの雨では観覧者今一だったでしょうね。
イベント-9(20171014).jpg イベント-10(20171014).jpg イベント-11(20171014).jpg イベント-13(20171014).jpg



イベントの主催者は雨はつらいでしょうね。
外のお仕事の方も!



「今日は何の日」

16日(月) 仏滅 [旧暦八月二十七日]
【世界食糧デー】
1945年(昭和20年)のこの日、国連食糧農業機関(FAO)憲章が発効され、FAOが設立されたことにちなんだもの。1981年(昭和56年)に制定。
FAOは食料の確保、飢餓の解決をその目的としている。

【ボスデー】
1958年(昭和33年)10月、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスが会社を経営していた父親のために、経営者と部下の関係を円滑にしようとボスの日を提唱。この日は仕事上のボスをランチに招待したり、プレゼントを贈ったりする。
nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

野外彫刻展 [見学・鑑賞]

昨日(10/2)は朝から雨の一日に、それも本格的な雨模様でした。気温も低めに推移でしたが、雨のおかげで湿度が上がり、なんとなく蒸し暑さも・・・
そんなことで、話題も無いことから、いつもの植物園で開催されている「野外彫刻展」で失礼します。
京都府植物園では9月30日(土)から第49回「野外彫刻展」が開催されいることから、少しだけ駆け足で先日覗いてきました。植物園で花の撮影にと間取り、彫刻展の方はゆっくりと見る時間がとれませんでした。15日の日曜日まで行われているとのことですので、またまた、朝の仕事の帰りの寄り道の時にでも少しづつ見たいと思っています。ということで、今日の紹介はたまたま見たものの紹介ということで、作品は園内に約40点ほど点在しているようなので、探しながら見てみます。

彫刻展-1(20170930).jpg


彫刻展-2(20170930).jpg
「ひと模様」 作:河田博子


彫刻展-3(20170930).jpg
「DANCING」 作:山口裕之


彫刻展-4(20170930).jpg
「プチプリマ とっておきの・・・」 作:岩木幹雄


彫刻展-5(20170930).jpg
「Sanctuaire de paresseux(怠け者の祠)」 作:とーじ・まサトシ


彫刻展-6(20170930).jpg
「人生七転び八起きⅡ」 作:山本由有


彫刻展-7(20170930).jpg
「家族達Ⅵ」 作:西見智之


彫刻展-8(20170930).jpg
「カリヨンの鐘~Happy Bell~」 作:佐藤浩二郎


彫刻展-9(20170930).jpg
「STAIRS」 作:山崎 良


彫刻展-10(20170930).jpg
「三つのアラベスクⅡ」 作:松下幸夫


彫刻展-11(20170930).jpg
「モンスタードラゴン 木矢竜」 作:長谷川邦嘉


彫刻展-12(20170930).jpg
「双」 作:北村香織


彫刻展-13(20170930).jpg
「新生の息吹Ⅱ」 作:小倉輝正


彫刻展-14(20170930).jpg



ただの羅列でした。


こんな話題も
地下鉄に乗っているときに見かけた光景です。
地下鉄に乗っていると席の向かいに白人系の観光客のご夫婦と思われる方が座っておられました。何やら急にご主人の方が、手荷物用のリュックを開けて何やらごそごそとされています。隣では奥様が心配そうに眺めていおられました。ご主人はリュックの中を開けまくっていました。何か探し物ですね。しばらくゴソゴソとしていたかと思うと、チケットのようなものを出してこられました。どうやら地下鉄の切符ではなく、袋のようなものに入っていましたのでもう少し大きなもので、新幹線の切符とかホテルなどの予約票か何かだったのだと思います。見つけた時に思わずそのご主人が胸の前て十字を切っておられました。
こんな十字を切る光景をテレビや映画以外で実際に見たのは初めてでした。あ~本当にするのだと、妙に感心して眺めてしまいました。当然、ご夫婦の安心した笑顔も忘れられません。ただ、それだけのことですが、何かとても不思議な光景というか、こちらまでうれしくなった瞬間でしたので、ご紹介でした。
ハイ、どうでもいい話題でした。



「今日は何の日」

3日(火) 先負 [旧暦八月十四日]
【ドイツ統一の日】
1990年(平成2年)のこの日、東西に分かれていたドイツが45年ぶりに統一され、ドイツ連邦共和国が誕生した。

【登山の日】
1991年(平成3年)に(社)日本アルパインガイド協会が制定。「10(と)3(ざん)」の語呂合わせ。

【蛇笏(だこつ)忌】
『雲母』を主宰した大正・昭和期の俳人、飯田蛇笏の命日。郷里の山梨にあって句作に励み、不如帰(ほととぎす)系の俊英として俳壇に重要な地位を占めた。

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに写真展にブラリ! [見学・鑑賞]

昨日(9/14)も安定した、雨の心配の要らない一日となりました。気温は少し高めでしたが、過ごしやすい一日となりました。そんな昨日は大分以前に招待券をいただいていた京都文化博物館で開催されている「パリ・マグナム写真展」というものに行ってきました。

開催趣旨には
********************************************************
1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成されました。以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残す多くの写真家を輩出し、世界最高の写真家集団として今も常に地球規模で新しい写真表現を発信し続けています。
本展は、2014年12月から翌年4月までパリ市庁舎で開催され、大きな反響を呼んだ展覧会の海外巡回展として企画。マグナム・フォト設立70周年にあたり、60万点に及ぶ所属写真家の作品の中から、パリをテーマにした作品131点を選び展観するものです。
芸術の都・パリは多くの歴史的事件の舞台でもあり、かつ、写真術発明以来、常に「写真の首都」でもありました。20世紀の激動を最前線で見つめ続け、現代においても現在進行形の歴史をとらえ続けるマグナムの写真家たちが提示する豊穣なイメージは、都市とそこに生きる人々の歴史にとどまらず、写真表現の豊かさをも我々に提示してくれると同時に、世界を発見する驚きに満ちた写真家たちの視線を追体験させてくれます。
********************************************************
と解説がありました。
前半はその時代時代の出来事を報道写真のようにとらえ、その一瞬を歴史に、後世に伝えているという感じで、しばらく見入っていました。
後半は見るのが疲れてということもありますが、歴史を伝えるという迫力がかけていたかも・・・何て素人が思いながら眺めておりました。
ネタも無いことからそんな話題で失礼しました。

写真展-1(20170914).jpg
文化博物館


写真展-2(20170914).jpg


写真展-3(20170914).jpg
写真展の入り口、写真撮影はここだけ


写真展-4(20170914).jpg
パンフと入場券


写真展-5(20170914).jpg
パンフの裏面




追伸:そうそう、9月12日に「梶の木の果実が美味しそう!」(←そのブログ)とご紹介したと梶の木の実を食べてみました。
それなりに甘さもあり、結構おいしかったですよ。何となく食感は私が悪ガキだったころ食べた桑の実の甘さに近いかも・・・今の子供には甘さが足りなく感じるかも知れませんが・・・それよりも不潔だから食べないでとお母さんに言われそうですね。
結構、味は気に入ったのですが、小さな種が口の中に残り、それを吐き出すのが大変でした。
食べて感想を聞かせてというご意見もありましたので、ここでご披露でした。



「今日は何の日」

15日(金) 先勝 [旧暦七月二十五日]
【ひじきの日】
栄養豊富なヒジキをもっと食べて健康長寿につなげてもらおうと三重県ヒジキ協同組合が制定した日。かつての敬老の日にちなんだもの。ひじきにはカルシウム、鉄分が多く含まれる。

【シルバーシート記念日】
1973年(昭和48年)のこの日、東京・中央線にお年寄り・身体障害者の優先座席、シルバーシートが初めて登場したことに由来。

【鳥羽僧正忌】
国宝『鳥獣戯画(鳥獣人物戯画)』を描いたとされる鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の命日。
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

黄桜 伏水蔵の見学 [見学・鑑賞]

昨日(9/8)は、一日、安定した青空が広がり、雨の心配は無用な一日となりました。
そんな昨日は、妻と二人で黄桜の「伏水蔵(ふしみずぐら)」の見学に行ってきました。前々から知っていて行きたいなと思って中々行く機会が無かったのですが、この青空に誘われて行ってきました。
何せ見学は無料だし、送迎バスも無料なので!
工場が動いているところが、見学通路からではありますが、見られるようにと平日を選んだのですが残念ながらほとんど動いていませんでした。でもそれなりに楽しませていただきました。結構、展示にもお金がかかっているという感じでした。
一銭もお金を落とさないのも申訳ないと、妻と二人で地ビールの飲み比べセットを注文していただきました。
そんな見学の様子の写真の羅列です。

見学-1(20170908).jpg 見学-2(20170908).jpg 見学-3(20170908).jpg 見学-4(20170908).jpg 見学-5(20170908).jpg 見学-6(20170908).jpg 見学-7(20170908).jpg 見学-8(20170908).jpg 見学-9(20170908).jpg 見学-10(20170908).jpg 見学-11(20170908).jpg
「飲み比べセット」
左から「ケルシュ」、「アルト」、「蔵のかおり」となります
私は「蔵のかおり」が一番気に入ったかも!


見学-12(20170908).jpg


見学-16(20170908).jpg
若い人はご存じないかも


見学-13(20170908).jpg
見学-14(20170908).jpg
見学-15(20170908).jpg


見学-17(20170908).jpg
私の最近の相棒の帽子も・・



少し駅から離れて不便なところですが、車でなく無料送迎バスなどを使って行かれると、日本酒や地ビールがいただけますよ、こちらは有料ですが( ^_^)/□☆□\(^_^ )
失礼しました
何回も見学にはこないかも知れませんが、楽しませていただきました。


「今日は何の日」

9日(土) 先勝 [旧暦七月十九日]
【重陽(ちょうよう)】
五節句のひとつ。この日は陽数の9がふたつ重なるため、重陽の節句、重九(ちょうく)の節句という。中国では古くからこの日に、邪気を払い長寿を祈って菊花酒を飲む風習があった。菊の花には万病に効霊力があると信じられていた。菊の節句とも言う。

【救急の日】
救急医療の大切さを理解してもらうために設けられた日。1982年(昭和57年)に厚生省(現在の厚生労働省)と消防庁が制定したもので、救急処置の講習会が開かれる。「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせ。

【チョロQの日】
玩具メーカーのタカラが自社商品「チョロQ」のPRのために制定。
チョロQは1980年(昭和55年)12月に発売開始。発売1年間で1000万台が販売された。2002年には公道を走行できるチョロQタイプの1人乗り電気自動車「Q-CAR」も発売された。
nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

さつき展と外食! [見学・鑑賞]

昨日(5/22)は朝から暑いです。もちろん昼からも夕方も暑いです。暑すぎます。
そんな昨日は妻と京都府立植物園で妻と待ち合わせ! 私は午前中の仕事が終えてから、このところ話題にしている年間入園パスで追いかけて入りました。
妻の目的は花の写生、私は植物園をウロウロしながら花などの撮影です。植物園で写生をしている方が何人もおられるのですが、日焼け対策がすごい、日焼け止めに全身を覆っています。それ、熱中症が心配になる格好でもあります。妻は日陰でないと花など写生していられないと、そうですよね、この暑さなら・・・
そして、植物園にできた新しい出入り口「北泉門」のすぐ横の京都府立大学の構内にある学食を兼ねたレストラン「Dell Cafe たまご」に混雑するお昼の時間帯を避けて遅めのお昼に・・・そうそう、新しく4月に開館した「京都学・歴彩館」にもウロウロと見学でした。
そんな暑さの中で一日に様子です

◇植物園と青空
 たぶん、最高気温は33℃を超えたのでは?(気象庁発表は32℃とのこと!) 日差しの下では35℃超えですよね!
植物園-1(20170522).jpg 植物園-2(20170522).jpg 植物園-3(20170522).jpg 植物園-4(20170522).jpg


◇さつき展
 第54回とのことで見事なさつきの盆栽の数々・・・
 ひとつ欲しいとよだれが出ました。ま~枯らさずにこんなに綺麗に花を咲かせる自信ありませが
植物園-5(20170522).jpg 植物園-6(20170522).jpg 植物園-7(20170522).jpg 植物園-8(20170522).jpg 植物園-9(20170522).jpg 植物園-10(20170522).jpg 植物園-11(20170522).jpg 植物園-12(20170522).jpg 植物園-13(20170522).jpg 植物園-14(20170522).jpg


◇レストラン「Dell Cafe たまご」での外食
 さすがに遅めに行ったので売り切れのメニューも・・
 二人で外食することは少ないので
植物園-15(20170522).jpg 植物園-16(20170522).jpg 植物園-17(20170522).jpg 植物園-18(20170522).jpg 植物園-19(20170522).jpg
これ「やわらかプリン」はお店の方にサービスと言うことでいただきました(^_^)ニコニコ




ハイ、またまた他人にはどうでも話題でした。
そうそう、家に戻ってからはこの暑さなので、しまってある扇風機を急きょ物置から出して組み立てました。
気持ちの良い春はどこに行ったのでしょうね!


「今日は何の日」

23日(火) 先勝 [旧暦四月二十八日]

【火葬禁止令廃止の日】
1875年(明治8年)のこの日、明治政府により制定された火葬禁止令が廃止された。

【ラブレターの日】
浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』(1998年)の公開初日にちなみ、松竹株式会社が制定した日。また、この日は「5(こい)23(ぶみ)=恋文」の語呂合わせから。映画の主演は中井貴一。
ちなみに英語表記タイトルの映画『Love Letter』(1995年)は、中山美穂が2役を演じた岩井俊二監督の名作。

【田村忌】
811年(弘仁2年)のこの日、平安初期の武官で、征夷大将軍として陸奥国の蝦夷(えみし)を降した坂上田村麻呂が亡くなった。
命日のこの日に合わせて、京都・清水寺境内の成就院で法要が営まれる。
nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

「はらぺ娘(はらぺこ)」展 [見学・鑑賞]

昨日(5/15)は、安定したお天気の一日になりました京都です。その京都市内では昨日は京都三大祭の一つの「葵祭(あおいまつり)」が無事に行われました。昨日の京都市内の最高気温は27℃とのこと、祭りの行列の参加者も見学の方も汗だくだったかも知れませんね。そんな昨日は祭りの行われている近くを通りましたが、私は地下を、そう地下鉄で通り過ぎただけですが。たぶん、たくさんの人でにぎわっていたことだろうと思います。
私は近寄らずに、家で作業に汗を流しました。一つは、昨日の早朝にお風呂場でムカデを見つけまだ外が明けきれない時間帯にムカデと格闘でした。どこから入ってきたのやらと朝の仕事を終えて戻った後で、外壁にあるお風呂の湿気を抜く換気口にある古くなった網を新しいものに交換してみました。ここ以外に進入路が思いつかなかったので・・・
その後は、大きくなり過ぎた庭木をバサバサと大胆とも思えるほどにカットしました。これで大分すっきり、そしてお隣さんも明るくなったかも・・・そうそう、すっきりと言えば私も床屋さんに行ってすっきりでした。

さてさて、本題の次女も参加している【「はらぺ娘(はらぺこ)」展】です。
大学の構内のギャラリーで行われており、そして私と妻が行ったのが日曜日ということで、大学構内は学生さんが殆んどいなくガラ~ンとしていました。そんな娘の作品中心の紹介です。
共通テーマは食に関するものとのことのようです。

作品展-1(20170514).jpg
13人の紹介


作品展-2(20170514).jpg
「はらぺ娘」展のポスター?


作品展-3(20170514).jpg
会場風景


作品展-4(20170514).jpg
会場風景



◇娘の作品「木版画作品」

作品展-5(20170514).jpg
タイトル:すきまⅠ(ピーマンのすき間?)


作品展-6(20170514).jpg
タイトル:すきまⅡ(マカロニのすき間?)


作品展-7(20170514).jpg
タイトル:かじる


作品展-8(20170514).jpg
タイトル:すくう(バニラアイスクリーム)




◇娘の作品「クレイアニメ」

〇タイトル:「Three EGGs」の上映風景
作品展-10(20170514).jpg


〇そのクレイアニメの撮影で使われた自作のセットの台所
作品展-11(20170514).jpg 作品展-12(20170514).jpg 作品展-13(20170514).jpg


◇ちょっとだけ他の参加者の作品も紹介ということで
作品展-14(20170514).jpg 作品展-15(20170514).jpg 作品展-16(20170514).jpg 作品展-17(20170514).jpg 作品展-18(20170514).jpg



すみません、中途半端な紹介で・・・



「今日は何の日」

16日(火) 赤口 [旧暦四月二十一日]

【旅の日】
松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日が1689年3月27日であり、この日が太陽暦で5月16日にあたることにちなんで、1988年(昭和63年)に日本旅のペンクラブが制定。ともすれば忘れがちな旅の心を、そして旅とは何かという思索を込めて問いかける日。

【透谷忌】
『楚囚之詩』を記し、島崎藤村らと雑誌『文学界』を創刊した明治期の天才詩人、北村透谷の命日。享年26。彼が生まれた小田原には、顕彰碑が建てられている。
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

写真展にブラリ! [見学・鑑賞]

昨日(3/20)の朝も少し冷えましたが、日中は春を思わせるような暖かさの一日になりました。暑さ寒さも彼岸までとは本当によく言ったものだと感心しました。
昨日は午後まで青空が広がったのですが、空が青く見えません、京都は周りを山に囲まれいるのですが、その山もほとんど霞んで見えません。花粉の影響か、黄砂の影響かそれともその二つの影響か? これは花粉症の方にはたまらない日になったでしょうね。ご近所の花粉症の方と外でお会いした時もメガネにマスクという防備でしたが、お話しをしている間にも何度も何度もくしゃみをされます。これは長話はつらいだろうと早々に切り上げました。今日は昨夜から降り始めた雨で花粉の飛散は少ないかもで花粉症の方はホッとできるかも?(朝の4時現在、久しぶりにかなりの雨量です)
 昨日は知り合いがやっている写真展に出かけたのですが、地下鉄四条駅、京都駅ともホームにあふれんばかりの乗客です。そう3連休の再最終日なのでJRに向かうホームは大変なことに!四条駅の駅員さんも、「分散乗車にご協力ください、JR京都駅は先頭車両が便利です!」とずーっと連呼でした。

そんな昨日は、金澤 徹氏の写真展にお邪魔してきました。
白黒の写真の数々、白黒でありながら心の中で色が・・・
2001年9月11日にニューヨークで起きた事件、そしてその1週間後に自分自身の身に起きた事件! 多くのことが作品から思い出されました。
航空機のマンハッタン高層ビルへの大規模衝突事件の衝撃が残る中でその1週間後に自分の人生を大きく変える事件が起きるとは・・・そんなことを思い出しながらじっくりと鑑賞させていただきました。
展示会では、2001年の同時多発テロの2週間前のマンハッタン高層ビルとその後のビルが建設される様子などを定点観察としてその変化が展示されておりました。金澤 徹氏がおられてご本人の思いも含めてご説明もいただきました。
写真展-1(20170320).jpg 写真展-2(20170320).jpg 写真展-3(20170320).jpg 写真展-4(20170320).jpg 写真展-5(20170320).jpg 写真展-6(20170320).jpg 写真展-7(20170320).jpg


良ければ、26日(日)まで開催されておりますご覧ください。


★おまけの一枚

この急激な春のような暖かさで我が家の乙女椿も咲き出しました。
このピンク色が何とも心を癒してくれます。
椿-1(20170320).jpg 椿-2(20170320).jpg


「今日は何の日」

21日(火) 先勝 [旧暦二月二十四日]

【国際人種差別撤廃デー】
「世界中で人種差別の撤廃を求める運動を」という目的で、国連が制定した国際デー。この日から一週間が「人種差別主義と闘う人々との連帯週間」となる。

【ランドセルの日】
3+2+1の合計が小学校の修業年数6になることから増田利正氏が提唱。
ランドセルを手のひらにのるミニサイズに加工する店、ミニランドセルの「スキップ」を経営している。

【カラー映画の日】
1951年(昭和26年)のこの日、国産初の総天然色(カラー)映画『カルメン故郷に帰る』が封切られた。映画監督は木下恵介、主演は高峰秀子。
ストリッパーの主人公が、成功したと偽って故郷の信州に帰り、様々な騒動を巻き起こすという喜劇。

【弘法大師忌】
真言宗の開祖、弘法大師(空海)の忌日。「弘法も筆の誤り」でその名が知られるように、「三筆」の一人としても名高い。
彼は数多くの超人的な伝説を持ち、824年(天長元年)3月、干ばつの続く京都で雨乞いの呪法を行い、神泉苑の池中に潜む金竜善女を呼び出して3日間大雨を降らせた続けたという故事はよく知られている。
nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

伏見百景写真展へ [見学・鑑賞]

昨日(3/12)の朝は冷え込みました。しかし、日中は安定した青空が広がりどんどんと暖かく、久しぶりに日差しに春の温もりを感じた一日となりました。散歩で歩いていると汗をかくほどです。この暖かさ、さすがに人々の動きも活発で人出が多いです。
この暖かさに誘われて私も散歩に出かけました。ブラブラといつもの散歩コースを御香宮さんまで行くと参集館で何やら模様しものが開催されています。近寄って見ると「伏見百景写真展」とありました。そういえば、前に開催予定のチラシを見たのを思い出しました。それに無料という文字に誘われて入館しました。い~やあああ、私のいつもの散歩コースの伏見の景色が飾られています。そうか、こんな風に撮影すればいいのか! こんな風に撮影してみたいという参考になる写真の数々が!無料で楽しませていただきました。その上に気に入った写真の番号を投票するとガラポン抽選ができるとのこと、係りの人からも当たりの数が少ないので申訳ないですがと言われていたのでどうせ外れだろうとガラポン抽選機を回すと、「おめでとうございます、当たりです」と言われ、周りの関係者の方からも大きな拍手をいただきました。何やらうれしいやら恥ずかしいやらでした(^_^)ニコニコ
その抽選で当たったのが一時、著作権問題で販売中止となった「龍馬切手」なのです。会場に展示されていたこの切手の新聞記事を見て興味を持って読んでいたものなので、商品がそれと知り二度びっくりです。私の個人事業主としての業務の一つなのでそんな関係で当ててくれたのかな?

◇春の暖かさを感じられた景色
 グランドでは野球少年たちが気持ちよさそうでした。
青空-1(20170312).jpg 青空-2(20170312).jpg


◇御香宮の参集館で開催されていた「伏見百景写真展」
写真展-1(20170312).jpg 写真展-2(20170312).jpg 写真展-3(20170312).jpg


◇ガラポン抽選で当たった問題の記念切手
写真展-4(20170312).jpg


この記念切手シートは1200円と表示がありました
写真展-5(20170312).jpg


写真展-6(20170312).jpg
問題の新聞記事


*************************************
この「伏見百景写真展」について
京都・伏見百景写真展 「伏見の魅力」をアマチュア写真家が撮影

 伏見区在住のアマチュア写真家の山本正治さんが、撮影した伏見の風景や行事など220枚を展示する同展。
 山本さんは若いころ写真家を志したが「結婚を機に会社勤めを優先し、写真撮影を封印してきた」という。定年を控えたころ頸椎(けいつい)ヘルニアを患い、リハビリを兼ねて町を散策する際に「ただ歩くだけよりも気が紛れる」とコンパクトデジカメを手にしたところ「眠っていた写真への気持ちが再び目覚めたのが、本格的に撮影を再開したきっかけ」と山本さん。
 以来、伏見の町をくまなく歩き風景や祭り・行事などを撮影するうちに、徐々に活動範囲も広がり、神社の公式行事のカメラ撮影を任されるなど、伏見の行事には欠かせない存在になってきた。
 今回の写真展について「今年から来年にかけて、大政奉還や鳥羽・伏見の戦い150周年という、京都や伏見の分岐点になった行事が続く。この機会に、伏見の魅力を再発見できる場を作りたかった。そのために、全ての写真に解説を添え、伏見にまつわる音楽を流すなどの工夫もした」という。
 「自分自身で歩きながら撮影して感じたことだが、伏見に住んでいても意外と知らない景色や行事がある。伏見の良さや素晴らしさを、写真に残すとともに、次世代に伝えていけたら」とも。
伏見経済新聞より掲載

と紹介されていました。
*************************************

★おまけの一枚

昨日の午後の4時前ぐらいかな・・・
サイレンの音がするので外に出てみると河原では黒い煙がモクモクと
河原のヨシハラが火事のようです。最初はヨシハラ焼きかと思ったのですが!
何台もの消防車のサイレンと上空にはヘリコプターが・・・
火事-1(20170312).jpg 火事-2(20170312).jpg


追加です「火事の原因」
12日午後3時ごろ、京都市伏見区向島大河原の宇治川河川敷に、無線操縦のヘリコプターが墜落、炎上したと、119番通報があった。京都市消防局や京都府警によると、火は周囲のアシなどの枯れ草に燃え移り、約23ヘクタールを焼いて、午後5時17分に鎮圧された。けが人はいないという。
朝日新聞より


「今日は何の日」

13日(月) 大安 [旧暦二月十六日]
【青函トンネル開業記念日】
1988年(昭和63年)のこの日、本州と北海道を結ぶ青函トンネルが開業。
全長は53.85km、最深部は海面下240m。また、開業と同時に2つの海底駅「吉岡海底駅」「竜飛海底駅」が誕生した(北海道新幹線の建設に伴い、現在は廃止)。
2004年には竜飛海底駅で映画『エイリアンVSプレデター』の試写会が開かれ、世界最深の試写会としてギネスブックに申請された。

【漁業法記念日(水産デー)】
1949年(昭和24年)に漁業法が施行されたことを記念して制定された。

【サンドイッチデー】
「3(サンド)」と「1(イッチ)」の語呂合わせと、サンドイッチのように2つの「3」で「1」をはさんでいるので、この日に決められた。

【春日祭】
藤原氏にゆかりのある奈良・春日大社本社の例祭。
春日祭は2月と11月の上申の日に行われて申(さる)祭と呼ばれ、賀茂、石清水と並ぶ日本三大勅祭(宮中から勅使がお参りに伺う祭事)の一つ。
明治以後は3月13日にとり行われることになった。
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

地域の遺構! [見学・鑑賞]

昨日(3/6)の朝は暖かな朝でした。その後は一昨日の最高気温と同じぐらいまで上がると予想れれていましたが、やはり日差しが少ないことからそこまでの気温とはとても思えませんでした。
今朝もこの時期としたら暖かめとかですが、今日はこれから気温はあまり上がらず寒い予想がされています。今週はこれから寒い日が続くようですね。こんな時に体調を崩しがちですので要注意ですね。
昨日は、仕事で急にデータが必要になったと取引先よりメールが入っているのを出先で知り、急いで帰宅してバタバタと準備して送信。それに他の物件で整理したデータ・情報を送るのを忘れていたことからこれまたバタバタと内容の確認と校正!。
その他、バタバタとパソコンの前にへばりついておりました。
という言い訳をしながらこんな話題でブログのお茶を濁します。

◇展示会「伏見城と淀城」
少し前になりますが京都市考古資料館で「伏見城と淀城」という特別展示が開催されておりました。無料ということもあるので覗いてみました。行ったら係りの人が写真撮影もOKですよと(^_^)ニコニコ
私の地元なので担当者の方といろいろと話をさせていただきながら見学させていただきました。

〇展示会のパンフと考古資料館
伏見城-1(20170225).jpg 伏見城-2(20170225).jpg 伏見城-3(20170225).jpg


〇展示会場
伏見城-4(20170225).jpg 伏見城-5(20170225).jpg


〇出土した金箔瓦
伏見城-6(20170225).jpg 伏見城-7(20170225).jpg


〇焼けたおにぎりも出土
伏見城-8(20170225).jpg


〇向島城
 こんなところにお城があったのですね。
 確かに地名には二の丸などのお城があった町名も残っています。
 太閤堤があったところは現在は旧街道になっています。そうか堤の上に道を造ったからそこだけ今でも高いのかと納得でした。
 また、向島城がなかなか全容が明らかにならないのは、今では地中4m以上深いとことにあり発掘調査が難しいためとのこと! 何故そんなに深いところに遺跡がとたずねると、ここは元々は巨椋池(おぐらいけ)であり地盤が悪いところにあることから沈みこんだとのこと!納得でした。そうそう、地図で見ると我が家のあるところも巨椋池の中です。
伏見城-9(20170225).jpg



たまたま、近くに行ったのでぶらりと寄ってみただけでしたが、担当者のご説明をお聞きしながら拝見したこともありそれと自分の現在住んでいる地域のことでもあり大変興味深く拝見しました。
住んでいながら知らないことが本当に多い! 住んでもいなければもしかしたら面白くないのかも?



★おまけの一枚

次女の初めての完全単独、東京お泊り旅行から無事に昨晩に戻ってきました。
美術館廻りで時間が足りなくなりお土産はゆっくり選ぶ時間が無くなり一か所で購入と残念がりながら帰宅でした。
お土産(20170306).jpg




「今日は何の日」

7日(火) 大安 [旧暦二月十日]

【消防記念日】
1948年(昭和23年)のこの日、消防組織法が施行されたことに由来する。
この法律が施行されるまでは、消防は警察の所管となっていたがこの日から消防全体の所管は消防庁が開庁して行うようになった。

【東京消防庁開庁記念日】
1948年(昭和23年)の「消防組織法」施行によって自治体消防としての「東京消防本部」が誕生した。その後、5月1日に警察組織の警視庁にあわせて「東京消防庁」と改称された。

【警察制度改正記念日】
1948年(昭和23年)のこの日、戦後の新憲法にのっとり、警察制度が大きく改められた。国が統括してきた警察権を分散する形で、国家地方警察と自治体警察に分けられるなどした。その後1954年(昭和29年)に現行の警察法に改められている。

【未成年者喫煙禁止法制定の日】
1900年(明治33年)のこの日、未成年者喫煙禁止法が制定された。

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 見学・鑑賞 ブログトップ