So-net無料ブログ作成
検索選択

予約投稿「ヒガンバナ科の花も咲き出しましたね」 [花(夏)]

今日も予約投稿です。
本当に暑い日が続いています。
暑い暑いと言いながらも確実に季節は進んでいますね。朝の日の出の時間も大分遅くなり、私が普段起きる朝の4時ではまだ薄暗いです。
そして、花の世界は秋の花が咲き始めています。そんな秋をイメージするヒガンバナ科の花たちのご紹介です。
★ハマユウ [浜木綿] ヒガンバナ科
花が、神事のとき榊から垂れ下げる木綿(ユウ)という布に似ていることから、名付けられました。
また、大きく肉厚の葉っぱが万年青に似ていることから、「浜万年青(ハマオモト)」という和名を持ちます。
ハマユウ-1(20170803).jpg ハマユウ-2(20170803).jpg ハマユウ-3(20170803).jpg ハマユウ-4(20170803).jpg


★オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀) ヒガンバナ科
葉の形、花と葉を別々に出すところ、および有毒植物である点などではヒガンバナと共通しますが、花の形、および葉と花を出す時季は異なります。
名前の由来は、花の色が「キツネ色」で、帯状の葉をカミソリにたとえたものであるというのが、一般的です。
オオキツネノカミソリ-1(20170805).jpg オオキツネノカミソリ-2(20170805).jpg


★ナツズイセン(夏水仙) ヒガンバナ科
花期は8月でよく似たヒガンバナよりも1ヵ月ほど早く咲きます。
和名は、葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くことから。また、花期に葉がないことから、俗に「裸百合」とも呼ばれます。
ナツズイセン-1(20170804).jpg ナツズイセン-2(20170804).jpg ナツズイセン-3(20170804).jpg ナツズイセン-4(20170804).jpg


「今日は何の日」

13日(日) 先負 [旧暦六月二十二日]

函館夜景の日】
1991年(平成3年)のこの日、美しい夜景の街への愛着を高めることをねらって制定。夜(ヤ)の「8」、景(ケイ)はトランプの「K=13」という理由から。ちなみに函館港は1859年に結ばれた日米修好通商条約により、横浜港、長崎港と並んで日本で始めて指定された貿易港。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 4

路渡カッパ

こんにちは。
ヒガンバナ科の季節ですね♪
by 路渡カッパ (2017-08-13 10:53) 

achami

自然の子たちには、立秋がわかるんですね^^
by achami (2017-08-13 16:22) 

馬爺

なんとなく花の名前を聞くとまもなく秋が来るのかなと思いますね。
立秋も過ぎましたものね、まもなくの秋の訪れが待ち遠しいですね。
by 馬爺 (2017-08-13 22:19) 

すー

★ 路渡カッパ さん、おはようございます
季節は確実に進んでいますね。

★achami さん、おはようございます
そうですよね、本当にすごいと思います。

★ 馬爺さん、おはようございます
秋近しと思わせてくれますよね(^_^)ニコニコ
by すー (2017-08-14 05:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。