So-net無料ブログ作成
検索選択

オニヤンマの産卵! [動物・鳥・昆虫など]

昨日(9/6)の雨は朝の8時ごろまで残り、当然私が家を出る時間帯には傘を差してとなりました。その後は何とか雨は上がりましたが、何ともうっとおしいはっきりしないどんよりとした曇り空が続きます。天気予報ではもう少し回復するとの予想でしたが、いつ雨が落ちてきてもおかしくないという低い雲が垂れこめていました。湿度が上がり気温の割に蒸し暑さを感じる一日ともなりました。
そんな、今にも雨が落ちてくるかも知れないようなお天気でも、一応、いつものように植物園に寄り道して帰りました。その園内で見かけた命をつなぐ営みに遭遇しました。それが、オニヤンマの産卵です。オニヤンマが飛び回るのでピンボケの写真ばかりなので、没にしようかと思ったのですが、何せネタが少ないことから登場です。
このオニヤンマ、池の水の中に卵を産むために必死です。私ともう一人が近くで眺めていても、全く私たちが見えていない、気が付いていないという感じでお尻を必死で水面につけています。時には手が届きそうなところまで寄ってきます。それはオニヤンマも子孫を残すこと、命をつなぐことに必死ですよね。こんな時は人間は静かに見守ってあげなくてはいけませんよね。最初は、カメラを構えてオニヤンマを追っていたのですが、どうせ、こんな動きではろくなものは撮影できないとあきらめて、二人でその産卵風景を静かに眺めておりました。
こんな行為、景色も秋を感じさせてくれるものですよね。
オニヤンマ-1(20170906).jpg オニヤンマ-3(20170906).jpg オニヤンマ-4(20170906).jpg


今日は、二十四節気のひとつ「白露」ですね。いよいよ秋の気配も本格的となり、野草に白い露が宿り始める頃とのことです、それはトンボさんも急ぐ訳です。
無事に子孫が残せるといいですね(^_^)ニコニコ



★おまけの一枚

ヨーロッパに美術研修旅行に行っている次女は、そろそろ、旅行も折り返しの日にち。早いものですね。
美術研修旅行は、トラブルに合いながらも何とか元気に美術展巡りや観光にと日程をこなしているようです。
トラブルとは、一応、想定はして母親が薬は持たせていかせたのですが、チョッと想定以上にじんましんが出たようです。
アレルギー体質なので、疲れや緊張などで時々じんましんをだす子です。今回は緊張などが相当に大きかったのかな!
メールでは今まで経験したことのないじんましんだったとのことでした。その日は、安全策としてみんなと別行動ということで一日ホテルでゆっくりと過ごしたとのことです。それは正解ですね、さすが自分の体質のことをよく解っています。何とかそのおかげもあり「元気になりました!」とメールもあり、一昨日はレンタサイクル(電動アシスト付き)で一日観光をしたようです。
街が綺麗、美術館も素晴らしい、ドイツの食事が美味しい、ただし量が多すぎて食べきれないなど元気な様子も伝えてくれてます。
そんな、たわいもない報告にホッとしています。
美術研修旅行(20170906).jpg



「今日は何の日」

7日(木) 大安 [旧暦七月十七日]
【白露】
二十四節気のひとつ。いよいよ秋の気配も本格的となり、野草に白い露が宿り始める頃。天文学的には太陽が黄径165度の点を通過する日。

【吉川英治忌】
『宮本武蔵』『新・平家物語』などの作品で知られる昭和期の大衆文学作家、吉川英治の命日。享年70。
彼の死の直前、吉川英治賞が設けられた。彼の疎開先であった東京都青梅の旧宅・草思堂には吉川英治記念館が設けられている。

【泉鏡花忌】
『婦(おんな)系図』『高野聖』『夜叉ケ池』などで知られる明治・大正期の作家、泉鏡花の命日。享年66。
彼が最期に「ありがとう」と言い残したすず婦人は、『婦系図』のお蔦のモデルであったといわれる。石川県金沢市尾張町の鏡花の生家跡には、「泉鏡花記念館」が設けられている。

【ブラジル独立記念日】
1822年のこの日、当時の国王ドン・ジョアン6世の王子、ドン・ペドロがブラジルのポルトガルからの独立を宣言し、帝政を敷いた。自ら帝国皇帝となった。

【CMソングの日】
1951年(昭和26年)のこの日、日本ではじめて、CMソングをつかったラジオCMが放送されたことによる。「ぼくはアマチュアカメラマン」というもので、小西六写真工業(現在のコニカミノルタ)によるCMだった。
ちなみに財津一郎が出演する「タケモトピアノ」のCMソングは、なぜか赤ちゃんが泣き止むことで有名になった。
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感